おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

死にたくなるほど怒ってる

2019/4/22

怒ってる
モーレツに怒ってる

窓ガラスを突き破ってスマホを投げつけたいほど

ベランダから飛び降りたくなるほど


買ったばかりの車の鍵を出来る限り遠くへ投げつけたくなるほど


投げつけても投げつけても

取り合わず

鼻で笑って

一笑に付して

小馬鹿にして

 

スルーする茉優に

 

怒っている

 


どうにか傷付けたい

 

なんとかして私のこの苦しみをあじわわせたい

 

 

そう思うたび

 

そんなことをしたって

 

私の苦しみには1ミリの影響もないって

 

やるより先に

 

気付いてしまう

 

 

どうやって

 

私は私を満たせばいいか

 


分からない

 


分からないよ!

 

分からないんだよ!!!!!

 

 

 


そうやって

 

 

食べる

 


食べる

 

 


食べる

 

 


もはや美味しいとも感じられなくなっても

 

 


食べる

 

 

食べる

 

 


食べる

 

 


なんなんだ

 

 


なんなんだ

 

 

 

なんなんだ

 

 

 

私は一体なんなんだ

 

 

 


まるで

 

 

私が私を傷付けたいみたいだ

 

 


食べる

 

 


食べる

 

 

 

食べる

 

 

 

 

 

1人になりたい

 

 

 

誰かに私の窮地に気付いて欲しい

 

 

 

 

いや

 

 


誰かに気付いてもらったって

 

 


受け取れない

 

 

 

知ってるよ

 

知ってるよ

 

 


知ってるよ

 

 

 

 

私が私に気付いて欲しいんでしょ!!!

 

 

 

そんなん分かってる

 

 


うっせーーーーー!!!!

 

 

 


分かってるよ

 

 

 


私だって

 

 

私を大切にしたいし

 

抱きしめたいし

 

 


ご機嫌にしたいに決まってる!!!!

 

 

 

 


死にたい

 

 

 

 

死にたいよ

 

 


死にたいよ