おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

“仲間以外は全部敵”になりがちな私の色眼鏡

道の駅で車中泊

 


ハッチを開けて寝ていたら

 

 

 

突然懐中電灯で照らされて

 

 

 

誰かに話しかけられた。

 

 

 

警察官2人組。

 

 

 

 


怖かった

 

 

 

心臓はビクッとなったし

 

 

 

寝ているところをそんな起こし方をされて

 

 

 

ムカついた

 

 

 

 

 

 

 


ハッチがあいていて気になったから

声をかけたとのこと。、

 

 

 

 


でもさ、

 

 

 

 


警察官って何か怖いから

 

 

 

 


もうほっといて欲しかったけど

 

 

 

 

 

 

身分証の提示を求められて

 

 

 

 


嫌とも言えず

 

 

 

 


出してる自分。

 

 

 

 

 

 

胸糞悪い。

 

 

 

 

 

 

言葉の間を埋めるために

 

 

 

 


妙に愛想よく

 

 

 

 


私たちを思いやるかのような

 

 

 

 


言葉を続ける警察官

 

 

 

 

 

 

もういいから、ほっといて早く去って欲しいのに

 

 

 

 

 

 

 


ソレでも愛想笑いしようとする私の顔

 

 

 

 

 

 

ムカつく

 

 

 

 

 

 

中学校の時の担任を思い出した

 

 

 

 

 

 

バレー部顧問の体育の先生

 

 

 

 

 

 

ものすごい熱血で声のでかい

彼の正しさ以外は受け付けない人

 

 

 

 

 

 

私は気に入られてた

 


  

 


でも

 

 

 

 

 

 

納得できないこと沢山あった

 

 

 

 


理不尽に怒られて言い返したいこと沢山あった

 

 

 

 

 

 

間違ってると思う

そう言えたらって心の中で練習したこと

何度もあった

 

 

 

 


だけど

 

 

 

一度も出来なかった

 

 

 

 

 

 

怒られるの

 

 

 

 


彼の正しさから外れて居心地悪くなるの

 

 

 

 


みんなの前で泣いてしまうの

 

 

 

 

 

 

怖かった

 

 

 

 

 

 

 


だから

 

 

 

 

 

 

愛想笑い

 

 

 

 

 

 

 


最高にカッコ悪い

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


そうやって私は彼のお気に入りの生徒の1人だった

 

 

 

 

 

 

 


その時感じたのと

 

 

 

 

 

 

似てた

 

 

 

 

 

 

私の中で起きてること

 

 

 

 


必死で表に出ないように頑張る

 

 

 

 

 

 

強いもの

 

 

 

 


権力

 

 

 

 

 

 

に抗えない私

 

 

 

 

 

 

見たい理想があっても

 

 

 

 

 

 

闘えない私

 

 

 

 

 

 

ただ寝てるだけなんで、もう寝かせて下さい

 

 

 

何のために身分証見せるんですか?

 

 

 

 

 

 

言えたらよかったな

 

 

 

 

 

 

出来なかった

 

 

 

 

 

 

 


できるようになる気がしないな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なんかさ

 

 

 

 

 

 

スッと泣けるようになれたらいいのかも

 

 

 

 

 

 

強くなるんじゃなくて

 

 

 

 

 

 

弱さを隠さずにいられるようになれたらさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それからそれから

 

 

 

警察とか、警察官とかって

 

 

 

 

 

 

 


笑って済ましてくれない

 

 

 

 

 

 

正義を装った

 

 

 

 

 

 

圧倒的な敵

 

 

 

 

 

 

 


みたいに思ってる自分がいるんだよね

 

 

 

 

 

 

 


小さい頃行った赤旗まつり(日本共産党のお祭り)

 

 

 

 

 

 

私を愛してくれる両親

 

 

 

 


同じようにあたたかく愛を感じる党員や参加者の人たち

 

 

 

そして理想の世界を目指して

 

 

 

正しい活動をしている人たち

(私にはそう見えた)

 

 

 

 


その祭りの輪の外を

 

 

 

 


グルリと囲んで警察官が

 

 

 

 


配置されてた

 

 

 

 


私は

 

 

 

 

 

 

監視されてる

 

 

 

 

 

 

冷たい雰囲気を感じた

 

 

 

 


守られてるわけではないと

 

 

 

思った

 

 

 

 

 

 

警察官って

 

 

 

正義の味方って思ってた

 

 

 

 


悪には厳しいけど

 

 

 

それ以外には優しくて強いって

 

 

 

信じてた

 

 

 

 


だから

 

 

 

 


どうにも消化不能な現実だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その周りを右翼の街宣車

 

 

 

 


共産党のことを

 

 

 

 


罵倒しながら

 

 

 

 


周回してた

 

 

 

 


なんだか

 

 

 

 


憎しみや

 

 

 

 


蔑みや

 

 

 

時には嘲笑もあり

 

 

 

 


怒りさえそこにはあった

 

 

 

 

 

 

警察官がその人たちから私たちを守ってくれてるって感じられたら

もう少しマシだったな

 

 

 

 


でも違った

 

 

 

 

 

 

総理の選挙演説でヤジを飛ばした人を排除する警察官

 

 

 

辺野古で座り込みをする人を力ずくで引きずり出そうとする警察官

 

 

 

 


正しいとは思えないけど

圧倒的に権力と強制力を持つ警察官は

 


最も力を持って私たちを脅かす存在にすら思えたりする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あの時の

 

 

 

 


赤旗まつりで見た

 

 

 

 

 

 

カオス

 

 

 

 

 

 

 


が私を作った

 

 

 

 

 

 

 


仲間以外は敵

 

 

 

 


警察官も敵

 

 

 

 

 

 

 


本当の正しさは

 

 

 

 

 

 

虐げられる

 

 

 

 

 

 

この世は

 

 

 

 


けして

 

 

 

 

 

 

愛や思いやりでなんか出来ていない

 

 

 

 


一歩安心の場から出た途端

 

 

 

 


そこには恐ろしい世界がある

 

 

 

守られることはない

 

 

 

 

 

 

そんな風に世界を見る私がいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね真実は知ってる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


立場を超えて

 

 

 

意見を超えて

 

 

 

 


それぞれの正しさを超えて

 

 

 

 


愛と思いやりで

 

 

 

全員があれるはずなんだ

 

 

 

 

 

 

誰かをやっつけないで

 

 

 

みんながハッピーであれるはずなんだ

 

 

 

 

 

 

そんな私の深いところにある確信と

 

 

 

 

 

 

 


どうにも折り合わない現実に

 

 

 

 


たくさんたくさん出会ってきた

 

 

 

 

 

 

人が集団になり

 


柔らかさを失って

 

 

 

声高に叫ばれるモノは

 

 

 

 


一人一人が持つ

 

 

 

愛や想いを

 

 

 

 


分厚く覆い隠す

 

 

 

 


そこにあまりにハマり込んだら

 

 

 

本来の一個人としての考えや想いには

 

 

 

 


アクセスすらできなくなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普遍的な正しさなんてない

 

 

 

 


それぞれにそれぞれの正しさがあるだけ

 

 

 

 


ようやく分かってきたけど

 

 

 

 

 

 

 


その上で

 

 

 

 

 

 

誰もないがしろにせずに

 

 

 

 


みんなが愛で繋がる世界を

 

 

 

 


私は見たい

 

 

 

 

 

 

 


あの祭りとは

 

 

 

 

 

 

正反対の

 

 

 

 

 

 

 


祭りがしたい

 

 

 

 

 

 

 


今この胸にあるつっかかり

 

 

 

 

 

 

重さ

 

 

 

 

 

 

 


硬さ

 

 

 

 

 

 

 


風通しの悪さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私は私の中から

 

 

 

 

 

 

 


コレを

 

 

 

 

 

 

昇華させていこう

 

 

 

 

 

 

 


私には

 

 

 

 

 

 

 


それしかできない

 

 

 

 

 

 

 


それができる全て

 

 

 

 

 

 

 


今日のこの出来事よ

 

 

 

 

 

 

 


私の昇華に繋がれ