おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

美しさ

男でもさ

男らしさにしばられて心地悪い人がいて

 


女でもさ

女らしさにしばられて心地悪い人もいて

 


トランスジェエンダーだって

トランスジェンダーらしさにしばられて心地悪い人がいる

 

 

 

性別の間をふらふらしてきて思うことはさ

 

 

 

女になっても

男になっても

トランスジェンダーになっても

 


心地よくはならなかったわけよ

 

 

 

 

 

 

 


今はさ

 


なんか心地いいよ

 


心地いいというか

 


自分の性別が何であるかってことに

 


意識が向くことがないよね

 

 

 

 


人に会ってさ

 


その人のなおっちの性別への捉え方と

 


出会うことはあるけどさ

 

 

 

そうなんだ、あなたにはそう見えるんだねってさ

 

 

 

それだけだよね

 

 

 

『わたしはあなたみたいな人のことを認めてるよ』とか言われた時にはさ

 

 

 

ああ、この人は

男か女かはっきりできない性別を“認めるべき対象”と思ってるんだなぁって思う

 


なおっちを最初女だと思って、後で謝る人もいれば

 


なおっちを最初男だと思って、後で謝る人もいたりして

 

 

 

なおっちはさ、

 


謝られるとちょっと困っちゃってる

 

 

 

だって

 


こころを痛めていないからさ

 

 

 

あとはさ、

 

 

 

人には分からない大変な思いしたきたんだろうねって

 


すごく親身になってくれる人もいるんだけどさ

 

 

 

気持ちは嬉しいんだけど

 

 

 

 


それはさ

 

 

 

 


きっと人間全員その人にしか分からない大変な思いしてきてると思うんだけどなぁって

 

 

 

そんな感じになるんだよな

 

 

 

うーん

 

 

 

何が言いたいのかな

 

 

 

なんでなおっちが楽になったか だな

 

 

 

なんでだろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

性別だけじゃないんだよな

 

 

 

年齢とかさ

 

 

 

 

持ってるお金とかさ

 

 

 

 


職業とかさ

 

 

 

 

持ってるスキルとかさ

 

 

 

 

容姿とかさ

 

 

 

 

 

 

 

なんかヨノナカ的に

 

 

 

評価の基準として

 

 

 

 


重要とされているものに

 

 

 

 

 

 

 


振り回されているときはさ

 

 

 

 


苦しかったんだよ

 

 

 

 


ホントのホントはそれほどいいと思ってないこともさ

 

 

 

 


なんかみんなが“それがいい”って空気だとさ

 

 

 

 


なおっちもその基準で生きないとって気がしちゃったのかな

 

 

 

 


でもさ

 

 

 

 


本当の美しさってさ

 

 

 

 


それらの基準の上にはなくてさ

 

 

 

 


実は、それはずーーーーーーっと知ってたよね

 

 

 

 

 

 

ヨノナカ的に成功している人でも

 

 

 

美しい人もいれば

 

 

 

美しくない人もいるよね

 

 

 

 

 

 

 


ヨノナカ的なヤツをぜーんぶ取り払っても

 

 

 

美しいもんは美しいよね

 

 

 

だって赤ちゃんって全員美しいもん

 

 

 

 


こんな闇だらけの地球で

 

 

 

そんな美しさを見かける瞬間に

 

 

 

 


なおっちは

 

 

 

泣いちゃうんだ

 

 

 

 

 

 

なおっちが

 

 

 

なおっちの中の

 

 

 

醜さを

 

 

 

抱きしめるのがとっても下手くそなのは

 

 

 

 


そんな美しさが

 

 

 

 


大好きだからなんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さっきね

 

 

 

コメダに入ろうとしたら

 

 

 

 


ちょうど出てこようとするおばあちゃんがいたからさ

 

 

 

 


ドアを引いて待ってたんだ

 

 

 

 


そしたらさ

 

 

 

 


おばあちゃん、なおっちの目を見てさ

 

 

 

嬉しそうに

 

 

 

何度もありがとうって言ったんだ

 

 

 

その姿が美しくてさ

 

 

 

なおっち、なんか、泣きそうになったよ

 

 

 

そんな風に感じられる

 

 

 

なおっちを何より嬉しく思うんだ

 

 

 

ずっと守りたかったんだ

 

 

 

 

 

 

 


そうか

 

 

 

 


そうだったのか

 

 

 

 

 

 

自分の中の醜さを知るたびに

 

 

 

 


自分の中の美しさを

 

 

 

 


表現することに

 

 

 

 

 

 

罪悪感を抱いてきたんだ

 

 

 

 


偽善者みたいに思えてさ

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうか

 

 

 

性別が何であるかって

 

 

本当の美しさにとって

 

 

どうでもいいことなんだ

 

 

 

 

そう思い出していく中で

 

 

楽になっていったんだ

 

 

 

 

 

 

 

たぶん

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20191207161105j:image