おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

なおのせい

わたしの癖。

 

誰かが

怒ってたり

イラついてたり

ムカついてたり

傷ついてたり

悲しんでたり

 

してると

 

責められてる ってすーーぐ感じる

 

 

なおが何かして茉優が怒る

 

責められてる

 

直が何かしなくて茉優が泣く

 

責められてる

 

 

めっちゃ すぐ そうなる

 

 

これまでの茉優との時間で

 

たくさん その癖を 目の当たりにしてきた

 

え?

 

責めてないんだ

 

なおが創ってる世界なんだって、、

 

 

 

わたしが誰かを傷つけることはできない

 

わたしが誰かを悲しませることもできない

 

わたしが誰かを幸せにすることはできない

 

わたしが誰かを不幸にすることはできない

 

逆も然り

 

 

どこかで分かりつつあるけれど

 

まだ残ってる

 

 

今回のことで

 

猛烈にわたしを責める わたし がいる

っぽい

 

だから

 

身体を痛めつけるようなことをしてしまいがち

 

今朝、瞑想深呼吸中に聞こえてきた

 

 

わたしが 茉優との関係を本当に大切に思っているからこそ、今回のことがあるってわかってほしい

 

わたしが、自由に羽ばたいて、わたしの命を輝かせ始めていることを、喜んでほしい

 

ようやく前を向いてチャレンジしようとしていること労ってほしい、応援してほしい

 

なおをゆるしてほしい

 

茉優に対して浮かぶこんな言葉

 

わたしの肚から頭への声

 

 

 

わたしが幸せでいること は

 

大切な人を悲しませる

 

わたしが選びたいと思うもの は

 

近くの誰かを傷つける

 

 

 

ホントに重い

頭の漬物石🪨