おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

わたし視点

わたし視点。。

 

 

 

とるに足らないことのように思う。

 

 

敢えて言葉にすることではないように思う。

 

 

 

だけど、茉優の言葉を聞いていると、

 

 

 

もしかしたら“せっくす”の間のわたしの見る世界というのは

 

 

 

わたしならではのなのかもしれない、

 

 

 

 

そう思った。

 

 

 

わたしには性的興奮というのがほぼない。

 

 

 

パートナーの茉優のことが好きだし

 

 

 

 

愛しいと思う瞬間も

 

 

 

 

かけがえがないと思う瞬間も

 

 

 

 

その手に触れたくなる時も

 

  

 

その体とくっつきたくなる時も

 

 

 

 

キスしたくなる時も

 

 

 

 

たくさんあるけど

 

 

 

 

茉優の身体にそそられるということはない。

 

 

 

 

わたしが茉優と“せっくす”をしようと思う時、

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

“あ、今ならできる”と思える時。

 

 

 

 

 

いつもいつもできたらいいのだけれども、

 

 

 

 

 

だって、

 

 

 

 

 

 

その時の茉優の顔ったら

 

 

 

 

 

 

赤みを帯びて

 

 

 

 

 

目は潤んで

 

 

 

 

 

私にしがみつくように

 

 

 

 

 

それはそれは愛しさ溢れる姿になるから。

 

 

 

 

 

だけどね、

 

 

 

 

私が気持ちよくなるわけではないから、

 

 

 

 

私の気が向かないと

 

 

 

 

なかなかしたいと思えない。

 

 

 

 

私自身が性的に満たされづらい体をしているから、

 

 

 

 

 

“茉優だけズルイ”という謎の損得勘定が邪魔をすることも多い

 

 

 

 

 

だから、

 

 

 

 

 

そんな全てを退けて

 

 

 

 

 

“あ、今できる”と思える時、

 

 

 

 

 

私は、そう思える私が嬉しい。

 

 

 

 

 

今回も、

 

 

 

ゴハンを食べ終わってまったりタイム、

 

 

 

 

少し飲んだ赤ワインにも背中を押されて、

 

 

 

 

 

“舐めようか?”そう言った。

 

 

 

茉優はなんだか少し恥ずかしそうに、

 

 

 

 

おしっこしたいと言ってトイレに行く。

 

 

 

 

 

せっかくのチャンスが通り過ぎて、

 

 

 

もうしぼんじゃったかなと思ったけれど、

 

 

 

 

 

茉優が戻ってからも、まだその気が残ってた。

 

 

 

 

 

ズボンを脱がせて、

 

 

 

こまゆと対面。

 

 

 

 

 

こまゆに“久しぶり”とかなんとか言いながら、

 

 

 

 

少し赤くぷくっと膨らんだこまゆを舐め始める。

 

 

 

興奮はしてない。

 

 

 

 

色っぽい気持ちもほとんどない。

 

 

 

でも、

 

 

 

舐められるってこと自体で

 

 

 

 

嬉しそうな茉優の顔が嬉しい。

 

 

 

 

 

なかなか“その気”にならなくてゴメンって気持ちは

 

 

 

 

私のどこかにいつもあるから

 

 

 

 

茉優を嬉しそうに出来ることが

 

 

 

 

嬉しくもある。

 

 

 

 

舐めている間、

 

 

 

中々忙しく思考も働く。

 

 

 

 

私自身が興奮したり、うっとりしていないことに

 

 

 

 

劣等感的なモノを抱くことも度々。

 

 

 

 

だけど、そんな思考の合間合間、

 

 

 

私の舌に呼応して動く茉優の体のあちらこちらに嬉しくなる。

 

 

 

愛おしそうに私のおでこを触ったり

 

 

 

腕を掴んだり

 

 

 

私の体のどこかしらをスリスリしようとする茉優から

 

 

喜びを、私への想いを感じる。

 

 

 

舐めながら、

 

 

 

茉優の胸を

 

 

 

あばらを

 

 

 

 お腹を

 

 

 

 

お尻を

 

 

 

 

太ももを

 

 

 

 

スリスリする。

 

 

 

 

 

なんだか

 

 

 

 

舐めているだけでは伝わらない何かが

 

 

 

 

そうしたら届けられるような気がして。

 

 

 

それに応えるように

 

 

 

乳首がぷくっとなったり

 

 

 

少し感じの違う声が聞こえてきたり

 

 

 

私の腕をギューっと掴む手に力がこもったりすると

 

 

 

ああ、届いてるんだなぁと

 

 

 

嬉しくなる

 

 

 

 

 

私の体は1つも満たされた自覚はないけれど

 

 

 

 

私の心は

 

 

 

ふわぁっとあたたくなる。

 

 

 

 

それでもわたしは、

 

 

 

 

 

わたしに不満が尽きない。

 

 

 

 

無我夢中の夢の世界にいられないこと

 

 

 

 

体を満たし合えないこと

 

 

 

 

興奮や欲情ができないこと

 

 

 

 

茉優にはそのどれ一つとして求められることはないのに

 

 

 

 

わたしがわたしに不満だ

 

 

 

 

 

茉優の中に指を入れる

 

 

 

愛液がたくさんだと嬉しくなる

 

 

 

中に入る

 

 

 

 

私の指はペニスほど神経細やかではない

 

 

 

 

調子がいいと

 

 

 

その収縮や

 

 

 

 

血管の鼓動を感じられるけれど

 

 

 

 

動かすことに必死なことだって多い。

 

 

 

 

 

夢中になれず、疲れてきたかもと思ってしまう私にがっかりしたりもする

 

 

 

 

 

だけど、動かし続ける

 

 

 

 

思考の合間合間に

 

 

 

 

喜びに震える茉優に気付く

 

 

 

 

 

そう気付けた時

 

 

 

空いている手で

 

 

 

アチコチをスリスリしたくなる。

 

 

 

 

私はあなたを気持ちよくしたい。

 

 

 

私はあなたが嬉しそうで嬉しい。

 

 

 

 

私はあなたの体を愛している。

 

 

 

様々なことが不器用で

 

 

 

上手に届けることができないでいるけど

 

 

 

 

どうか届いて欲しい。

 

 

 

 

喜びに震えるあなたを

 

 

 

 

 

私はいつも見たいんだって。

 

 

 

 

そんな感じになる。

 

 

 

 

そんな感覚になると大体、

 

 

 

 

茉優は泣き出す。

 

 

 

 

嬉しそうに

 

 

 

 

恥ずかしそうに

 

 

 

 

顔をくしゃくしゃにして

 

 

 

感じながら

 

 

 

 

泣く。

 

 

 

その姿はなんとも愛おしい。

 

 

 

 

愛おしくて、いつも笑ってしまう。

 

 

 

茉優が言った。

 

 

 

 

“直が指を動かすたびに、子宮が直でいっぱいになっていくみたい”

 

 

 

そう、何かに満ち満ちた様子で

 

 

 

 

はにかむ。

 

 

 

 

 

わたしには

 

 

 

 

様々な思考が

 

 

 

 

お供しているから

 

 

 

 

 

 

その感覚にギャップを覚える。

 

 

 

 

 

そんな風に感じてくれてたんだ…

 

 

 

ってなる。

 

 

 

 

いつもそう。

 

 

 

 

茉優は受け取った何かでヒタヒタになるけど、

 

 

 

 

 

私はヒタヒタにするほどの何かを

届けられた感覚を持ち切らない

 

 

 

 

 

 

茉優は言う

 

 

 

 

 

今の直で

 

 

 

 

 

直のする全てで

 

 

 

 

 

パーフェクトなのに。って。

 

 

 

 

 

 

そんな風に言われて

 

 

 

 

鼻が高いかんじもあり

 

 

 

 

わたしの自覚と大分離れていて、なんだかなぁという感じもあり

 

 

 

満足そうな

 

 

幸せそうな茉優と

 

 

 

 

微妙なわたし

 

 

 

 

という感じに

 

 

 

 

いつもなる。