おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

責めるためじゃなくて、許すために書こう。

坂爪さんの本のこと投稿した後


心がざわざわしてる

 

 

 

誰にどう思われるか

 


それに怯えてるのか

 

 

 

 


どこかに

 


よく思われたいという気持ちが入っているようで

 


濁っているようで

 


気持ち悪いのか

 

 

 

わからない

 

 

 

 


グルグルするけど

 


自分が書く文章の全てに

 


YESが言いたい

 

 

 

 


って言葉が浮かんだら

 

 

 

少し涙が湧いた

 

 

 

 


人の領域に踏み込んで嫌がられたときの胸の痛みも

 


全然分かっていないことを分かったように書いてしまうときの痛さも

 


偉そうに人にアドバイスする風になってしまって嫌悪される悲しさも

 

 

 

 

 

 

 

 


全部嫌だ

 


怖い

 

 

 

全員に愛されるはずなのに

(なぜかそう思う)

 


愛されないように見える

 


現実が

 


起こるのが怖い

 

 

 

 


たくさんの

 


ほんとにたくさんのことに

気付いてしまうこの性質を、

 

 

 

自分を

 


他人を

 

 

 

責めるためじゃなくて

 

 

 

 


自分を

 


他人を

 

 

 

許すことに使いたい

 

 

 

 


愛することに使いたい

 

 

 

 


ほんとに似た性質(わたしはそう思った)

の坂爪さんが


教えてくれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めんどくさいくらい

 

 

 

色んなことに

 

 

 

気付いてしまうから

 

 

 

 


自分の中の

 

 

 

許せないことに

 

 

 

ものすごくたくさん気づいてしまう

 

 

 

白より黒は目立つから

 


黒ばっかしか見えなくなる

 

 

 

 

 

 

許せないはずなんだけど気付けていないところも

 

 

気付けていないこと自体が

 


許せないと思ってしまう

 

 

 

 


気付かずに

 


言葉を放ってしまうことが怖い

 

 

 

自分に向けた許せない視点で

 

 

 

誰かを責めたり

 


引っ張ったりしてしまう自分が

 

 

 

怖い

 

 

 

 

 

 

そうしてしまったら

 

 

 

 


その相手に合わせる顔がなくなって

 

 

 

 


疎遠になってしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

 

 

書いては

 


立ち止まって

 

 

 

 


書いては

 


消して

 

 

 

 


書いては

 

 

 

心がざわついて

 

 

 

 


ほんとかっこ悪い

 

 

 

 


でも

 

 

 

真面目に

 


ひたむきに

 

 

 

もがいてきたんだよ、

 

 

 

 


直なりに。

 

 

 

 


誰にも理解されないところで。

 

 

 

 


理解されなすぎて

 

 

 

自分の中でも

 

 

 

 


何にもしてないことになってたりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直はね、

 

 

 

 

 

 

 


何も潔くやめられない

 

 

 

 


中学校くらいから

 

 

 

やりたくないことやりまくって生きてきた

 

 

 

仕方がないって

 

 

 

言い聞かせまくって

 

 

 

自分に嘘つきまくって

 

 

 

生きてきた

 

 

 

 

 

 

例えば

 

 

 

 


大学の終わり頃から始めた

 

 

 

棚卸のアルバイト。

 

 

 

何にも自信ないから

 

 

 

「誰にでもできる簡単な仕事です」

っていう求人誌の文句と

 


時給と

 

 

 

男女で違いがない制服

 

 

 

それだけで決めた。

 

 

 

 


働き始めたのは

 


就活始めた周りの

 


働かなきゃでしょって空気に

 


抗えなかっただけ

 

 

 

(でも、面接が怖くて、どうしても就活はできなかったんだ)

 

 

 

 


楽しかったことなんてなかったけど

 

 

 

 

 

 

ほかで生きていく自信がないから

 

 

 

辞められなくて

 

 

 

続けたんだ

 

 

 

 


めっちゃ続ける言い訳作りまくって

 

 

 

 


そうやって

 

 

 

 


死に向かって

 

 

 

 


全速力で

 

 

 

生きてたんだ

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

 

その全てが直だった。

 

 

 

初めてちゃんと認められたかも。

 

 

 

できることなら消したかったな。

 

 

 

 

 

もう少し書いとこ。

 

 

 

 

 

 

はしゃぎたくても

 

 

 

冷めた自分の目に縛られて

 


はしゃげない直がいる

 

 

 

 


そんな自分が嫌で

 

 

 

無理して空はしゃぎして

 

 

 

いやーな気持ちになる直がいる

 

 

 

 

 

 

お金持ってるのに

 

 

 

 


困ってる仲間にあげることも

 

 

 

貸すこともできない直がいる

 

 

 

 

 

 

自分の誕生日を

 


祝いたいと思えない直がいる

 

 

 

 

 

 

 


自分がはしゃぐことが

 

 

 

ハッピーなことが

 

 

 

喜ぶことが

 

 

 

 


誰かに嫌な思いをさせるって思い込んでる直がいる

 

 

 

だから

 

 

 

 


誰かのハッピーを

 


心から喜べない

 


直がいる

 

 

 

 

 

 

 


ぜんぶ大っ嫌いな直だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無数の大っ嫌いな直を

 

 

 

1人1人拾っていくしかないんだね

 

 

 

 


愛する以外ない

 

 

 

 


直が愛するしかない

 

 

 

 


そのために

 


書くんだ

 

 

 

 


大転換しよう

 

 

 

 

 

 

直を責めるために書くんじゃなくて

 

 

 

救うために

 

 

 

癒すために

 

 

 

許すために

 

 

 

愛するために

 

 

 

 


書こう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんね、直

 

 

 

ことごとく許せなくて

 

 

 

 


ごめんね、みんな

 

 

 

 


その先で

 

 

 

 


みんなのこと愛せなくて

 

 

 

 

 

 

ごめんね、嫌な思いさせて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


書きたい理由

 

 

 

 


やっと見つけた

 

 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 


…そういえば、初めて言えた

 

 

 

 


自分のこと

 

 

 

大っ嫌いって

 

 

 

 

 

 

なんでこんなに涙が出るんだろう

 

 

 

 

 

 

 


言いたくなかったし

 

 

 

言っちゃいけないような気がしたし

 

 

 

 

 

 

言ったら立っていられなかっただろうし

 

 

 

 

 

 

 


完全に奥底に収納してた

 

 

 

 


本音だね

 

 

 

 

 

 

 


こんな本音でも

 

 

 

 


出せたら

 

 

 

 


喜びなんだね

 

 

 

 

 

 

驚くなぁ

 

 

 

 


嬉しいなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直が許せない直の数々って

 

 

 

 


それを許せない直の想いって

 

 

 

 

 

 

直の財産じゃんって

 

 

 

 


気がしてきた

 

 

 

 

 

 

 


捉え方

 

 

 

 


使い方

 

 

 

 

 

 

間違ってただけなんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 


分かってたつもりだったけど

 

 

 

 

 

 

全然分かってなかったんだなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ散歩しながら書いてるんだけど

 

 

 

 

 

 

今神社でお祈りした

 

 

 

 

 

 

 


直が全ての直を愛せますように

 

 

 

 

 

 

その先でみーんな1人残らず愛せますように

 

 

 

 

 

 

 


って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途方もないけど、

 

 

 

 


それが直の願いみたい

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20200321231521j:image