おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

私を愛することを思い出して

知らず知らずのうちに

私は私の価値を貶めている

 

誰かを喜ばせるために

誰かを悲しませないために

誰かにガッガリされないために

私を満たすことを犠牲にして

動いている

 

誰にも頼まれていない

私が勝手にやって

勝手に不満を抱いている

 

 

おちおちしていると

私から私への批判が止まらなくなっている

足りない

まだ足りないと

進んでも進んでも

不足を見る

 

同じように進んでいて

これもできるようになった

あれもできるようになったと

進めたことを

一歩ずつ嬉しがることだってできるのに

 

私は勝手に前者を選び

いつも苦しみの中にいる

後者を選ぶ人を前に

腹をたてる

 

 

 

私には無限大の力があって

私の望むことはなんだってできる

 

そのことを忘れた時

そのことからずっとずっと離れてしまったとき

 

私は命の息吹を失っている

失っているとも気付かずに

 

本当は欲しくもないものを食べたり

本当はしたくもないことをしたり

 

本当にしたいことをしている人にひがんだり

本当に食べたいものを食べている人を羨ましがったり

 

そんなことばかりしている

 

そんな時は

もうどこにも進めないように思う

進みたくなるような道なんてどこにもないように思う

 

 

そんな時は

体が悲鳴をあげはじめる

丸一日だって寝ていたいような気になる

 

 

そうなると

運動したり

食事を改善したり

しなきゃなんて思い始めるけど

 

たいていそんなのは何の意味もない

 

始まりはそこじゃないから

 

 

 

 

私に言おう

 

もし私の命が枯れそうだって気付いたら

運良く気付くことができたら

 

とりあえずスマホから離れよう

いっぷんでいいから

リラックスできる場所を整えて

リラックスできる姿勢で

黙ってじっと耳をすませてみよう

私の中に

 

 

私は今何を感じてる?

 

正しいも間違ってるもない

 

 

私は今何を感じてる?

 

 

かっこいいもカッコ悪いもない

 

 

私は今何を感じてる?

 

 

 

 

 

 

テレビやスマホに逃げ込んでからの時間が

長くなればなるだけ

 

 

 

じっとするのは難しくなるはず

 

 

 

 

それでもそこにしか

出口はないよ

 

 

私の中に

ちいちゃくちいちゃく

縮こまっちゃってる

小さな私を

 

 

ゆっくりゆっくりふやかして

息を吹き返させてあげるには

 

そうするしかないんだよ