おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

がんばりやさん

わたしの中に

 

がんばりやさん が いる

 

 

こうなれたら

 

こうできたら

 

 

もっと

 

もっと

 

もっと

 

 

って

 

 

 

ない

 

から始まって

 

ある

 

をめざす

 

 

 

 

ない から始まったら

 

ない にしか辿り着けない

 

らしいけど

 

 

それでも

 

 

ないものを

 

見つけて

 

見つけて

 

見つけて

 

どうにかしようと

 

 

頑張って

 

頑張って

 

ときには

 

 

頑張らないことを

 

頑張って

 

そんな がんばりやさん が

 

わたしの中にはいる

 

 

 

 

 

 

今日は

 

茉優に話を聞いてもらって

 

その子の声を聞いた

 

 

 

頑張りたいんだ

 

頑張りたいんだよ

 

 

頑張ってきたよ

 

いっぱいいっぱい頑張ってきたよ

 

 

だって

 

人と繋がりたかったから

 

 

繋がりたくて

 

繋がれなくて

 

 

どうにかして

 

繋がりたかったから

 

 

仲間に入りたかったから

 

 

 

がんばりやさん が

 

頑張っていたのは

 

わたしの真ん中にある願い

 

人と繋がること のため

 

 

 

 

大切な想いを

 

ずっとずっと抱き続けてきた

 

が ゆえ

 

 

 

 

 

その在り方は

 

わたしを苦しめてきたし

 

ときに

 

人と繋がることを

 

妨げてもきたけれど

 

 

 

ずっと

 

ずっと

 

 

わたしの願いを

 

叶えようと

 

ひたすらに

 

頑張り続けてきたんだよ

 

 

ありがとう だよ

 

ありがとう なんだよ

 

 

 

 

こうしなきゃ や

 

こうしないようにしなきゃ が

 

現れるたびに

 

 

 

その奥にある想いと繋がって

 

ありがとう と

 

言い続けたい

 

 

 

光を当てて

 

労いたい