おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、大好きなパートナーを筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

女性でもある わたし

あのね、

 

わたし、

 

せっくすが苦手だったのね

 

特に 自分が感じること

 

そこに

 

とってもとってもブレーキがあったの

 

だってさ

 

自分が感じるには

 

こうありたいって

 

コントロールを手放さなきゃいけないわけで

 

こうありたい から

 

解き放たれなきゃいけないわけで

 

 

そんなの嫌だったの

 

 

わたしが認めたくない わたしの身体を

 

受け入れなきゃいけなくて

 

流れに身を委ねていたら

 

ほんとうに

 

“わたしから見ると”

 

女っぽい わたし が

 

出ちゃうのを

 

堰き止められないわけで。。。

 

 

でもね、

 

身体は

 

ほんとにずっとずっと求めていたみたいなの

 

 

 

心地よさに

 

気持ちよさに

 

ただ身を任せて

 

身体いっぱいで愛を受け取ること

 

愛する人に身を委ねることをね

 

 

でもさぁ、

 

それが死ぬほど嫌だった

 

好きな人の前では

 

こーゆー自分でいたい が強かったから。。

 

 

 

でもね、

 

 

どんな なお も ただ なおで

 

 

美しくて 素敵なんだって

 

受け止めてくれる人が いるの

 

いたのよ

 

 

この世に

 

 

ただその愛に

 

身を委ねてほしいって言ってくれる人がさ。

 

 

別に

 

なおが

 

何者になるわけでもなくて

 

ただ わたし でいて

 

そこに流れている

 

大きな流れに

 

身を任せるってだけ なことなんだって

 

思わせてくれる人がいたの。。

 

 

だからさ、

 

わたしは

 

しょっちゅう頭の声に

 

身を強張らせながら

 

制御しながらも

 

少しずつ少しずつ

 

委ね始めたの

 

委ねようって

 

委ねたいって

 

思い始めてたんだよ。。

 

 

女っぽくなりたくない とか

 

そんな自分が気持ち悪い とか

 

も時々超えて

 

ただ

 

 

その大きな波に

 

うねりに

 

身を任せたいって

 

ホントウの心の声

 

身体の声に

 

身を任せられる瞬間が

 

生まれ始めてるの

 

 

ほんと奇跡

 

 

わたし の 思考が

 

ブレーキをかけても

 

その思考すら

 

波の一部なんだって感じさせてもらえる

 

そんな体験を

 

重ねてる

 

 

 

感じていいんだ

 

気持ちよくなっていいんだ

 

それを喜んでくれてるんだって

 

心から思えるとき

 

思ったよ

 

 

 

あなたに対してなら

 

“女っぽく”なってもいいや

 

 

“女”に、なってもいいやって。。、

 

 

 

そんなの

 

奇跡だよ

 

奇跡の体験を

 

続けてるんだ