おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

しれっと奪われる感

ただもらうばかりで

 

何も与えられないこと

 

 

もらいたいからもらうくせに

 

自分がただ受け取るに値する人間だとは思い切れないから

 

こっそりもらう

 

しれっともらう

 

 

もらっているのに

全然ありがとうが溢れてこない

 

もらっているのに

もらっていると

思いきらない

 

 

 

 

ありがとうも溢れず

 

ずるく

 

もらうことだけやっている自分には

 

居場所がないと感じる

 

 

もらうに値する人にならなければ

 

もらうに値する人がするであろう行動をとらなければ

 

もらったら溢れてくるはずの

 

ありがとうを

 

溢れさせなければ

 

ここにいてはいけない

 

 

そんな風に

 

どんどん追い込まれていく

 

 

 

思うままになんかあれない

 

身体はどんどん重く

 

お腹の中に塊が広がっていく

 

 

 

言いたいことが言えない

 

言うべきことは

 

言いたくなくても言わなくちゃ

 

 

身動きがとれない

 

 

 

周りに無数に散らばる愛を

 

中々受け付けず

 

 

もらえない に気がいく

 

 

もらえない は

 

簡単に

 

愛されていない

 

にすり替わる

 

 

 

愛溢れる人たちの中で

 

1人

 

暗闇の洞穴の

 

奥へ奥へと沈んでいく

 

 

 

言いたいこと も

 

奥へ奥へと引っ込んで

 

まっくろなわたしは

 

快活でおひとよしのマスクをつけて

 

輪に入ろうともがく

 

 

じぶんの行動が

 

人にどういう気分をもたらしているか

 

つぶさに確認して

 

先回りして

 

動く

 

合わせる

 

形を変える

 

 

 

こっちに合わせればあっちに合わない

 

あっちに合わせればこっちに合わない

 

 

不可能なことに

 

挑み続ける

 

 

生きているだけで

 

立っているのも辛いくらい

 

疲弊する

 

 

 

 

あの愛の輪に入りたくて

 

入れていると感じたくて

 

頑張っているのに

 

 

頑張れば頑張るほど

 

遠ざかる

 

 

 

 

わたしの中にあるそんな体感

 

 

 

 

 

 

茉優と2人で持っている きぼうのいえ で

 

シェアメイト に

 

そんな わたしを みている のかもしれない

 

 

 

顔を見るのがしんどい

 

同じ空間にいるのがしんどい

 

 

 

すぐムカつく

すぐ怒る

すぐ不快になる

 

 

彼女は ただ 彼女を生きていて

 

もがいているだけなのに

 

どうにもならない感覚が

 

わたしの中を支配する

 

 

きぼうのいえ に 3人で暮らしているのに

 

彼女を避ける自分がいる

 

 

そんな今。

 

 

 

しれっととっていく奴になんか

 

与えてやるもんか

 

奪われてなるもんか

 

 

奪っておいて嬉しそうにしている姿なんか

ヘドが出る

 

口先だけの ありがとう なんて

気持ち悪い

 

怯えて機嫌を伺って動く何もかもが気に触る

 

ゴキゲンでもムカつく

 

わたしの言動を受けて

泣かれるのもムカつく

 

 

 

それでも死んだらどうしようって心配になるし

 

1人を除いて

 

2人で過ごしていることに

 

ハッピーにもなりきらない

 

 

 

 

どうしていいかわからない

 

赦して楽になりたい と

 

許してたまるものか

 

 

同居する

 

胸の中

 

 

こんな わたし を

 

受け入れるのは

 

なかなかに難しい