おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

細かすぎるニーズに律儀に応えていこう。

こうなりたい。

 

 

ってとき。

 

 

 

ソレを目指すと自分に負荷がかかるやつは違う。

 

 

ソレを目指したら、楽になってくやつが、そう。

 

 

 

私が

 

 

私にしか分からない

 

 

 

複雑で

 

 

刹那的で

 

 

 

時にはあやふやで

 

 

つかみどころのない

 

 

 

時に細かすぎる

 

 

私のニーズを

 

 

 

一つ一つ律儀に拾っていくこと。

 

 

 

 

ニーズを認識しきれなかったり、

自覚できなかったり、

 

できても人に伝えることをためらう場合、

 

 

私自身がそのニーズを肯定しきれていない

 

ということ。

 

 

 

 

私のニーズで肯定しなくていいものなんてない。

 

 

全てのニーズにGOサインを。

 

 

私のニーズが寸分違えず満たされるとき、

 

 

宇宙のニーズも完璧に満たされる。

 

 

 

例外なく、

 

 

全ての私の声を、

 

 

聞け。