おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

人生の嘘

中学くらいから始まった過食衝動

 


今日もまた生まれた

 


そこで初めて立ち止まった

 


我慢じゃなくて

 


立ち止まった

 

 

 

 


その奥に何があるんだろうって

 


立ち止まってみられらた

 

 

 

何に気付いて欲しいんだろうって

 

 

 

 

 

 

何かに追い立てられるような

 


焦りのような

 

 

 

何かをしなくちゃいけないんだけど

 


何をしたらいいのか

 


見つけられないような

 

 

 

ゴールに向かって走らなきゃ!

 


って気持ちに追い立てられるのに

 


向かうゴールが見えない“途方も無さ”に

 


飲み込まれているような

 

 

 

そんな感覚

 

 

 

 

 

 

 


たまらなくて

 

 

 

どうにもそのままにしておけなくて

 

 

 

過食に走ってた みたい

 

 

 

きっと暴飲も

 


エロ動画見まくってたのも

 


動画エンドレスで見まくったのも

 

 

 

同じ感覚からだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その感覚を消すために頑張ったようなもん

 


勉強も

 


スポーツも

 


社会活動も

 


仕事も

 


恋愛も

 


自分探しの旅も

 

 

 

 

 

 

だからそれらはぜーんぶ嘘

 

 

 

人生の嘘

 

 

 

 

 

 

 


1番したいことで

 


1番したくないことを

 


避けるための

 


数々の技だったと認める

 

 

 

 

 

 

 


ほんとうは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裸ん坊のわたしで

 


あなたと

 


大好きなあなたと

 


ただ遊びたい

 


繋がりに喜び涙したい

 

 

 

それがわたしの“人生の本当”

 

 

 

 

 

 

でも

 


それを願って

 


破れた気持ちが

 

 

 

 


そうあれるはずなのに

 


そうあれない現実の積み重ねが

 

 

 

 


“わたしの本当”を

 


お腹の奥に仕舞い込んで

 


鍵を掛けた

 

 

 

 

 

 

 


でも

 


ずっと

 


“わたしの本当”は

 


お腹の底で

 


叫び続けてた

 

 

 

無防備に

 


ただあなたのことが好きなわたし

 

 

 

あなたと

 


繋がりを感じることに

 


何よりも喜びを感じる

 


わたしが

 

 

 

 


気付いてよ

 


気付いてよ

 

 

 

気付いてよ

 

 

 

 


って

 

 

 

叫び続けてた 

 

 

 

 

 

 

 


そういうことなんだ

 

 

 

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20200325152017j:image

わたしはわたしに怒っている

 

傷つく事を恐れて

 

あなたに

 

そのままのわたしを示さないこと

 

 

そのままのわたしに自信を持てないこと

 

 

そのままのわたしじゃ

受け入れてもらえないと思ってしまうこと

 

 

その結果、

相手との関係で

 

自分の居場所をなくしてしまうこと

 

 

 

自ら

 

繋がることに

 

 

背を向けてしまっていることに

 

 

 

猛烈に怒ってるっぽい