おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

才能🍙

ずっとずっと自信がなかった

 

というより

 

どうしてそんなに自信がないの?

 

と言われてきた

 

 

 

どうして?と言われても困るんだけど

 

あんまりいい気持ちではないから

 

 

自信持てるように頑張った時期がある

 

イチローみたいになりたかったな。。。

 

 

勉強できたり

 

運動できたり

 

いい人って思われるよう努めたり

 

なんだりかんだり

 

 

 

でもどこからか疲れちゃって

 

なんにもできない自分にもどっていった

 

 

親を喜ばすことをやめ

 

働くことをやめ

 

お金を貯めることをやめ

 

茉優を喜ばすことをやめ

 

身体にいい食生活をやめ

 

ヴィパッサナー瞑想をやめ

 

 

なんだか

 

ぜーーーーーーんぶ

 

なくしたかった

 

 

それでもいいって思いたかったから

 

 

生きてるだけでいいんだって

 

存在に価値があるんだって

 

何ができなくても

わたしが存在するだけで喜ぶ人がいるって

 

感じたかった

 

 

 

そうする中で味わったのは

 

たくさんの罪悪感

 

自己否定

 

無価値観

 

圧倒的な孤独感

 

 

 

その過程は

 

頑張っていた頃より

 

しんどかったことも多かった

 

 

 

 

今思えば

 

きっとずっと欲しかったのは

 

不安がなくなることではなくて

 

なんでも平気になることでもなくて

 

誰かに必要とされることでもなくて

 

 

自分の中から

 

どんな自分でも全部引き受けるからな!っていう

 

身体の中から湧き上がる

 

自分への信頼だったように思う

 

 

 

許して

責めて

許して

責めて

 

の繰り返しだった

 

33歳で会社を辞めてからの

 

そんな時間

 

 

その間に

 

どれだけ直に価値があるのか

 

何をしなくてもいてくれるだけでいいって

 

言い続けてくれたのが 茉優

 

 

ある意味、その存在への握りしめを

手放す気持ちの いま

 

 

 

価値がないから

 

存在価値を確かめるために

 

動くのではなくて

 

 

 

なんにもしなくても別にいいし

 

なんにも困りはしないのだけど

 

でもそれだけじゃ退屈だから

 

 

 

もっともっと豊かな直の世界をCreationしていきたい!って感じの

 

そんな小さな芽🌱がで出始めているんだと思う

 

 

 

。。。。。、。。

 

 

 

そんな流れを後押ししてくれているのが

 

のりちゃんと繋がれた体感

(のりちゃんはひまし油で手と胸を中心に触ってくれたよ😚特に、なおは左手を両手で包んでもらってしばらくじっとしていた時間に

ものすごいたくさんの涙が流れた☝️)

 

 

一緒に暮らしてた半年間

 

言葉を通してはどうしてもうまくいかず

 

悲惨な現実クリエイションばかりしていたわたしたち

 

のりちゃんがきぼうのいえを出て行く日

 

最後の最後に

 

直が言葉への執着を手放して

 

全てを委ねてのりちゃんに触れてもらったら

 

なんだか色々なモノを超えて

 

深く分かり合えた

 

伝え合えた

 

繋がれた

 

 

 

 

 

ああ、本当は人と人が繋がるって

 

こんなにも簡単なんだ

 

こんなにも安らかなんだ

 

そんな風に感じた

 

嬉しくて

癒されて

 

たくさんたくさん涙が流れた

 

 

そこで感じた繋がりは

 

とても根っこが深くて

 

表面上でどうすれ違っても大丈夫って感覚を生んでいる

 

永遠のものって感じがする

 

今それぞれがどこにいるのかって距離も超えていけるような

 

直目線はそんな感じ

 

 

あ、でね、何より驚いたのは、

直は“してもらった”って感覚だったんだけど

 

なんだかのりちゃんの様子が満たされている

感じで

 

ありがとう まで言ってくれて

 

そこに衝撃を受けたの。。。

 

幸せすぎるって思った。。。。

 

 

 

 

 

ここでちょっとのりちゃん目線の言葉を紹介させてね(自慢だよ)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんか、

ちょっと逸れるかもやけど、

 


なおの目って、

入り口感あるんだよな〜

 

ーー

 

入り口、

宇宙、

涙、

ことばをこえて

ほんとうのひかりとつながる、あいの温泉♨️みたいな

 

ーー

なおとの間で起こったこと、

 


あのうつくしい時間は

なおとのりこのこと

と思ってたけど

 


のりこの人生にとって、

かなり意味深い気がしてきた…!

 

ーーー

 

いままで、

いっぱい依存してきた

恋愛

というものが

シフトする感じというか…

 


なんか、底知れぬ安心感

つながり感 があるから

 


依存せんでいいかも?て感覚に気づいた

 

ーー

 

なおは、

こんな

ゆるんだぴかぴかな感覚を

世の女性たちにひらいていく入り口、になっていくのかも!とおもった!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これ、

 

Facebookプロフィール作るの助けてもらった時の

LINEのやりとりなんだけど

 

 

なんか

ものすごく嬉しくて

 

めっちゃジャンプした。

 

移動がスキップになった(笑)

 

 

 

 

 

こりゃ何かを頑張って身につけようとしてる中では

 

絶対に辿り着けなかったわ

 

 

“やりたいこと”って

 

こんなに楽でただ喜びのことでいいんだ😱😱😱って

唖然とした

 

もちろん、

 

同じくらいに大きな傷に触れる分野でもあるのだけれどさ。

 

 

 

でね、

 

ふと気付いたわけ。

 

 

特別って言ってもらえるなおのこの目

 

すべすべで気持ちいいって言われる肌

 

訳わかんない宙ぶらりんの性別

 

 

 

こういうの

 

これからしていきたいって思ってることを

 

考えたら

 

 

そのためのモノじゃん。。。って

 

 

初めてそう思ったんだよね

 

 

感情味わいたがりの

 

細かく細かく気付きたがりの

 

この性質も

 

きっと

 

そっち方向に進んだら

 

才能やんって感じられそうな気がするし。。

 

 

 

持っていて苦しいと感じている間は

 

才能だなんて言葉出てこないけど

 

生かす先?

生かし方?

喜びポイント?

 

が分かったら

 

それを望んでいいんだって自分に許せたら

 

一気にくるりんって“才能”って感じられるんだって思ったよ

 

 

 

。。。

 

 

ちなみに

 

もう一つ気付いたのは

 

おにぎり とか 泥団子 とか

 

何かをきれいに丸くすること

 

これも

 

才能っぽい

 

 

 

 

なんか、

 

こんな風に

 

言ってる自分にソワソワしながら

 

めっちゃ嬉しいんだ、今。

 

 

なおが楽ちんで安らかで幸せであるほど

 

なおの周りの人も同じように

 

楽ちんで安らかで幸せになっていく

 

 

そんな世界を創っていけたら最高だな!って

 

思ってるんだ

 

 

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20210114170933j:image