おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

自分を生きてこそ

自分を生ききれていないとね、好きな人と一緒にいても幸せを感じきれない

 

 

自分の体を愛せていないとね、愛する人からの愛を体を通して受け取ることができない

 

 

自分を生きていないとね、好きな人と一緒にいたいって気持ちすら、ただの逃げかもしれないなんて思ったりする

 

 

どんなに愛する人でもね、私を生きてはくれなくて、

私の全てを引き受けることができるのは世界で唯ひとり、私だけ。

あまりにもきっっついと近しいあの人に少し手伝ってもらいたくなるんだけど、

本当の意味ではソレは不可能。

 

 

私が私を引き受けた時、私はあなたと本当の意味で愛し合える。

 

一点の曇りなく、あなたと生きていきたいと胸を張って言える。

 

 

今の私は曇る。

 

今の私は濁る。

 

 

今の私はブレる。

 

 

 

 

 

ぜんぜん私を生き切っていないから。。