おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

茉優が初めて痛いと言った日

今日茉優のおちょんちょんを触った

 


茉優が痛いと言った

 


茉優が泣いた

 

ソコに愛があるのに

 


ソレを感じているのに

 


痛みを感じてしまうことが悲しい

 


ソレを私に伝えなきゃいけないことが悲しい

 


伝えられた私の悲しそうな顔を見るのが悲しい

 

 

 

いつもの私のよう。。。

 

 

 

 


私の触り方の問題?

 


私の在り方の問題?

 


茉優のそれら?

 

 

 

 


ああ、まだこんなとこにいる。

 

 

 

ああ、ついに私→茉優の扉も閉ざされた

 

 

 

やっぱり私と茉優じゃダメなの?

 

 

 

昔のワンナイトでは痛かったことなんてなかったのに、よりによって対私でこうなるなんて。

 

 

 

 


そんな考えに次々と襲われる

 

 

 

 


ああ、もう触れるのが怖い

 

 

 

触れられるののハードルが高かったのに加えて

 

 

 

触れるのまで

 

 

 

 


もう、触るの躊躇うよ

 

 

 

 

 

 

一旦、そんな風に言った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、思い直した

 

 

 

失敗しても

 


傷付いても

 


悲しくても

 

 

 

トライし続けよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私と茉優の可能性を疑うクセストップ

 

 

 

傷付くからって放り出すクセストップ

 

 

 

くり抜いて傷付くクセストップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優が対私で初めて痛みを感じたのは

 

 

 

 


私とので初めて

 

 

 

無理に濡らさなくていい安心を感じてるから

 

 

 

 


私たちが濁りない営みに不要な全てを手放していくのに必要だから

 

 

 

そう思えた

 

 

 

 

 

 

茉優が痛いと言えたこと

 

 

 

それは勇気の結果

 

 

 

私たちの前進

 

 

 

茉優に言われて

 

 

 

私の思考を訂正

 

 

 

 

 

 

まぐあいにおいて

 

 

 

 


私はお手上げ状態で

 

 

 

途方に暮れているけれど

 

 

 

 

 

 

それでも信じよう

 

 

 

 

 

 

私でも

 

 

 

 


私だから

 

 

 

 


私と茉優で

 

 

 

 


私と茉優だから

 

 

 

 

 

 

深く深く

 

 

 

 

 

 

果てしなく深く

 

 

 

 

 

 

繋がれる

 

 

 

 

 

 

 


その世界を見られるって