おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

坂爪圭吾さん。

圭吾さん、

 

 

坂爪さん、

 

 

 

 

きた。

 

 

 

きぼうのいえ に

 

 

きた!

(茉優とのりぴーが呼んだ!)

 

 

 

 

憧れの人。

 

 

大人になってから

 

初めて

 

かっこいいと

 

 

思えた人。。

 

 

 

 

会社を辞めた月、

33さいの誕生日、

 

 

勇気を振り絞って

 

 

東京のお話会に行った

 

 

 

 

 

新潟滞在中、

 

 

茉優に手を引かれ

 

 

お話会に行った

 

 

 

処女作出版イベント、

 

 

いてもたってもいられず、

 

 

東京に行った

 

 

そんで

 

 

震えながら

 

 

手をあげて

 

 

泣きながら

 

 

想いを語った。。、

 

 

 

 

 

 

 

これまで

 

 

その言葉に

 

 

存在に

 

 

ほんとうに救われた

 

 

ほんとうに好きだった

 

 

ほんとうに存在してくれてありがとう だった

 

 

 

 

 

だけど

 

 

もう

 

 

 

会いたくはなかった

 

 

 

 

想いがあるから

 

 

頑張って

 

 

発言して

 

 

言葉にするけど

 

 

 

 

本当の想いとは随分違って

 

 

堅苦しく

 

 

表面的で

 

 

外側になる

 

 

 

 

どう頑張ったって

 

 

そうなってしまう

 

 

 

 

そのときの

 

痛さや情けなさや悔しさや悲しさ

 

 

みたいな感覚全てが

 

 

嫌いだった

 

 

 

好きなあまり

 

 

自分を下げたり

 

 

相手を上げたりして

 

 

結果

 

 

壁を作ってしまう

 

 

あの感じも最悪。。。

 

 

 

 

 

そんなことになるくらいなら

 

 

会わないほうがズーーーっといい。

 

 

 

そんな感覚。

 

 

 

 

だから、

 

きぼうのいえに圭吾さんが来てから

 

 

一泊

 

 

会わずに離れにこもってた。

 

 

次の日

 

 

離れのテラスから去っていく車を

 

複雑な心境で見送った

 

 

 

会いたくない自分を赦し続けた

 

 

 

 

そしたら

 

都合で

 

 

戻ってきた

 

 

もう一泊

 

 

 

 

困ったような救われたような

 

 

そんな気持ち

 

 

それでも離れにこもってた

 

 

 

でも、

 

 

母屋に行けない不自由さ

 

 

茉優とのりちゃんと圭吾さんの3人で過ごしてる間に

 

 

離れで1人のさみしさ

 

 

 

それからそれから

 

 

茉優が

 

 

その晩

 

 

圭吾さんと一緒に寝ると言い出して

 

 

そのことで起こる

 

 

直の中でのアレコレ。。

 

 

 

そして、

 

 

次の日

 

 

岐阜のリトリートハウスでも来てくれた

 

 

茉優の大学繋がりの

 

たろうちゃん

 

 

が来てくれた流れもあり

 

 

 

離れに居続けるのが苦しすぎたのもあり

 

 

 

母屋にいてみた

 

 

過ごしてみた

 

 

 

 

そしたら

 

 

圭吾さんとも

 

 

関われた!!!!

 

 

 

 

 

 

 

ふと出会った時の

 

 

「なおさん。。」

 

 

の言葉が

 

 

そこに感じた喜びが

 

 

嬉しかった

 

 

 

嬉しくて泣いた(笑)

 

 

 

仰々しく喋りたいわけじゃない

 

 

愛されたいわけでもない

 

 

でも

 

 

 

会いたかった

 

 

 

会いたくない100%

 

 

会いたい100%

 

 

的な

 

 

自分が

 

 

頭では理解不能だったけど

 

 

関わっているうちに

 

 

言葉になった

 

 

 

 

 

 

愛させてほしい

 

 

愛している存在がここにいることを

知っていてほしい

 

 

そんな言葉が出た

 

 

 

 

 

広く人を愛する人だと知っている

 

 

深く人を愛する人だと知っている

 

 

キリストさんみたいだと思うこともある

 

 

 

だけど

 

 

 

わたしが

 

 

圭吾さんに

 

 

伝えたかったことは

 

 

 

救ってほしい ではなかった

 

 

愛してほしい でもなかった

 

 

愛させてほしい だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に隣で聞いていたのりぴーに言われた

 

 

直が直に言っているようだって。。

 

 

 

 

 

そのことは

 

 

これから

 

 

掘り下げるのかな。。