おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

わたしはジュゴン

自由で無敵

 

やわらかくやさしくて

 

みんなから愛され守られる

 

 

そんな風にイメージすると

 

嬉しい

 

ニヤニヤする

 

 

 

 

その思いは

 

無意識か

 

顕在かは違えど

 

 

いつも直の中にあり続けてきたように思う

 

 

 

 

ほんとうは

 

ただそのまま存在しているだけで

 

自由だったし

 

無敵だったし

 

みんなから守られ愛されていた

 

 

 

 

でも

 

あれ、違うかも

 

勘違いしてただけかも

 

そんな風に思ってちゃダメじゃん

 

この世の中うまく生きていけないじゃん

 

そんな風に調子に乗ってたら

 

後から痛い目みるんじゃん

 

 

 

 

様々な経験を通して

 

打ちのめされてきた

 

 

 

ほしいものは手に入らない

 

願っても願っても無理なもんは無理

 

願うから苦しい

 

苦しまないように

 

願うこともやめよう

 

 

 

そんな風に

 

 

 

 

もしくは

 

 

自分に欠けているところを探して

 

そこを埋めるが如く

 

努力して

 

努力して

 

 

努力した

 

 

 

無敵に感じられるように

 

自由に感じられるように

 

みんなから好かれる自分になれるように

 

 

 

 

結果

 

頑張れば頑張るほど

 

望んでいる状態は遠ざかった

 

 

上下を生み

 

善悪を生み

 

正誤を生み

 

敵味方を生んだ

 

 

 

ある意味

 

望んでいるところと

 

逆の方に

 

頑張れば頑張るだけ

 

 

沈んでいった

 

 

そこは安心のない世界

 

 

 

ずっとずっと安心したがってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

そして。。。

 

打ちのめされて

 

底を打った時

 

 

 

ああ、

 

これまでのやり方が

 

 

まるごと間違いだったんですね

 

 

と気付いた

 

 

 

右腕の骨折と地獄のリハビリという経験を通して

 

 

もういい加減にしなさい

 

 

その道は

 

 

あなたを幸せにはしない

 

 

あなたは

 

 

この地球に

 

 

幸せを満喫するために生まれてきたんです!

 

 

目を覚ましなさい💢

 

 

そんな風に言われた。

 

 

痛みという

 

 

1番分かりやすいメッセージとして

 

 

 

 

 

そうして

 

 

たどり着いた今

 

 

自分の思考が全ての現実を引き寄せているという本と出会って

 

 

読んでいる

 

 

 

知っていたけど

 

信じきれなかったやつ

 

 

 

今は

 

また少し深いレベルで

 

理解できている

 

 

 

 

 

 

わたしは何かをするから無敵になれるのではない

 

 

無敵じゃんって思えるから無敵なのだ

 

 

 

わたしは何かができるから自由なのでもない

 

 

自由じゃんって思えるから自由なんだ

 

 

 

何かがないから貧しいんじゃない

 

何かがあると気付くから豊かなんだ

 

 

豊かだと思えるから豊かを広げていけるんだ

 

 

 

 

 

なんか月並みだけど

 

 

そう思えた

 

 

 

 

 

わたしは無敵だ

 

 

わたしは自由だ

 

 

わたしは無限に豊かになれる

 

今できうる想像を超えて

 

 

上限なく

 

 

ほしいものを

 

ほしい体験を

 

 

ほしい現実を

 

 

 

手に入れることができる

 

 

 

 

限界なんてない

 

 

 

 

様々に癖づけてしまった

 

 

思考パターンを見つけて

 

 

手放して

 

 

本来の状態に戻りさえすればいい

 

 

 

 

 

わたしは

 

存在するだけで

 

 

人を癒し

 

愛される

 

 

 

 

そう

 

 

わたしは

 

 

 

ジュゴン

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20200703122806j:image