おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

平成最後の夜に外で寝る羽目になってる私から令和の私へ

私から私へ

 

 

 

 


矢印はいつもココ(胸)

 


矢印はいつも私に向けて

 


最愛の人だって

 


他人

 


私を生きられはしない

 


私を生きられるのは

 


どう転んでも

 


私だけ

 


時には

 


自分で握りしめた手に首を絞められ過ぎて

 


もう終わりにさせたい

 

 

 

なんて思うくらい

 

 

 

どこまでも私を引き受けるのは

 

 

 

 

 

 

 


苦しみも

 

 

 

悲しみも

 

 

 

悔しさも

 

 

 

めんどくささも

 

 

 

 

 

 

全部全部全部全部

 

 

 

 


引き受けられるのは

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

誰かのせいに

 

 

 

 


したくなるさ、そりゃ

 

 

 

 


しょっちゅう

 

 

 

 


だけど、その度に思い出して

 

 

 

 


誰かになすりつけるなんて

 

 

 

 


ふかのう

 

 

 

 


その方向に

 

 

 

 


向かえば向かうだけ

 

 

 

 

 

 

私は

 

 

 

 

 

 

私から

 

 

 

 

 

 

離れてく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しむのも

 

 

 

 

 

 

 


悲しむのも

 

 

 

 

 

 

私が私といればこそ

 

 

 

 

 

 

苦しい時こそ

 

 

 

 

 

 

 


悲しい時こそ

 

 

 

 

 

 

 


思い出して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢印は

 

 

 

 

 

 

いつも

 

 

 

 

 

 

 


私へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何度逃げ出したって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度だって

 

 

 

 

 

 

思い出して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はわたしを愛してる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてさあ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共に

 

 

 

 

 

 

光を浴びよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さようなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


平成の私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おつかれさま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


大変だったね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


愛してるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今までも これからも