おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

罪悪感

“なおの欲”を書いてから

 

時折襲ってくる

 

足元がフワフワ ジワジワするような感覚

 

胸のあたりがザワザワ シクシクするような感覚

 

 

 

いたたまれなくなって

 

食べたり

 

動画を見たり

 

タバコを吸ったり

 

してる

 

 

 

背徳感

 

罪悪感

 

 

その陰に見え隠れするワクワク感 期待

 

 

それと同時に

 

もしくは交互に頭を駆け巡る

 

非難

 

冷たい目

 

強烈なブレーキ

 

 

ぐるぐる ふわふわ してる

 

 

深呼吸してみたり

 

ジャンプしてみたりして

 

なんとかやっているところ。。。

 

 

 

 

わたしにとって1番大切なのは

今も変わらず茉優との関係で

 

想いも変わってない

 

 

それなのに

 

他の女性に触れられたい

 

なんならキスしたい

 

それでお金までもらえたら最高!

 

みたいなことを白状していくっていうのが

 

 

ものすごく怖い

 

 

 

 

わたしがやりたいこと は

 

茉優のことを“大切にする”こと と

わたしの中では

矛盾しないのだけれど

 

 

(たまに、本当にそうか???とも思う)

 

 

 

茉優にとっては どうしても許せないことで

 

そこを超えることへの恐怖

 

罪悪感

 

 

震えているのだと思う

 

 

 

(もしかしたら 茉優が他の人とセックスするという出来事は

わたしがわたしを赦していくために必要な

大きな体感を与えてくれたのかもしれない

なんて思ったりもする)

 

 

 

それから

 

そんなのダメやろ っとか

 

お前なんか誰も触りたくないやろ みたいな

 

無価値観丸出しのキツめな言葉や

 

 

 

いざ会うってなったら

緊張したり

力んだりして

 

思うような時間なんか過ごせないよ とか。

 

 

 

なんで茉優だけじゃ満足できないん?

そんなんじゃ誰とも幸せになれないよ、。

 

 

ひどいやつだな。。とか

 

 

そんなんが襲ってきては ふり払うみたいなか感じ。

 

 

そんなこんなで

新たに書いてみたFacebookのプロフィールとか

 

茉優への想いを書いたブログ記事 を

 

公開できないでいたりする

 

 

 

グズグス ウジウジたいむだ。。

 

 

 

 

 

最近は、よく、

映画“くちびるに歌を”の真似をして

 

船の出航の汽笛“ぼぉーーー、ぼぉーーーー”

って言ってみてる

 

 

ぼぉーー はドの♯

 

「前に進め」

「問題から逃げるな」

 

の応援メッセージとして

意味づけられてるんだってさ。。。