おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、大好きなパートナーを筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

“もういいよ”

 

ーーーーー

もういいよ

 

わかった

 

ーーーーー

 

 

いつもおんなじようなシチュエーションで

 

わたしの口から出てくる

 

言葉ちゃん

 

 

ほんとは 全然よくないの

 

ぜっっんぜん!

 

なんだけど

 

言っちゃうの

 

 

ほんとの声は。。。

 

ーーーーー

行かないで

 

離れてかないで

 

わたしを見捨てないで

 

わたしを見て

 

そばにいて

 

ーーーーー

 

かな😅

 

 

ついさっきも

 

大好きな人から

 

会いたいとも

 

会いたくないとも思わない

 

 

って言葉が来て

 

出てきた

 

一回送った

 

もういいや

 

わかったー

 

のメッセージ

 

送信取消したところ

 

 

その後に出てくるのは

 

もう終わりにする

 

ブロックする

 

そんな思考🤣

 

 

ぜんぜん望んでないの

 

いまも大好きで

 

会いたくて

 

会いたいって思ってほしい

 

 

でも

 

真逆のことをしようとする

 

たぶんね

 

そこまでしちゃう わたし に気付いて

 

なの

 

どうにかして振り向かせたい

 

どうにかして

 

わたしを見てほしい

 

そんな もがき な気がする

 

根っこにあるのはさ。。

 

逆のエネルギーを出しながら

 

そんなのを

 

求めて求めて求めちゃう わけ。。

 

 

大好きな人が

 

愛をくれた人が

 

立ち去っていく ことに

 

怯えてる

 

身体が

 

怯えてるの

 

ーーー

アーリートラウマってのを学んで

 

気付けるようになったことなんだけど。、

ーーー

 

“もういい”を言っちゃうとき

 

わたしの身体は

 

すごく強張ってる

 

ぎゅってなって

 

なんかのスイッチが

 

意識の外で自動的にオンされる感じ…

 

 

これ

 

わたし という人間 の

 

あるある

 

 

 

今日は

 

もがいてもがいて

 

相手に

 

外側に

 

なげかけるのは やめて

 

やりかけて やめて

 

やりかけては やめて

 

 

 

なんとかかんとか踏ん張って

 

 

わたしの身体に

 

身体の感覚に目を向けたよ

 

 

おうおう、そうだよね

 

ギュッとなるよね

 

そりゃ

 

なにが怖かった?

 

なにが悲しかった?

 

なにが寂しかった?

 

 

そりゃそうなるよ

 

そうなって当たり前だよ

 

わたしが わたし を抱きしめてあげる

時間を持った

 

瞑想しながら

 

泣いて

 

小さなじぶんを抱きしめて

 

いいんだよ

 

感じていいんだよ

 

そんな時間をとってあげられた

 

 

 

そうできたら

 

相手がなにを感じるも 思うも 言うも

 

するも しないも

 

自由だよね

 

ただ、自然なことだよね

 

そんな風に思える

 

わたし も 自由を感じてる

 

 

 

身体に染み付いてる

 

去っていかれることへの 怯え

 

という幻想

 

それに縛られて

 

相手の自由に怯える わたし

 

自分の自由に怯える わたし

 

そんな風に

 

見えてくる

 

 

ホントウ ではないけど

 

たしかにわたしの中にある声

 

それは無視しない

 

気付く 認める 受け入れる 抱きしめる

 

何度でも 何度だって

 

 

その上で

 

描きたい

 

その感覚に

 

主導権を握らせていたい?

 

ほんとののぞみはなーに?

 

 

 

そんな境目にいる、いま。

 

 

😁😁😁

 

 

この わたし の あるある。

 

話してるときに相手が寝ちゃったとき にも

出てくる

 

会ってて “じゃあ、もうそろそろ”と

相手がバイバイを言おうとするとき にも

生まれる

 

ほんの 小さな瞬間にも

 

生まれるんだ

 

 

よ♡