おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、大好きなパートナーを筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

“わたし”への叱咤激励

さんざん

 

ひとに理解されない

 

深くは受け入れてもらえない

 

を生きてくると

 

 

想像を超えて理解される

 

信じられないほど深く受け取られる

 

という体験に

 

深く感動する

 

何かが、癒され、救われる

 

けれども、

 

そのとき

 

うっかりすると

 

そんな相手をがっかりさせることはできない

 

離れていかないでほしい…

 

そんな思いも

 

知らず知らず生まれてしまうことが

 

往々にしてある

 

あまりにも長く孤独を生きていると

 

孤独じゃなくなった瞬間に

 

しがみついてしまおうとする

 

あまりにも自然に

 

 

だって、さみしかったんだもの…

 

 

けれど

 

そうなると

 

わたしの自由は奪われる

 

誰かに奪われるわけじゃない

 

わたしが奪う

 

そうして

 

また新たな檻の中に閉じ込められた心地になる

 

 

 

 

自らのハンドルは人に渡すな

 

どれだけその想いが嬉しくても

 

どれだけその愛に救われても

 

 

どうか わたし の形のままでいてくれ

 

 

 

わたしの真ん中は

 

わたしが握れ

 

 

どれだけ助けられても

 

どれだけ頼っても

 

 

わたしを “力のないもの” に

 

貶めるな

 

そうするも

 

しないも

 

自分で選べる

 

 

けして

 

誰かと闘うわけじゃない

 

ひとりで頑張るわけじゃない

 

 

風にたゆたいながら

 

わたしの声に耳を傾けろ

 

 

ひとの力を借りながら、なお、

 

わたしのおなかの違和感に

 

気づいていろ

 

 

自らの存在に

 

自ら

 

力を与えていよう

 

 

いくら孤独が怖くとも

 

ひとが去っていくことが怖くとも

 

死ぬほど痛くても

 

 

わたしがわたしに背を向けたままでは

 

いつまで経っても

 

ひとの中で

 

わたしは孤独だ

 

 

なにがあっても けして

 

わたしを置いていくな  

 

わたしよ❣️

 

 

“そなたは美しい”

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20210827213122j:image