おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

セックスと私という人間

私という人間

 

魂部分とエゴ部分どちらもあって私

 

私はエゴの部分を幻想とか呼ぶことがあるけど

 

そこにはうっすらエゴの部分を否定したい空気が流れてて

 

抱きしめづらいから

 

アナって呼ぶことにしよう

 

じゃあ、本質の部分はどうしようかな

 

タマシイでいいか

 

 

 

アナの導きによって、タマシイの道を生きる。

 

それが私という人間の人生

 

今はそんな風に思う

 

 

 

さて

 

 

私にとってのどでかいアナのはなし

 

 

それはね、セックスのことなんだ

 

 

“男女(おとこおんな)のクセに感じてるなんて気持ちわりーな、お前”

 

“いつもは男ぶってるくせに、こいつ俺たちに犯されてこんなに濡れてるぜ”

 

 

“こんな醜い身体して感じてんじゃねーよ”

 

 

どこで見たシーンなのか分からないけど、

 

こんな矢がいつも私に向いている

 

 

ずんぐりむっくりで

 

手足が短く

 

くびれのない体

 

女にしては毛が濃くて

 

乳首や乳輪はぼやぁっと広がり

 

おっぱい自体は不恰好に切り取ってある

 

 

 

そんな私は、男からも女からもセックスの対象になりえない

 

 

感じてはいけない体、人

 

 

感じたいと思ってはならない体、人

 

 

 

そんな風に強く強く思っている私がいる

 

 

 

小学校で胸が膨らみ始めて以来

私の体そのままを受け入れられずに生きてきた私がいるけど

 

 

自然の中で裸になったとき、私は私の体をすっと軽く受け入れられた

 

いろんな裸と素敵な時間が過ごせた 

 

 

 

でもね

 

 

セックスが絡むとダメみたい

 

あとは男として女としてセックスアピールし合うことの多い世界に身を置くとき

 

私は一気に居場所を失う感覚になる

 

 

男と女が求め合い惹かれ合い

 

 

繰り広げられる恋の世界?

 

 

愛の世界?

 

 

テラスハウス?とか??

 

 

 

すごい嫌悪してる自分がいるんだ

 

 

絶対私は仲間に入れてもらえないと思うから

 

 

その世界を否定することでしか立っていられないんだ

 

 

 

 

 

結構イタイね

 

惨めだね

 

 

でも、

 

これが私の大切なアナなんだね

 

 

 

長いことジタバタジタバタしてきたけど

 

 

 

ようやくアナの輪郭がハッキリしてきて

 

 

 

そのアナが

 

 

茉優とのまぐあいにとっての

 

 

つっかかりになってるんだなってことも

 

 

明らかになってきた

 

 

 

 

 

 

こんなに痛いんだもん

 

 

そりゃあ、逃げ回って当然だわ

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく新たな一歩を踏み出せたね

 

 

おめでとう 私

 

 

少しずつ少しずつ

 

 

アナをそのままに感じていけたらいいね