おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

性れきし

小学生のときに初めてエロ本を読んでから

 


自分の股間の感覚

 

 

 

そこに自分で触れたときの気持ちよさ的なもの

 

 

 

それ自体は感じてきた

 

 

 

身体的な欲求もよく理解できる

 

 

 

でも

 

 

 

誰かを好きになるときに

 

 

 

(それは記憶の限りではほぼほぼ女の子)

 

 

 

体の関係を想像したことは

 

 

 

一度もなかった

 

 

 

女子風呂に

 

 

 

好きな子といっしょに入ることもあったけど

 

 

 

興奮する とか

 

 

 

性的にそそられる とかは

 

 

 

なかった

 

 

 

その感覚は今もほとんどないのだけど

 

 

 

 

 

 

大学1年の時に

 

 

 

初めて彼女ができて

 

 

 

(ちなみに、わたしの心の中のことを話したのは彼女が初めてだった)

 

 

 

初めてのキスをしたときに

 

 

 

わたしの股間は大いに反応したし

 

 

 

相手が反応していることがわかったときも嬉しかった記憶がある

 

 

 

でも

 

 

 

言葉を交わすとき

 

 

 

手を繋ぐとき

 

 

 

キスをしているとき

 

 

 

に感じた高まりや

 

 

 

繋がってる感じ

 

 

 

バイトをすっ飛ばしてしまうほどの喜びは

 

 

 

思い返せば

 

 

 

股間を触り合うというところから

 

 

 

どんどん引いていったんだ

 

 

 

それを必死でどうにかしようと

 

 

 

感じさせること

 

 

 

感じること

 

 

 

にすごくトライした

 

 

 

感じ切れなかったり

 


感じさせられないことは

 

 

 

この胸に確かにある彼女への

 


溢れんばかりの気持ちを

 

 

 

完全なものでなくさせるような気がしてしまったのかもしれない

 

 

 

何も知らない中で

 

 

 

 


エロ本やエロビデオの知識だけはある中で

 

 

 

 


そう思ったんだと思う

 

 

 

でも

 

 

 

うまく感じられなくて

 

 

 

すぐ痛くなっちゃったりして

 

 

 

感じよう感じようって

 

 

 

相手の心なんか

 

 

 

そのときにはどっか行ってて

 

 

 

自分が相手のを触るときも

 

 

 

なんとか感じさせようって

 

 

 

いかせようって

 

 

 

必死になればなるほど

 

 

 

相手が引いていっちゃうのが分かって

 

 

 

でも何故か‘いく’までやめられないって

 

 

 

そう強く思って

 

 

 

そんなやりとりを重ねてたら

 

 

 

あるとき相手から

 

 

 

断られることが1度だけあって

 

 

 

 


それがもう悲しすぎて

 

 

 

もう誘えなくなって

 

 

 

そしたらどんどんキスも無くなって

 

 

 

手を繋ぐことも無くなって

 

 

 

そういうのとは程遠い

 

 

 

いい意味でも悪い意味でも

 

 

 

家族みたいな存在になっちゃって

 

 

 

わたしは家族でもありたかったけど

 

 

 

恋人てきな

 

 

 

らぶらぶみたいな関係でいたくって

 

 

 

 


彼女のことが1番大切ってのが変わらないまま

 

 

 

“もう付き合ってないよね?”

 

 

 

って言って

 

 

 

次の彼女との関係を始めたんだ

 

 

 

 

 

 

わたしは、この最初の彼女とずっと一緒に生きていくと信じて疑わなかったし

 

 

 

躊躇なく愛していると言えていた

 

 

 

 


だけど、

 

 

 

それがああいう終わり方をして以来

 

 

 

 


わたしは

 

 

 

 


わたしのことを

 

 

 

 


信じるのをやめたんだと思う  

 

 

 

 


人を好きな自分を許せなくなったんだ

 

 

 

 


だから

 

 

 

愛してるも

 

 

 

好きも

 

 

 

 


ずっと一緒にいたいも

 

 

 

口に出来なくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2人目の彼女はわたしを‘男をたてる’みたいに扱ってくれて

 

 

 

なんだか気分がよかったんだ

 

 

 

すごくセックスが好きで経験も多い人で

 

 

 

 


バイブとかおもちゃで感じること

 

 

 

も教えてもらった

 

 

 

やり方を変えれば

 

 

 

工夫すれば

 

 

 

感じられるようになるって信じたんだと思う

 

 

 

‘いき’たい感覚に囚われるようにもなった

 

 

 

 


それからこの頃から

 

 

 

 


自分にペニスがあったらって思いに

 

 

 

ものすごく囚われ始めた

 

 

 

自分が気持ちよくなりながら

 

 

 

 


相手も気持ちよくできるなんて

 

 

 

なんて素敵なんだ

 

 

 

相手の中に

 

 

 

入るって

 

 

 

繋がるってどんな感覚なんだろう

 

 

 

 


繋がったまま抱き合えるって

 

 

 

その間も気持ちいいなんて

 

 

 

羨ましすぎる

 

 

 

その思いは今も強い

 

 

 

 


そんな中で

 

 

 

初めてのディルドを買った

 

 

 

 


いわばニセちんこ

 

 

 

 


わたしの股間に付けて

 

 

 

男と女みたいにやってみた

 

 

 

そうしたら心が満たされるかもって

 

 

 

 


でも

 

 

 

わたしは全然気持ちよくないし

 

 

 

金具が恥骨とかに当たって痛かったりして

 

 

 

でも気持ちよがってる彼女が目の前にいて

 

 

 

必死で腰を振ってるわたしが

 

 

 

あまりにも憐れに

 

 

 

こっけいに思えて

 

 

 

底無しに虚しく

 

 

 

情けなくなって

 

 

 

途中からわたしは泣き出しちゃったんだ

 

 

 

ラブホのベッドで

 

 

 

股間にニセちんこを付けたまま

 

 

 

1人うずくまって

 

 

 

顔を上げられなくなっちゃったんだ

 

 

 

 


思い出したら今でも泣ける

 

 

 

 


彼女ずっと背中をさすってくれてた

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

安くないお金を出して買ったものだったから

 

 

 

そんなことがあっても

 

 

 

 


そのあと何回かは使ってた

 

 

 

 


酔っ払ってたり

 

 

 

心のどっかを収納しとけば

 

 

 

高まりを少しは保てたこともあったよ

 

 

 

 


ちなみにーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 


2人目からはみんな男性経験があったから

 

 

 

 


わたし、いつもすごく怯えてたんだ

 

 

 

 


比べられて

 

 

 

 


不足を感じられたらどうしようって

 

 

 

 


そんなこともあって懸命だった

 

 

 

 


アダムタッチとか勉強したりもしてた

 

 

 

 


セックスの時に自分本意になる男性が多くて

 

 

 

前戯が短かったり、なかったり

 

 

 

女の子が気持ちいいか考えもしなかったり

 

 

 

特に挿入時は

 

 

 

自分が気持ちよくなることとか

 

 

 

‘いく’ことしか頭にないって感じで

 

 

 

 


女の子が演技したり

 

 

 

早く終われって思ったり

 

 

 

 


そんな感じなんだって話もよく聞いて。

 

 

 

 


だから 

 

 

 

自分本意にならず

 

 

 

なんならまるっと前戯だから

 

 

 

 


ただただ女の子を喜ばすことに徹する(そうせざるをえないんだけど)

 

 

 

わたしの行為のことを

 

 

 

 


すごく“いい”って言ってくれる人が多くて

 

 

 

 


いつからか

 

 

 

 


それがわたしの自負にもなってたりした

 

 

 

でもそれは

 

 

 

 


ひっくり返すと

 

 

 

 


そうしないとわたしは

 

 

 

 


存在価値が脅かされるって

 

 

 

 


土台を作っちゃってた

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 


思い返せば

 

 

 

この頃

 

 

 

 


セックス中に

 

 

 

 


心の繋がりなんて

 

 

 

どこにもありはしなかったな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


男性ホルモンの注射をしてからは

 

 

 

性欲が強くなったと言えばいいのか

 

 

 

よりエロ動画を見る頻度は多くなったし

 

 

 

見るたびにオナニーした

 

 

 

征服することで欲情する感覚とか

 

 

 

元々ある程度分かる感じだったけど

 

 

 

 


この頃は

 

 

 

 


その度合いが少し強まってたように思うかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その頃はちょうど3人目の彼女と付き合っていた頃だけど

 

 

 

その人とは前の2人との経験から

 

 

 

もう自分の身体を見せたり

 

 

 

触ってもらったりすることはやめたんだ

 

 

 

女である体を見せるから気持ちが萎えるんだって答えに辿り着いたから

 

 

 

セックスといえば

 

 

 

わたしがしてあげること

 

 

 

みたいにしてた

 

 

 

その最中に反応してしまった身体を

 

 

 

家に帰ってから

 

 

 

1人処理するみたいなことが多かった

 

 

 

 

 

 

 


その子多分ね

 

 

 

 


わたしのこと友達として大好きだったけど

 

 

 

恋人にはほんとうはなりたくなかったんだと思う

 

 

 

 


手を繋ぐことも

 


キスをすることも

 

 

 

あまりしたそうにしてなかったんだ

 

 

 

わたしの存在は隠されたし

 

 

 

彼女からわたしに触れたりキスすることなんてなかったな

 

 

 

 


どこかで薄々気付いてたんだけどさ

 

 

 

好きだったからさ

 

 

 

失うのが嫌だったからさ

 

 

 

気付かないことにして

 

 

 

ずっとやり過ごしてた

 

 

 

 


反応が薄ければ薄いほど

 

 

 

 


喜ばせようと

 

 

 

必死だったな

 

 

 

苦しかったな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして4番目の茉優

 

 

 

初めてのセックスは

 


初めてのキスと同じときだったのだけど

 

 

 

まるで男のように

 


心の高まりのまま

 


セックスした

 

 

 

茉優に言わせれば

 

 

 

男とのセックスの本番前までみたいな感じだってさ

 

 

 

茉優に対しても

 

 

 

わたしは身体を閉ざすことにした

 

 

 

そうすることで

 

 

 

心の高まりを心の高まりのままに

 

 

 

できる気がしたから

 

 

 

でも関係が続く中で

 

 

 

茉優が求めてくれて

 

 


わたしは少しずつ

 

 

 

身体を開いていった

 

 


瞑想とかし始めたりして

 

 

 

わたしの中の女性性を受け入れていくという流れの中で

 

 

 

女性である身体で感じること

 

 

 

を少しずつ許していった感じ

 

 

 

 


この頃は

 

 

 

 


感じられないのは

 

 

 

 


わたしが自分の身体を受け入れてないからだってことになってて

 

 

 

男性とセックスしてみたらどうにかなるんじゃとか

 

 

 

茉優以外で、わたしの女性性を満たせるって言ってくれた女の人とまぐあいしてみようとしたり

 

 

 

(どっちも話だけで終わったけどね)

 

 

 

 


女性性を嫌悪してしまっているのをどうにかしようとすったもんだしてた

 

 

 

茉優と繋がるにはそうするしかないって思っちゃって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優との関係ではさ

 

 

 

感じたこととか思うことを

 

 

 

例えそれがどんなことであっても

 

 

 

オープンにし合おうよって

 

 

 

約束し合って始めたから

 

 

 

セックスのことでも

 

 

 

少しずつ本音を伝え出したんだ

 

 

 

 


フタしてる部分が多過ぎて

 

 

 

フタが頑丈で重過ぎて

 

 

 

 


一つ一つ開けるの大変だったんだけどさ

 

 

 

 

 

 

感じていることに没頭していてわたしの存在が茉優の中から無くなっているみたいで悲しい

 


とか

 

 

 

茉優はわたしを使ってオナニーしてるだけのように感じる

 


とか

 


わたしはもっと感じ切りたい 茉優ばっかり触られて不公平だ

 


とか

 

 

 

今は茉優の性器に触れたいと思えない

 

 

 

とか

 

 

 

 


傷つけるって分かっていても

 

 

 

その結果、壮絶な喧嘩になっても

 

 

 

伝えていった

 

 

 

茉優からもたくさん伝えてくれた

 

 

 

(こんな喧嘩ばっかりなんだったらチンコのあるセックスがしたい!!!ってどっかで叫んだって話は、かなり突き刺さったのを覚えてる)

 

 

 

 


そんな中で

 

 

 

少しずつだけど

 

 

 

感じること とか

 

 

 

いくこと に囚われずに

 

 

 

キスやハグと同じように

 

 

 

セックスで心を交わすみたいなことができるようになっていって

 

 

 

わたしも

 

 

 

感じている自分が気持ち悪い

 

 

 

って囚われを少しずつ外していって

 

 

 

茉優から受け取ることができるようになっていって

 

 

 

お互いに

 

 

 

色んなマジック?呪い?から

 

 

 

解き放たれていったんだ

 

 

 

そのいくつかは

 

 

 

これまでのブログにも書いたと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でもね

 

 

 

 


それでもね

 

 

 

 


やっぱり

 

 

 

 


あまり茉優の性器を触りたいと思えない自分は残ってたんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やっぱり

 

 

 

 

 

 

乳首を触ったり

 

 

 

性器を触ったり

 

 

 

指を入れたり

 

 

 

 


その全てが

 

 

 

 


外から取り込んだやり方だって思ったんだ

 

 

 

 


男と女のセックスの

 

 

 

延長線上には

 

 

 

 


わたしたちの“まぐあい”はないと思ってる自分に

 

 

 

 


気付いたというか

 

 

 

 

 

 

ずっと気付いてたんだけど

 

 

 

 

 

 

認めないできたものを

 

 

 

 


認めることにしたというか

 

 

 

 

 

 

やっぱり

 

 

 

 

 

 

キスやハグや肌の触れ合いで

 

 

 

 


確かに感じるエネルギーの交わし合い?

 

 

 

 


融合?

 

 

 

 


そんな感覚が

 

 

 

 


(それってここ最近お互いの心がどんどん本来のものに近付いていく中で

強まってきているものなんだけど)

 

 

 

 

 

 

アノ延長線上のやつに

 

 

 

 


持ち込んだら

 

 

 

 

 

 

決定的に遠のいてるんだ

 

 

 

 

 

 

それは確かなわたしの感覚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたし、色んな分野で

 

 

 

 


こう感じなきゃ とか

 

 

 

こう感じたくないって

 

 

 

 


自分の感情とか感覚を

 

 

 

 


巧妙に操作する癖があるんだけど

 

 

 

 


(“ニセ自然”ってブログにも書いたけどさ)

 

 

 

コレもそうだったってところについにたどり着いたんだ

 

 

 

 


だってさ

 

 

 

 


ちんこがないんだから

その不足分頑張って相手を喜ばせなきゃ、満足させなきゃ、選んでもらえないって思うじゃん

 

 

 

まぐあいが人生の核の部分を占めるって言ってる茉優に、そんなこと言ったら、わたしとの未来はないって言われちゃうように思うじゃん

 

 

 

 


わたしが‘こまゆちゃん’を舐めたり、‘ちつちゃん’に指を入れたりしたときに、

喜びで涙を流す茉優を、

身体中が直でいっぱいになる感じなんだよって言ってくれる茉優を、

見られなくなるって思うじゃん

 

 

 

直が茉優の性器を触る気になれないって言うたびに、

誰か他の男とのセックスの可能性を口にする茉優がいて、

一度はカッコいい外国人と実際にしちゃった過去もあって、

またあの経験をするなんて嫌すぎるじゃん

 

 

 

だからさ、

 

 

 

 


茉優と生きること

 

 

 

茉優とラブラブでいること

 

 

 

茉優のオンリーワンでいること

 

 

 

 


それがわたしの1番の望みだったからさ

 

 

 

どれだけわたしを曲げてでも

 

 

 

形を変えてでも

 

 

 

守りにいってたんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも時が来たんだ

 

 

 

肚を括ったというか

 

 

 

自分を

 

 

 

茉優を

 

 

 

 


信じたというか

 

 

 

 


わたしのそのままで

 

 

 

 


わたしたちのオリジナルの形で

 

 

 

 


完全に男と女の常識を離れて

 

 

 

 


それでも

 

 

 

 


わたしたちは繋がれるって

 

 

 

 


まぐあえるって

 

 

 

 


信じようって思って

 

 

 

 


茉優に伝えたんだ

 

 

 

 


わたしは茉優を「女として」愛したいとは思わない

 

 

 

茉優が今イメージしている形では

わたしが望むようには繋がれない

 

 

 

不足だから何かに寄せるのは

 

 

 

もうしないって

 

 

 

 


今具体的に形が見えているわけではないけど

 

 

 

ほんとうにわたしたちオリジナルに

 

 

 

わたしたちが望むように

 

 

 

繋がれると思うって

 

 

 

 

 

 

そう伝えたんだ

 

 

 

 


茉優は茉優の望みが砕かれるって知って

 

 

 

怒るかもしれないと思いながらもさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな中で

 

 

 

 


クリスマス辺りに

 

 

 

 


あ、舐めてもいいかもって思えて

 

 

 

クリスマスプレゼントだよって

 

 

 

わたしこ‘まゆちゃん’を舐めたんだ

 

 

 

 


そんで‘ちつちゃん’に指も入れたし

 

 

 

 


わたしが望んでいるのはこの形ではないってちゃんと自覚しながら

 

 

 

 


でも、今茉優のニーズを満たせる気持ちがあるから

 


しようって

 

 

 

 


そんな気持ちで初めてしたんだ

 

 

 

 

 

 

そしたら

 

 

 

 


喜んでくれて

 

 

 

 


指を入れてしばらくしたら、

 

 

 

 


やっぱり茉優は喜びで泣き出してさ

 

 

 

茉優の中が直でいっぱいになってる感じをもっと感じたいから

 

 

 

もう動かさないでって言ってくれて

 

 

 

 


それはそれでやっぱり嬉しかったんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そしたら

 

 

 

終わった後に

 

 

 

わたしの感覚をシェアしてるときにさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行為中とか後、

わたしは茉優の喜びとわたしの感覚にいつもギャップを感じていたんだけど

 

 

 

 


今回はそれをプラスともマイナスともせずに

ただ事実として捉えられたんだって話してて、

 

 

 

でも

 


やっぱり茉優は悲しいよね?

 

 

 

って聞いたらさ

 

 

 

 

 

 

 


茉優から

 

 

 

驚くような言葉が出てきたんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“わたし、もうマジックとけてるから“って。

 

 

 

“たしかに、

 


感じることは大好きだし

 


気持ちいいし

 

 

 

涙が出るほどの喜びだけど

 

 

 

 


でも

 

 

 

今回されている中で

 

 

 

なんで、直にわたしの女の部分を愛されることをあんなに執拗に求めてたんだろって。

 

 

 

あったら嬉しいけど

 

 

 

別になくてもほんとうは何も不足じゃないじゃん”って。

 

 

 

 


気付いちゃったって。

 

 

 

 


女として愛されたいってのは?

 


って言ったら

 

 

 

なんかもうそれはよく思い出せない感覚だっていうんだよ

 

 

 

 


あまりにも突然で

 

 

 

 


あまりにもスッとしてたから

 

 

 

 


ちょっと呆気にとられてしまったよ

 

 

 

 

 

 

わたしが

 

 

 

わたしに不足があるって前提で

 

 

 

 


生きてるうちは決して辿り着けなかったところに

 

 

 

 


今辿り着いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、

 

 

 

 


わたしはずっと

 

 

 

 


感じる自分が嫌いだった

 

 

 

 


男女の延長線上で

 

 

 

それに倣って

 

 

 

 


大好きな人を感じさせてる自分に

 

 

 

 


違和感を感じてきた

 

 

 

 

 

 

もっとこの溢れ出す愛のままに

 

 

 

溶け合うように

 

 

 

わたしの中身そっくりと

 

 

 

茉優の中身そっくりを

 

 

 

混じらせるように

 

 

 

まぐあえるはずなんだ

 

 

 

 


わたしたちだけのやり方で

 

 

 

 


わたしたちだけのあり方で

 

 

 

 


わたしはこの身体でこの条件で生まれたから

 

 

 

 


その道を選ぶ以外なかったけど

 

 

 

 


茉優は違う

 

 

 

 


男女の道の上にいたし

 

 

 

選ぼうと思えば今も選べる

 

 

 

 


でもわたしを選んでいて

 

 

 

 


わたしの見たい世界に

 

 

 

向かって

 

 

 

 


マジックを解き始めてくれてる

 

 

 

 

 

 

 


長かった

 

 

 

 

 

 

苦しかった

 

 

 

 

 

 

 


このイメージを共有できた後で

 

 

 

 

 

 

茉優が猫をさすりながら

 

 

 

 


わたしの背中をさすってくれて

 

 

 

 

 

 

わたしの目からは次から次へと涙が溢れた

 

 

 

 

 

 

 


いいんだ

 

 

 

 

 

 

 


わたしが思うままに思ってていいんだ

 

 

 

 

 

 

それが茉優に通じる時がきたんだ

 

 

 

 

 

 

わたしはわたしを一ミリも歪めずに

 

 

 

 


大好きな人と繋がることができるんだ

 

 

 

 

 

 

それが可能な特別な人を

 

 

 

わたしは見つけたし

 

 

 

 


2人で歩んだ道の先で

 

 

 

 


ココに辿り着けたんだ

 

 

 

 

 

 

誰にも

 

 

 

 


茉優にも理解されないかもしれない

 

 

 

 

 

 

この

 

 

 

 

 

 

胸の叫び

 

 

 

 


喜びの涙

 

 

 

 

 

 

孤独な闘いへの

 

 

 

 

 

 

労いの想い

 

 

 

 

 

 

そんなものが溢れ出す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


わたしの自然を

 

 

 

認めて

 

 

 

 


その土台から始めること

 

 

 

 

 

 

 


なんて難しいことなんだろう

 

 

 

 

 

 

どれだけ外側に振り回されてきたんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとスタートラインに立ったのかもしれない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

振り返ってみると

 

 

 

 


わたしは本当に相手に恵まれてきた

 

 

 

 


ほんとに見る目があると思う

 

 

 

 


誰一人わたしに何かになれとは求めなかったし

 

 

 

わたしのままをただただ愛してくれてた

 

 

 

 


そんな中で

 

 

 

 


誰に求められるでもないのに

 

 

 

 


わたしが1人

 

 

 

 


わたしを見失って

 

 

 

 


1人で右往左往してきたんだなと思った

 

 

 

 

 

 

わたしは

 

 

 

あなたという人間を知りたかった

 

 

 

あなたと手が繋ぎたかった

 

 

 

あなたとキスがしたかった

 

 

 

あなたの掌を全身で感じたかった

 

 

 

 


That’s all  だったんだ

 

 

 

 

 

 

 


これまでのみなさん

 

 

 

 


茉優

 

 

 

 

 

 

 


ありがとう

 

 

 

ごめんなさい

 

 

 

ゆるしてください

 

 

 

愛しています