おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

悲劇の舞台が好きだった ようです

新潟で1人。

 


強い日差しを避けて

公園のなんかの建物の裏の芝生に座って

1人茉優の帰りを待つ。

 

 

 

新潟に来てどれくらい経つだろう。

 

 

 

やることもない。

自然もなく居場所もない。

私は未だシズエさんに会う気にはなれないでいる。

ただ茉優がシズエさんに会いたい時に会えるように、

ココにいる。

 

 

 

想像以上にシンドイ時間。

 

 

 

 


私は何のためにココにいるんだろう?

 


私が私を粗末にしているような気がする。

 

 

 

何度となくそんな自問の渦にのまれる。

 

 

 

でも、

何だか知らないけど、

茉優と共にココにいること

 

 

 

何度考え直しても

 

 

 

ソコにしか辿り着けないから、

 

 

 

 


なお苦しい。

 

 

 

 


シズエさんに手紙を書けた

 

 

 

 


シズエさんの思いや私への“ゴメンね”もボイスメモで聞けた

 

 

 

 


シズエさんは私に会いたいと言う

 

 

 

 


会って謝りたい

 


茉優のことをよろしくと伝えたい

 

 

 

 


新潟に着いたその日から

 

 

 

何度となく茉優を通して私に届けられた言葉

 

 

 

だけど途中で落とされる爆弾

 

 

 

“占いの人が茉優となおは続かないよって言ってくれて、だからその日が来るのを今か今かと楽しみにしてたんさ”

 

 

 

一度は思い切って開いてみようとした心も

 

 

 

もう一度かたく閉ざす

 

 

 

 


そして今日

 

 

 

私の手紙を読んで流されたシズエさんの涙

 

 

 

きっと心からこぼれ落ちた言葉

 

 

 

 


ボイスメモで茉優から届いた

 

 

 

 

 

 

今度は信じてもいいかもしれない

 

 

 

そんな風に感じてる

 

 

 

最初からずっとずっと私の中にも

 

 

 

シズエさんの中にもあった

 

 

 

確かな何かを交わせる時がきているかもしれない

 

 

 

そんな風に思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私は新潟にいる間中ずっと

 

 

 

シズエさんに会いたいと思えないでいる

私を

 


許し続けてきた

 

 

 

“会わないとココにいる意味は終わらない”

“会わないで亡くなってしまったら気持ち悪すぎる”

“会うことで、茉優や茉優のお母さんやシズエさんや私、全ての人にとって大切な何かが生まれる”

 


会う理由はたくさん思い浮かんだ

 

 

 

ただ唯一

 

 

 

私の心が“嫌だ”と言った

 

 

 

そんなスマートにはなれない

 

 

 

そんないい人にはなりたくない

 

 

 

会っても心のつっかえは消えない

 

 

 

そんな声を拾い続けた

 

 

 

会えない自分

 

 

 

会わない自分を

 

 

 

責めそうになる自分を

 

 

 

どうにか手放しながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと会うだろう

 

 

 

きっとハグして泣くんだろう

 

 

 

 


ココに着いた時から

 

 

 

そんな時が来るのを知っているような気がしてる

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

 

まだなんだ

 

 

 

 


  許したくない私を

 

 

 

 


今私は大切にしたいんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何でゆるしたくないんだろう…

 

 

 

許したほうが絶対楽なのに。

 

 

 

許した時に見える世界の方が絶対明るいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し暗くて苦しいのを味わいたいのかね、物好きな私は。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【シズエさんへの手紙】

しずえさんへ

 

 

 

 

 

 

あなたにとって

 

 

 

人生で1番ショックだった出来事が

 

 

 

私にとっては

 

 

 

人生で1番かけがえのない出来事でした

 

 

 

 

 

 

 


私の知らないところで放たれていた

 

 

 

あなたの言葉や考えは

 

 

 

 


私にとって

 

 

 

 


人生でトップクラスにショックな出来事でした

 

 

 

 


だって

 

 

 

 


想い合っている相手の

 

 

 

家族に紹介されて

 

 

 

受け入れてもらえる

 

 

 

というのは

 

 

 

 


私の人生で初めての体験で

 

 

 

 


大変な喜びだったから。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとって

 

 

 

 


大好きな人と

 

 

 

 


その家族とオープンに関わることができた

 

 

 

初めての時間

 

 

 

 

 

 

 


あの時間たちは

 

 

 

 

 

 

紛れもなく

 

 

 

 

 

 

 


喜びの記憶だったから

 

 

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

 

あなたの言葉は胸に突き刺さりました

 

 

 

 

 

 

悲しくて悔しくて

 

 

 

 


もうあなたの言動は

 

 

 

 


1つも信じられない

 

 

 

 

 

 

そんな風にすら思えました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私は茉優がどれほどあなたを大切に思っているか知っています

 

 

 

 


私は茉優がどれだけたくさんあなたとのステキな思い出を持っているか、聞いています

 

 

 

今回あなたがガンになり

大きなショックを受けて

あなたへの想いと自らのしたいことの狭間でどれだけ茉優が心を揺らしていたか

も近くで見ていました

 

 

 

 


今までで一度も聞いたことの無いような弱々しいあなたの声を電話越しに聞いて、

とにかく早く駆け付けてハグしたいと言って、泣いた茉優の想いを、

私は抱きしめながら全身で感じました

 

 

 

 

 

 

 


だから、駆け付けました。

 

 

 

私の愛する茉優が心から望んだことだから

 

 

 

その茉優の隣にいることが私のしたいことだから

 

 

 

岡山から、旅では滅多に使わない高速を使って

 


どうにか抗がん剤が始まる前にと

 

 

 

睡眠も削って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優は病室から帰るといつもグッタリしています

 

 

 

私も自然のない市街地で

 

 

 

居場所のなさを感じながら

 

 

 

 


この暑さの中、グッタリしながら車内で茉優を待っています

 

 

 

 

 

 

私の存在を否定するようなことを言われた人のために

いたくもない場所に

歓迎もされない場所に

 

 

 

居続ける私の気持ちをあなたは想像できますか?

 

 

 

あなたの心に寄り添って

 

 

 

手を握り

 

 

 

体をさすり

 

 

 

上っ面でなく

 

 

 

想いを交わして

 

 

 

 


あなたを癒せる唯一の存在である茉優が

 

 

 

 


あなたの元に行けるように

 

 

 

 


あなたの元で心をすり減らして帰ってくる茉優の

 

 

 

支えになれるように

 

 

 

 

 

 

ココに居続けている私の気持ちが

 

 

 

 


あなたにはわかりますか?

 

 

 

 

 

 

 


私には

 

 

 

 


あなたの思いも分かります。

 

 

 

 

 

 

あなたに思い描ける幸せの形が、

 

 

 

 


私たちとは違うだけだと分かっています。

 

 

 

 

 

 

 


だけど、少しは想像してみてほしい。

 

 

 

 


私の気持ちを。

 

 

 

 


茉優の気持ちを。

 

 

 

 

 

 

本当に人と人が愛し合うことが

 

 

 

 

 

 

どれだけ素晴らしいことか

 

 

 

 

 

 

私たちはたくさんたくさん体験してきました。

 

 

 

 

 

 

これから先もそうしていくし、

 

 

 

 


2人の関係を中心に

 

 

 

 


嘘偽りなく

 

 

 

ただ想い合える

 

 

 

そんな人と人との繋がりを作っていきます。

 

 

 

(肚の中と表面が裏腹のあなた達親子のやりとりに茉優はかなり心をすり減らしています)

 

 

 

 

 

 

私と過ごす茉優のあの嬉しそうな顔を

 

 

 

 


私とまぐあう時の茉優のあの幸せそうな顔を

 

 

 

 


私たち2人のことを人に話して聞かせる時の茉優のあの生き生きした顔を

 

 

 

 


あなたに見せられたらいいのに。

 

 

 

 


(あ、あと、本音をぶつけ合って本気でケンカしてるときの茉優の人をも殺しそうな顔も)

 

 

 

 

 

 

常識とか

 

 

 

当たり前とか

 

 

 

世間体とか

 

 

 

 


そういうものに囚われずに

 

 

 

 


あなたが大切に大切に育ててきた茉優が

 

 

 

 


今この時を

 

 

 

どんな表情で生きているのか

 

 

 

 


曇りのない目で

 

 

 

 

 

 

ちゃんと見てあげてほしい

 

 

 

 

 

 

 


あなたが信じる“幸せな人生像”を押し付けることは

 

 

 

 


きっと愛とは少し違うと思う

 

 

 

 

 

 

茉優の選ぶ全てを

 

 

 

 

 

 

あんなにも素敵な茉優の存在そのものを

 

 

 

 

 

 

喜んであげてほしい

 

 

 

 

 

 

 


茉優にとっての真の幸せが何か

 

 

 

 

 

 

あなたにとっての真の幸せが何か

 

 

 

 

 

 

 


ちゃんと見つめようとしてほしい

 

 

 

 


なったことのない人にはけして分からない不安や痛み、孤独、恐怖の中にいるのかなぁと想像するけど、

 


そんな中でも、こうしてガンになってまでシズエさんに合図を送ってくれている

体からのメッセージを

 


真剣に考えたり味わったりするチャンスにしてほしい

 

 

 

 


あなたの中にある本当の心に目を向けてあげてほしい

 

 

 

 

 

 

私はそんな思いです。

 

 

 

 

 

 

 


私はあなたに会いたい気持ち

(過去にあなたからもらった手紙や、交わしたハグから、私は確かに愛を感じたから)

 


 


会いたくない気持ちの

 

 

 

 


間で

 

 

 

 


グルグルグルグルしています。

 

 

 

 

 

 

 


最後に。

 

 

 

 

 

 

たくさん嫌な思いもしてるけど、

 

 

 

 

 

 

私はあなたと出会えてよかったと思ってます。

 

 

 

受け取ったものも沢山あるし、それは例え何を言われたとしても消せはしないもとだと思ってます。

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

この世に生まれてきてくれて。

 

 

 

 


あなたがいたから

 

 

 

 

 

 

私は茉優と出会えた

 

 

 

 

 

 

茉優はこれから、その胸に無限大に持っている愛を

 

 

 

 


多くの人に放っていくと思います

 

 

 

 


私はその茉優に

 

 

 

源となる愛を

 

 

 

 


注ぎ続けます

 

 

 

 

 

 

あなたの思う“幸せ像”が

 

 

 

遥か彼方に霞んでしまうような

 

 

 

 


たくさんの愛に満ち溢れた

 

 

 

 


世界を

 

 

 

2人で作っていきます。

 

 

 

 

 

 

できることなら、

 

 

 

 


生きてその目で確認してほしいです

 

 

 

 

 

 

私たちの幸せっぷりを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はどうやったってあなたの“理想像”には近づけそうもないし、

 


目指したいとも思わないけど、

 

 

 

 

 

 

いつかあなたにそのまんまの私を受け入れてもらえる日が来たら

 

 

 

 

 

 

この上なく嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 


しずえさんが

 


癌になった意味をたくさん噛み締めて、

家族と真の意味でいい時間を過ごして、

自らの心と体を愛し切って、

 


元気な体に戻っていくことを

 


心から祈ってます。

 

 

 

 

 

 

 


愛を込めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて、今読んだらちょっと痛いね

自分の正しさを押し売りしてるみたいで…

 


もうそろそろ悲劇の舞台の主役をやるのは

無理があるようになってきたのかもね。