おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

愛されるのが怖い病

めっちゃ大きな気付きがあった

 

なおって

 

愛されることに結構強めなブレーキがある

 

っぽい

 

 

茉優→直の流れが

 

どうにも滞っていることには気付いていたし

 

ソレをどうにかしようと

 

もがきにもがいていたんだけど

 

どうやら

 

ほとんど見当違いに もがいてた

 

もがきながら

 

直の傷も茉優の傷も

 

えぐって掘り下げちゃってたっぽい…

 

 

思い込みって怖い。

 

 

 

茉優→直の流れが滞ってたのは

 

直の体のせいでも

 

茉優が愛するのが苦手なせいでもなくて

(ココには茉優の傷も絡むんだけど)

 

単に

 

わたしが“愛し合うこと”の先の痛みに怯えて

 

それを避けていたから   っぽい

 

ちょー無意識に

 

 

知らなかった😱😱😱

 

めっちゃ茉優のせいにしてた😨😨😨

 

 

これだけは

 

“自分の世界は自分が作ってる”ってのから

 

頑なに除外してた🤭🤭🤭

 

 

 

あまりも奥底に埋め込まれたものって

 

こんなにも気付かないんだね

 

怖。。。

 

 

 

 

 

愛することも怖いけど

 

それはもう受け入れた

 

でも

 

 

愛し合うことはもっともっと怖い

 

わたしが茉優の愛を受け取って

 

どんどん巡って

 

一つに近づいて

 

 

 

そしたら

 

そしたら

 

ただ愛しているだけより

 

ずっとずっとずっと

 

失われること

 

分離すること

 

が絶え難くなるから

 

その痛みをなぜか深く知っているから

 

 

 

茉優の目から

 

わたしの目に

 

ハートに

 

愛が向けられると

 

 

その痛みが胸に現れる

 

 

 

 

だから

 

ふざけたり

 

タイム!って言ったり

 

 

あれこれの方法で

 

受け取り拒否してたみたい

 

 

 

 

大きな気づきがあってから

 

その痛みを感じながら

 

茉優の目を見続けてみたら

 

嬉しいんだか

 

怖いんだか

 

痛いんだか

 

なんだか分からないけど

 

涙が出るんだ

 

 

なんどもなんども

 

 

 

 

そんなに怖いんだ

 

そんなに逃げてたんだ

 

あんなに求めながら

 

めいいっぱいブレーキ踏んでたんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

まったくもう。

嫌んなるわ。

 

 

ほんとごめん、茉優。