おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

よくやってしまう茉優への責任転嫁

 


私に起こる問題は私が責任を持つ

 

 

 

 


そのスタンスが

 


私を導く

 

 

 

私に起こる感情は全て

 


私にとっての

 


最大のヒント

 

 

 

 

 

 

 


あまりにその感情が鋭く

 

 

 

深く

 

 

 

受け止めきれないように思える時

 

 

 

 

 

 

茉優に寄り添ってもらいたくなる

 

 

 

 


私が思うようなやり方で

 

 

 

 


けれどもソレは決して叶わない

 

 

 

 


だって彼女は私ではないから

 

 

 

 


特に

 

 

 

 


人の心に寄り添うのがとても上手な彼女だけれど

 

 

 

恋人に対してだけは違うのだから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな場面に出会うとき

 

 

 

いつも彼女への

 

 

 

どうして?や

 

 

 

もっとこうしてよ

 

 

 

 


に飲み込まれる

 

 

 

 


元々の問題は

 

 

 

うやむやになり

 

 

 

彼女への怒りにかき消される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなとき私は

 

 

 

 


もはや

 

 

 

 

 

 

寄り添うことを求めてなどいない

 

 

 

 

 

 

私のこの感情の責任を

 

 

 

 


茉優に取らせたがり始めている

 

 

 

 

 

 

けして不可能なことを

 

 

 

 


目指して

 

 

 

 

 

 

私は私を苦しめる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ。

 

 

 

 

 

 

 


引き受けよう。

 

 

 

 

 

 

 


私の感情の全てを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私が私に寄り添おう。

 

 

 

 

 

 

私は私を愛している。

 

 

 

 

 

 

 


私は私の体を愛している。

 

 

 

 

 

 

 


大丈夫。