おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

ごめんね、茉優の過去

茉優の元カレたち

 

その関係

 

散々disってきちゃってたなぁ

 

そこにちゃんとあった2人にとって大切な時間たち

 

 

ないことにしてきた

 

 

ただ

 

 

男が嫌いで

 

 

羨ましかった

 

 

 

性的な快楽に飲まれて周りが見えなくなって

相手の女性を傷つけてしまうこと

 

 

許せなかった

 

 

でもそれって

 

 

わたしの中にもあるんだ

 

 

そうしてしまうわたしが

 

 

それから

 

 

肉体的に繋がれること

 

 

それが憎いほど羨ましかった

 

 

 

まゆっちに

 

 

かっこいいって言われるのも

 

 

羨ましかった

 

 

 

わたしは

 

 

かわいいは言われるけど

 

 

かっこいいも言われたいんだ

 

 

 

 

ほんとにちっちゃくてかっこ悪いなぁと思う

 

 

 

自分の快楽なんて後回しで

 

 

いっしょうけんめい

 

 

相手を気持ちよくしようと頑張ってきたのに

 

 

その分、

 

 

最高だって思われたいよ

 

 

 

そんな思いが

 

 

渦巻いてるんだよなぁ

 

 

 

 

“直”の気持ちはよーく分かるけど

 

 

やっぱかっこ悪いよなぁ

 

 

 

 

茉優のブログを読んで

 

 

確かな繋がり

 

 

大切な時間

 

 

 

そこにあった愛

 

 

 

 

 

 

ちゃんと読みました

 

 

 

胸の中に

 

微かなザワザワを感じながら

 

 

 

けど

 

当たり前だよなぁ

 

 

茉優が作る関係に

 

 

愛がないわけないやん

 

 

 

ああ、彼らとなおっち

 

 

茉優に惹かれる部分て

 

重なる部分もあるんだなぁ

 

 

ある意味仲間かも

 

 

とか

 

 

そんなんも感じた

 

 

 

 

ますますわたしの中のことを

 

人や周りのせいにしないで

 

自分で救っていきたいなぁと思ったよ

 

 

 

 

茉優

 

茉優の元カレさんたち

 

そして茉優の過去たち

 

 

 

わたしの事情でdisっちゃって

 

ごめんね

 

 

 

許してね

 

 

 

 

きっと全ては

 

わたしが

 

わたしのままじゃ

 

何かが欠けていて

 

不完全

 

 

だという勘違いから

 

 

生まれてることです