おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

セックスレス

先日、

赤坂真理さんの

『愛と性と存在のはなし』という本を読んだ

 

わたしの中では

 

茉優とのセックス、

 

正確にはこれまでのパートナー全てとの間で

 

抱えてきた葛藤に触れるような内容だった

 

 

 

ひとを好きになる

 

その人に触れたくなる

 

手を繋ぐ

 

ハグをする

 

キスをする

 

まではいい

 

 

けれども

 

セックスとなると

 

どうしてもわたしには葛藤が生まれる

 

 

 

わたしの場合

 

ちんこがついていないので

 

どうするかと言えば

 

大体わたしが彼女に触れる

 

感じさせる

 

いかせる

 

みたいな風になる

 

 

 

わたしの身体も気持ちよくはなりたいけれど

 

好きという心の高まりを持ったまま

 

気持ちよくされる ということが

 

これまでずっと

 

難しかった

 

 

 

茉優とのセックスhistoryの中で

 

自分の中にある

 

たくさんの思い込み や

 

呪縛のようなものを発見し

 

気付いたり

 

茉優に受け止められることによって

 

昇華してきたつもりではあるし

 

もちろん素敵な体験もある

(闇に目を向けるのが得意すぎて、これらをないものにしがちな なお はよく茉優にキレられる。、)

 

未だに

 

わたしの中に葛藤は残る

(おそらく、“理不尽さ”という言葉にヒントがある気がする)

 

 

 

今、わたしが1番心地いいのは

 

エネルギーセックスてきなやつ

 

 

大体わたしが茉優を後ろから抱いて

 

ときには服を着たまま

 

ときには裸ん坊になって

 

 

 

両手で茉優の胸や

お肌を

さすったり

乳首を感じさせたりする

 

 

茉優の高まりとともに

 

わたしのエネルギーも高まって

 

わたしの股間あたりに

 

物質を持たないちんこてきな凸が現れる

 

 

 

それは

明らかに

 

茉優の中に入っていて

 

わたしは 説明が難しいけど

 

感じているし

 

繋がっている

 

 

心も身体も茉優と繋がっている感じなのだ

 

 

このときに

 

わたしの物質的な体が

 

置いていかれているか否かはよくわからない

 

置いていかれているといったらそうにも思えるし

 

いや一緒に繋がっているといったら

そうも言える

 

 

このとき

 

わたしは

 

茉優とまぐあえていると感じる

 

理不尽さも感じずに済む

 

 

だから

 

今の時点でわたしはこの形が心地いい

 

 

 

 

 

 

で、

 

ここからが私たちの大きな問題なのだけど

 

 

 

この行為の後に

 

大体茉優が不満を持っている

 

実際に“こまゆ(クリトリス)”で感じたい

 

“こまゆ”でいって、その後に膣に指を入れられたい

 

 

 

わたしの繋がれた喜びと裏腹に

 

いつも茉優の不満が目の前に現れる

 

 

そして

それは

 

わたしを不完全なものに感じさせる

 

 

 

そんなこんなでレスになっていったという感じもある

 

 

 

今朝も

 

エネルギーセックスてきなやつのあとに

 

茉優が自分の手で触れ始めて

(なおが、『もしかしたら不満?でもなおには抵抗がある。。。』と言ったら、自分で触れてみることにすると言って)

 

しばらくすると

 

なお

 

動かさなくていいから膣に指入れてほしい

 

そう言ったの

(勇気を持ってそう言ったと思う)

 

 

 

なおは

それに

死ぬほど応えたかったんだけど

 

なおの中に引っかかりがあって

それを抑え込んできた積み重ねの中で今があると思ったから

 

揉める覚悟で

 

応えられない状態そのままでいたの。。

 

 

 

まあ、そしたら

 

お互い言葉をぶつけ合って

 

反応しあって

 

最後には

 

なおの

『茉優はなおと繋がりたいって言うけど、ほんとは繋がりたいなんて思ってないと思う。

ただ感じたいだけに思える』てきな

 

なおがよくやってしまう

 

茉優の中を決めつける言い方をしてしまって

 

それに(悲しすぎて)キレた茉優が

 

玄関のドア力いっぱい叩きつけて出ていっちゃう流れになっちゃった。。。

(よくやっちゃう なお の癖)

 

 

 

 

こんな現状だからさ

 

茉優はよく?

 

男性とふつうの?セックスする夢を見たり

 

この人とはできそうかもって男の人を見たり

することがあるらしくて

 

なおがめっちゃ悲しむから

ずっと言えないでいたらしいんだけど

 

そしたら

 

茉優が茉優とどんどん離れていっちゃって

 

苦しかったみたいで

 

先日

やっと

教えてくれたんだ

 

 

 

なお目線からすると

 

胸が痛くて痛くてたまらなかったけど

 

それが事実だから

 

精一杯に受け止めたの

 

 

人の力借りて

 

ただ痛むところに止まって

 

ぶつけずに

 

受け取り合えたのね、そのときは

 

 

 

 

それで

 

ようやく

 

エネルギーセックスならと思って

 

痛むことも覚悟で の

 

今朝だったのだけど

 

 

 

 

(今書いてて

 

痛む意識だったから

 

痛む結果になったのか

 

と思っちゃった。。。)

 

 

 

 

まあ、とりあえず、そんなこんなで、

 

わたしと茉優のセックス事情には

 

現在地から見ると山のような問題があるってこと

 

 

何かが昇華されて

 

流れたら

 

とても美しい世界があるんじゃないかと

 

直は睨んでいるのだけど

 

 

 

やっぱりセックスのたびに

 

喧嘩になるのは

 

ほんとにほんとに胸が痛い

 

もういい!って何度も言ってしまうくらい

 

やっぱり なおじゃ うちらじゃ ダメなんじゃん!

 

って思ってしまう

 

痛みがデカい

 

 

 

すーーーぐこんな思いするくらいだったらない方がマシてきにもなるし

 

 

それでも

 

なおは

 

2人とも心も身体も満ち満ちる

美しいまぐあいが

したいという願いを

 

諦めずにいたいと思うんだ

 

 

ちゃんと胸を痛めながら

 

ちゃんと夢見ていたいんだ

 

 

 

 

 

こんな日々が続いていたら

 

また茉優がほかのひととセックスしてしまうんじゃないかって

 

怯えや

 

焦りや

 

プレッシャーを感じながら

 

 

 

どこまでも わたし に誠実に

 

どこまでも 茉優 に誠実に

 

ありたいなって

 

思ってる

 

 

〜〜〜

 

今、自室に戻ってた茉優のところに

 

行ってきた

 

そして

 

危なっかしく

 

ちょいとぶつけ合いになりながら

 

反応的なところから降りて

なお の痛みに寄り添ってくれた茉優の助けを借りて

 

わたしの大切なやわらかい部分に触れられた。。

 

 

 

 

 

なおがこれまでの積み重ねてきてしまった理不尽さ

 

それがゆえに、今、茉優の求めに

心から応じられないことへの罪悪感

 

許せなさ

 

 

その子を癒してあげること

 

赦してあげること

 

 

わたしに必要なことだったみたい。。

 

 

 

許せなすぎて

 

茉優のブロックのせいとかにしてしまってた

 

ということ

 

 

 

そこに辿り着いて

 

号泣

 

 

茉優が

 

そんな感覚がきたら

 

茉優を責めるんじゃなくて

 

理由を積み上げるんじゃなくて

 

なおの不完全さから離れて

 

“heal the なお だよ”と言ってくれた

 

 

痛すぎるとき

許せなさすぎるとき

 

茉優のせいにしてしまうこと は

 

しないでねって

 

 

 

セックス絡みで

 

たくさんhealしたい自分がいるだけだって

 

ところに立てたら

 

すごく楽になった

 

 

 

healする機会を与えてくれる

 

茉優とのあれやこれが

 

有難いものなんだって思えた

 

 

ああ、よかった

 

 

 

ついつい茉優のせいにしちゃってごめんね

 

そうせずにはいられないほど

 

自分を責めてたんだ