おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、大好きなパートナーを筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

ゆるさない力🌈

 

これだけしてきたわたしに

 


なんてことを言うんだ

 


これだけしてきたわたしに

 


なんて仕打ちをするんだ

 


何よりも大切な

 


この“わたし”に

 


なんてひどいことをするんだ

 

 

 

許さない

 


絶対許さない

 


ゆるさないんだから!

 

 

 

そんなの いらない

 


そんなの 受け入れない

 

 

 

 

 

 

そんなひとに 心を身を委ねられるか!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

そんな怒りを

 


悔しさを

 


屈辱感を、

 

 

 

 


“あなたを失いたくない”

 


“あなたという居場所を失ったら生きていけない”

 


“あなたと生きる未来を諦めない❗️”

 

 

 

そんな

 


前提から

 


ものすごい頑固な意思の力で

 


ねじ伏せてきた

 

 

 

ゆるそう

 


理解しよう

 


それでも 好きだ に立っていよう

 


って。

 


それだって、ホントだし、

大切にしたいことではあるけれど。。

 

 

 

 


何度も何度も何度も何度も

 

 

 

わたしの 気持ちを

 


ねじ伏せてきた。

 

 

 

まだ 許してない

 


許せてない

 


そんな思いをさせた相手を。

 


そんな相手に対して

 


真っ直ぐ怒れなかった わたしを。

 


毅然と

 


No と立ち上がれなかった わたしを。

 

 

 

 

 

 

“わたし”を置いて

 


“相手”に寄り添うとした

 


わたしを。

 

 

 

許してない。

 

 

 

 

 

 

何周か回って

 


まだ底じゃなかったのかと。。

 

 

 

 


まだあった

 


そんな

 


わたしの声に

 


寄り添い始めてる。。

 

 

 

 


長かった

 


ほんとに長いこと

 


意識に登らないほど

 


奥の方に

 


押し込めてたんだね

 


出てくるために

 


離れる必要があったんだね

 


出てくるのに

 


時間が必要だったんだね。。

 

 

 

出てくるために

 


似たような体験をしてるんだね。

 

 

 

 


わたしを 

 


何よりも

 


わたしを

 


大切に扱いたい

 

 

 

わたしの 声が

 

 

 

聞こえ始めてる。。

 

 

 

 

 

 

わたし を 歪めて

 


わたし を 犠牲にして

 


守る関係 は

 


ほんとのほんとは 心地よくなんか ないよね

 

 

もうさ

 

都合のいい消耗品みたい

 

って

 

わたしのこと、感じたくないよね

 

 

 

 

 

 

そうせずとも

 


わたしは幸せになれる

 


幸せであれる

 


居場所は なくならないよ。。

 

 

 

そんなところに

 


また一歩 近づいてるのかしら。。。

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20211011161500j:image

意思 と 欲求

 

ここ数日おしりの穴らへんが

 


ものすごく痛い

 


痔でしょうかね

 

 

 

頑固者がなるらしいね

 


痔って。。

 

 

 

 


わたし 相当な頑固者なのよね

 

 

 

自分を貫く という 長所的な

 


部分でもあるけれど、、

 

 

 

 


一度決めたことを

 


自分の心地よさ

 


気持ちよさ

 


幸せ

 


をガン無視して

 

 

 

貫こうとしてしまうところもあって

 

 

 

 


そんなわたしに

 


もっと楽していいんだよ

 


ただ心地よさを選んだっていいんだよ

 


みたいに

 


おしりの痛みが

 


教えてくれているようだよね

 

 

 

 

 

 

一度決めたのに

 


頑張りきれなかった わたし

 


あきらめた わたし

 

 

 

 

 

 

決められない わたし

 


言うことが変わる わたし

 

 

 

 


そんな わたしを

 


赦したいんだなぁ

 

 

 

いちど言ったことを

 


翻して

 


あきらめといて

 


ぬくぬくと

 


幸せでいたい

 


安らいでいたい

 


 


思っている

 

 

 

わたし を

 


赦したいんだなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欲求 も 意思 も

 


とっちも大事。

 


欲求 苦手

 


意思 得意

 

 

 

それを踏まえて

 


バランスとっていきたいよね✨

 

 

 

 


きっと

 


欲求を土台として

 


意思。

 


という順番なのでしょうから。。

 

 

 

 


たぶん。

 


知らないけど。。。笑

おとーさん

おとーさんってね

 

なおにとっては

 

ちょー難関な人

 

それでもね

 

死んでしまう前に

 

この心にある想いを

 

やりとりしたいっていう

 

望みがあって

 

 

そこから来る

 

焦りもたくさんあるの

 

 

それでね、、、

 

一時期は

 

なおがなにを感じてるか

伝えたい

 

おとーさんがなにを感じてるかを

話して欲しい

 

って

 

頑張った時期もあったんだ

 

 

それでもね

 

 

なおのその在り方が

 

おとーさんにとっては 脅威 であり

 

心地よくない ということも学んできたの

 

 

 

おとーさんの 心地よい 関わり方がある

 

おとーさんにとって心地よくない関わり方がある

 

ってね

 

 

でも、、、、

 

 

交わしたいものは

 

おんなじなの

 

わたしと

 

おとーさんで

 

いっしょなのよ

 

 

やり方が

 

違うだけで

 

 

そう思えたらさ、、、

 

 

終わりなく

 

そこに

 

永遠にコミットさせてもらえる 相手なの

 

おとーさんって

 

 

わたしが

 

なにをしても

 

なにを幸せと思っても

 

それが おとーさんには理解できなくとも

 

 

おとーさんはずっと

 

わたしの幸せを望んでいて

 

おとーさんが知っている限りの知識をくれようとしていて

 

理解できなくとも

 

わたし の世界観 を

 

理解しようと もがいていてくれて

 

永遠に

 

コミットさせてもらえる相手なんだなって

 

いま、思ったよ

 

 

おとーさんが わたしに合わせて変える必要もないし

 

わたしも おとーさんに合わせて変える必要もない

 

 

たまには

 

受け入れてもらいたすぎて

 

変えてしまうこともあるけれど

 

それはそれでいいし

 

 

それくらい

 

想い合っているってことよね

 

 

そこまで

 

エンドレスに

 

コミットさせてもらえる関係に

 

どんだけ世界観が違っても

 

コミットしたいと

 

思わせてくれる関係性に

 

ありがとう

 

って

 

思った  いまこの瞬間よ😉

Chosen family

Rina Sawayamaさんの

 

Chosen Family と言う曲が

 

とても好きなのね

 

特に

 

えるとんじょん さん と

 

ふたりで歌ってる

 

ミュージックビデオが 好き

 

 

わたしを わたしのまま受け入れてくれる

 

ひと

 

わたしが あなた と生きていきたい

 

と思えるひと

 

そんなのって

 

そう思えるって

 

奇跡だなぁって思うの

 

 

そう思える存在に出会えることって

 

なんて

 

有難いんだろう

 

って思うのよ

 

 

なおの全エネルギーを使って

 

向き合いたい

 

関わり合いたい

 

と思えること って

 

なんて尊いんだろう

 

なんて

 

有難いんだろうって 

 

 

 

 

そう、思う。

 

 

わたしがChosen したひとを

 

わたしは 癒していきたい

 

守っていきたい

 

 

ほんとのほんとに困ったときに

 

“隣にいるよ”

 

 

伝えていきたい

 

そう思うの

 

 

 

 

それはね

 

血縁は関係なくて

 

関係性も関係ないのだけれども

 

 

わたしにとっては

 

わたしが

 

選んで生まれ落ちた

 

両親も

 

兄弟 もそう

 

 

そして

 

血縁を超えて

 

出会えて

 

ピンときた ひと もそう

 

 

どっちも 同じなの

 

おんなじように

 

わたしが選んだ family であって

 

 

違いは

 

ないのよ

 

 

 

 

わたしはね

 

コミット できることが嬉しい

 

わたしは あなた を

 

選んだのだから

 

わたしの 全力で

 

関わっていきたい!

 

そう思える

 

そう思わせてくれる

 

存在が

 

なによりも 有難いの

 

 

 

“わたし” と関わるなんて

 

熱苦しくて

 

しんどくて

 

めんどくさい のかもしれない

 

 

でも、

 

そうやって

 

関わろうとしてしまう わたしと

 

一緒に生きてくれること

 

生きたいと思ってくれることが

 

どれだけ有難いか

 

どれだけ幸せか

 

いま感じてる

 

 

 

 

みんな は わたし とは違うかもしれない

 

もっと

 

波風立たない ところで

 

平穏に

 

やっていきたいのかもしれない

 

それでも

 

波風立てる わたしと

 

些細なことを

 

些細だからと 置いていきたくない

 

めんどくさい わたし と

 

関わりたい

 

関わろうと

 

思ってくれる存在が

 

この世にいることが

 

ほんとにほんとに

 

有難いこと なんだなって

 

いま、思ってる

 

 

 

 

わたし はね めんどくさいよ

 

関わったらね

 

ほんとめんどくさいと思う

 

 

 

なにを感じてるの

 

ほんとうはどう思ってるの

 

その言葉の奥にある思いはなんなの?

 

 

知りたい

 

知りたい

 

 

知りたいよ!

 

って

 

 

無制限に

 

知りたくなる

 

知ろうとする

 

 

ときには

 

それが暴力になってしまうくらいに

 

あなたに

 

コミット したくなる

 

 

 

 

どうして サラッといられないのか

 

どうして

 

ただただ楽しんでいられないのか

 

自分でも いやになる

 

 

嫌になるよ

 

 

でもね

 

わたしは

 

知りたいの

 

よくよく知りたいの

 

あなたのこと

 

 

ほんとのほんとはあなたがなにを感じ

 

生きているのかを

 

 

 

 

知りたいし

 

理解したいの

 

 

それを置いといて

 

ただ関わることが

 

わたし にとっては

 

苦痛なの

 

 

その 好み が

 

いろんな人を 苦しめてきたし

 

遠ざけてきたのも知ってるけど

 

 

そうしたいの

 

 

わたしが

 

わたしにとっての

 

大切な人 だと感じたら

 

 

突っ込んでいきたくなる

 

 

 

 

ぼやぁっとしたところで

 

やり過ごしたくないのよ

 

 

 

あなたの

 

なにもの も 置いていきたくない

 

 

そう 思ってしまうの

 

 

熱苦しくて

 

重たくて

 

時々迷惑

 

なんだろうなって ことは 知ってるよ

 

 

でもね

 

わたしは

 

嫌なの

 

 

ホントに感じてることを

 

話さないこと

 

知らないこと

 

 

嫌なの

 

 

知りたいよ

 

もっと

 

知りたいよって。

 

 

 

 

わたしにとって

 

Chosen Family って

 

 

そーゆーこと

 

 

そーゆーことなの

 

 

ごめんね、熱苦しくて

 

ごめんね、めんどくさくて

 

ごめんね、重たくて

 

 

 

それでもね

 

それでもね

 

 

わたしにとっては

 

 

そう関わらせてくれることが

 

 

どれだけ

 

嬉しいことか

 

 

どれだけ

 

幸せなことか

 

 

それは

 

それはね

 

ホントウ なことなのよ

 

 

 

まるごと

 

まるごと

 

 

愛させて欲しい

 

わたしに

 

愛させて欲しい

 

 

って

 

 

そう思うんだ

 

 

変だけど

 

わたしの

 

ホントウ なの

 

 

 

絶賛

 

引き篭もり中の

 

 

わたし

 

 

声よ💞

 

 

誰にも 影響を与えられない と嘆く

 

 

それでも

 

誰かに

 

影響 していたい と

 

願う

 

わたしの

 

想い



https://youtu.be/GTDRg5G77x4

女性でもある わたし

あのね、

 

わたし、

 

せっくすが苦手だったのね

 

特に 自分が感じること

 

そこに

 

とってもとってもブレーキがあったの

 

だってさ

 

自分が感じるには

 

こうありたいって

 

コントロールを手放さなきゃいけないわけで

 

こうありたい から

 

解き放たれなきゃいけないわけで

 

 

そんなの嫌だったの

 

 

わたしが認めたくない わたしの身体を

 

受け入れなきゃいけなくて

 

流れに身を委ねていたら

 

ほんとうに

 

“わたしから見ると”

 

女っぽい わたし が

 

出ちゃうのを

 

堰き止められないわけで。。。

 

 

でもね、

 

身体は

 

ほんとにずっとずっと求めていたみたいなの

 

 

 

心地よさに

 

気持ちよさに

 

ただ身を任せて

 

身体いっぱいで愛を受け取ること

 

愛する人に身を委ねることをね

 

 

でもさぁ、

 

それが死ぬほど嫌だった

 

好きな人の前では

 

こーゆー自分でいたい が強かったから。。

 

 

 

でもね、

 

 

どんな なお も ただ なおで

 

 

美しくて 素敵なんだって

 

受け止めてくれる人が いるの

 

いたのよ

 

 

この世に

 

 

ただその愛に

 

身を委ねてほしいって言ってくれる人がさ。

 

 

別に

 

なおが

 

何者になるわけでもなくて

 

ただ わたし でいて

 

そこに流れている

 

大きな流れに

 

身を任せるってだけ なことなんだって

 

思わせてくれる人がいたの。。

 

 

だからさ、

 

わたしは

 

しょっちゅう頭の声に

 

身を強張らせながら

 

制御しながらも

 

少しずつ少しずつ

 

委ね始めたの

 

委ねようって

 

委ねたいって

 

思い始めてたんだよ。。

 

 

女っぽくなりたくない とか

 

そんな自分が気持ち悪い とか

 

も時々超えて

 

ただ

 

 

その大きな波に

 

うねりに

 

身を任せたいって

 

ホントウの心の声

 

身体の声に

 

身を任せられる瞬間が

 

生まれ始めてるの

 

 

ほんと奇跡

 

 

わたし の 思考が

 

ブレーキをかけても

 

その思考すら

 

波の一部なんだって感じさせてもらえる

 

そんな体験を

 

重ねてる

 

 

 

感じていいんだ

 

気持ちよくなっていいんだ

 

それを喜んでくれてるんだって

 

心から思えるとき

 

思ったよ

 

 

 

あなたに対してなら

 

“女っぽく”なってもいいや

 

 

“女”に、なってもいいやって。。、

 

 

 

そんなの

 

奇跡だよ

 

奇跡の体験を

 

続けてるんだ

曖昧を生きる

大好きだった

 

元パートナーのまゆぽんとお別れして

 

半年くらい?

 

思わぬ流れで

 

新たな恋愛をしている わたし

 

 

それでもね

 

まゆぽんへの

 

大好きも

 

愛してるも

 

繋がりも

 

やっぱ大切なんだもん!

 

を生きている わたし

 

 

新たな恋愛を実らせるためには

 

もっとはっきりさせなきゃ!

 

 

圧が自分から自分へ向いたりもするんだけど

 

最近は

 

それも受け入れることにしてる

 

そのままで

 

いまのお相手のこと

 

大好きで

 

愛してる

 

をやったっていいよね✨🌈 とさ。

 

 

それで

 

もめにもめることも多いのだけど。。、

 

 

 

つい先日ね、

 

そんなお相手さんが

 

ずっと認められないできたけど

 

パートナー(わたし じゃないよ)のことを愛してるんだ、わたし

 

 

教えてくれたの

 

拗ねたり 怒ったり しそうなもんだけど

 

わたし

 

すっと受け入れてたよ

 

そりゃそうだよねって。

 

 

彼女が

 

それを受け入れて

 

認めて

 

相手に伝えて

 

どういう流れになっていくのかは未知だし

 

なおには

 

もちろん

 

怖さも不安もあるけど

 

なおだって同じだし

 

 

あるものなしにしても

 

ふたりの関係は

 

点止まりで

 

線にはなり得ないのだから

 

 

もう

 

あるものは

 

あるものとして

 

大切にしまくるしかないっしょ。

 

 

自分の中の

 

曖昧さを受け入れたから

 

お相手の曖昧さも

 

受け入れられたのかな。

 

 

 

流れに身を委ね

 

自分の心のままに

 

生きるしかないね

 

その先は

 

どう転んでも

 

それぞれパーフェクトに

 

幸せにしかならないのだから✨

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので。

 

4年間 無様で美しい裸のどすこい相撲をしまくった 元パートナーの

まゆぽんのブログをシェアしよっと。

 

https://mayu76.hatenablog.com/entry/2021/02/01/191637

内と外

バイトしてみよって

 

思ってから

 

気付けば

 

お腹痛いのよ

 

ふと気付けば

 

嫌な想像ばかり生まれる😩

 

 

日曜日の夜みたいな感覚

 

ずーーーーーんと重いものがお腹にあって

 

心細くて

 

不安で

 

逃げられない。。。

 

学校以来

 

よく感じてきたこの感じ

 

 

また味わってる😫

 

 

 

なんだろか

 

わたし と 世界には

 

常に膜があって

 

膜の内側にいれば

 

わたしは

 

わたし のままでいられる

 

どんな感情も置いていかず

 

柔らかく

 

自由にあれる

 

でも、

 

膜の一歩外に出れば

 

そうはいられない

 

合わせなきゃ

 

なじまなきゃ

 

受け入れられる自分にならなきゃ

 

そんな

 

内 と 外 が存在してる

 

わたしの中に

 

 

“外”の世界で

 

疲弊しきった わたし は

 

「内」にこもった

 

柔らかい自分を

 

是が非でも守りたかったから

 

柔らかくいられる場所だけを

 

選んで選んで

 

生きてきた

 

その

 

“内”を少しずつでも広げていくんだって。

 

 

でも 

 

その世界観だと

 

世界はやっぱり小さくて

 

段々と物足りなくなってきた

 

不自由になってきているの

 

 

もっと大きな世界で泳ぎたい

 

 

 

内 も 外 もなく

 

 

大きく広く生きていたいの

 

 

世界はすべて

 

わたしの 居場所 って

 

そう感じたい

 

感じられるはずなのよ

 

 

 

そんな わたし のチャレンジ

 

 

わたしの

 

内 と 外 を隔てる膜は

 

もう要らないって

 

もう大丈夫だよって

 

 

わたしが わたしを 信じる チャレンジ

 

 

 

ああ。おなか痛い🤣