おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

教科書はいつも私と思い出して!

私が羨ましがるあの人を

 

 

 

追いかけないで

 

 

 

あなたが憧れているのは

 

 

 

やっている内容ではなくて

 

 

 

その在り方

 

 

 

 


何があっても

 

 

 

自らを信じる力

 

 

 

 

 

 

誰よりも自らを愛するところ

 

 

 

 

 

 

 


私は

 

 

 

 

 

 

 


そこに立ちたい

 

 

 

 


ただそれだけ