おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

ゲップ

自分の時間が少なすぎる

 

自分だけの時間が

 

 

 

 

 

 

 

 

自分だけの言葉が少なすぎる

 

 

いつでも

 

 

 

これを読む誰かのことが気にかかる

 

 

 

 

 

 

喜びも

 

悲しみも

 

 

怒りも

 

 

 

好奇心も

 

 

 

熱意も

 

 

 

 

 

ワクワクも

 

 

 

 

 

 

ただそれだけでいられない

 

 

 

 

 

 

それに対して相手がどういう反応をするか

 

 

 

 

 

茉優をどんな気持ちにさせるか

 

 

 

 

 

 

その呪縛から逃れられない

 

 

 

 

 

 

 

1人にされたくない

 

 

 

 

 

 

泳げない

 

 

 

 

 

寒くなるから早く上がりたい

 

 

 

制限が嫌い

 

 

 

 

 

よく耳が聞こえない

 

 

 

 

 

言葉が嫌い

 

 

 

 

 

私にだけ言えないことが沢山ある

 

 

 

 

 

 

すごく言葉足らずで思いやりのない言葉になる私に対してだけ

 

 

 

 

 

眠かったらイラついてまともに話にならない

 

 

 

 

直がするからする、直がしないからしない

 

 

 

 

 

セックスが好き

気持ちよくなりたい

 

 

 

 

あまり自分からは気持ちよくさせたいとは思わない

 

 

 

すぐ疲れる

 

 

 

 

うちのお父さんが苦手

 

 

 

お母さんにも気を許し切らない

 

 

 

 

 

 

 

切れるとモノに当たる

 

 

 

 

お前って言う

 

 

 

気持ち悪いっていう

 

 

 

 

 

私のせいで1人の時のような行動力が発揮できないと苛立つ

 

 

 

 

疲れたら運転が急激に雑で危なっかしくなる

 

 

 

元気が無くなったら顔や態度や空気にもろに出る

 

 

 

 

 

「勝手に決めつけんな」って言う

言葉が足りたいからこっちが想像で補って言葉にするしかないだろ

 

 

 

 

 

 

何がトラウマだ

 

 

 

 

 

何がフェイドアウト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたにこの世で1番雑に扱われてるのは他でもないこの私だ

 

 

 

 

 

だけど、一緒に生きようって言う意思が消せない

 

 

 

 

だから、のたうちまわる

 

 

 

 

 

苦しくて苦しくて

 

 

 

 

 

 

茉優に早くその呪いから抜けてくれと

 

 

 

 

 

 

求めてしまう

 

 

 

 

 

 

もとめればもとめるだけ

 

 

 

 

頑なに扉を閉ざされる

 

 

 

 

 

あなたの心の中にある

 

 

 

大事な思いを

 

 

 

 

私が聞きたくて

 

 

 

知りたくて

 

 

 

 

たまらない“何か”を

 

 

 

ぽんっと言葉にするのが

 

 

 

 

どうしてそんなに難しいのか

 

 

 

 

 

私には理解しようがない

 

 

 

 

 

実感を持ってはイメージできない

 

 

 

 

だから

 

 

 

 

 

私を痛めつける言葉を選ぶあなたに

 

 

 

 

ウンザリする

 

 

 

 

 

 

かけがえがないとか

 

 

 

特別な人とか

 

 

 

愛してるとか

 

 

 

 

 

そんな言葉を言う人が

 

 

 

 

 

 

その同じ口で

 

 

 

 

 

私を粗末にするような言葉を投げてくる

 

 

 

 

それがどんな気持ちのすることなのか

 

 

 

 

 

 

それだって

 

 

 

 

あなたには想像がつかないのかもね

 

 

 

 

 

 

お互い様だね

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの不幸せを私と結びつけてしまう

 

 

 

 

私の癖のせいで

 

 

 

 

 

私は余計に痛いのかもね

 

 

 

 

 

 

 

私がどう生きるかなんかにかかわらず、

 

 

 

 

勝手に幸せであってくれよ

 

 

 

 

頼むよ