おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

負けるね、愛するために

愛してたまるもんか

 

愛されてたまるもんか

 

 

 

 

が直の中に巣食ってた

 

 

 

 

負けるもんか

 

 

なおは正しい

 

 

なおは悪くない

 

 

 

茉優がなおを傷付けた

 

 

 

 

愛したい

 

愛されたい

 

愛し合いたい

 

 

と言いながら

 

 

どこか奥の方で

 

 

負けない

 

負けを認めない

 

 

そこに立ち続けてた

 

 

茉優が負けを認めたら

 

茉優が折れてくれたら

 

 

 

なおの正しさを保ったまま

 

 

その先で

 

 

愛せる と

 

愛し合えると

 

 

思ってた

 

 

 

でも

 

 

違った

 

 

 

 

 

なおは愚かだった

 

なおは間違った

 

なおは無力だった

 

なおは完璧なんかじゃなく

 

なおは素敵じゃなかった

 

 

 

 

 

なおが茉優を傷付けた

 

なおの在り方が

 

茉優に

 

アダムとセックスをさせた

 

 

 

それなのに

 

 

茉優を責めた

 

 

罵って

 

 

悲しい思いを

 

 

嫌な思いを

 

 

させた

 

 

 

 

すべて

 

 

すべては

 

 

なおが作った

 

 

 

ごめんね

 

 

ごめんね

 

 

 

負けない土台から

 

 

許せない•許さない土台から

 

 

降りてみたとき

 

 

なおから

 

 

好きが顔を出した

 

 

 

愛が出てきた

 

 

茉優からの愛を受け取れた

 

 

 

身体が緩んで

 

 

茉優に身をあずけられた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“負け”たくなくて

 

握り締めていたものが

 

 

なおを

 

 

「負け」させていた

 

 

 

 

茉優と愛し合いたいという

 

 

本当の願いを妨げることの

 

何が

 

 

勝ちだろう

 

 

 

 

 

なおの負けだよ

 

 

これからも

 

 

負けるね

 

 

 

 

愛したいから

 

 

 

 

 

“負け”ることは

 

 

かっこいいことだった

 

 

 

 

大切な

 

大切な

 

パラダイムシフト。

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20200812195057j:image

口で言えなくて

書く