おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

鏡の前でお股を開いてみたよ

初めて私の性器をじっくり見てみた。

 

 

 

足をおっぴろげて、鏡越しに。

 

 

 

 

どんだけ嫌悪感が生まれるのだろうと

思いながらやってみたけど、

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

意外とかわいい。

 

 

 

 

 

毛はもじゃもじゃしてて

 

 

 

 

 

ピラピラしてるとこは黒ずんでて

 

 

 

 

まぁ、グロいっちゃグロいとも言えるけど、

 

 

 

 

 

 

なんかプリプリしてて、いい感じとも言えるような。

 

 

 

 

 

 

アーモンドオイルでマッサージしてみたんだけど、

(数ヶ月前に“膣のトリセツ”って本を読んで、買ってた)

 

 

 

 

開いてみると、

 

 

 

 

 

みにくわ も 膣も その周りも

 

 

 

 

すごくきれいなピンク色で

 

 

 

ぷくっとしていて

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

なんか きれいって思えてる‥

 

 

 

 

 

あ、こんなとこにホクロあるんだ、

 

 

 

とか。

 

 

 

 

 

 

膣の中は痛そうで

 

 

 

 

 

 

指を入れることは出来なかったけど

 

 

 

 

 

 

 

怖がらず股を全開にしてみたら

 

 

 

 

 

 

そこにはなんとも神秘的で美しい入り口があった

 

 

 

 

 

って感じだった。。。

 

 

 

 

 

 

35年間、よく見もせずに、

 

 

 

ちんこに憧れたばっかりに、

 

 

 

 

 

 

マイナスなイメージを膨らませて

 

 

 

 

 

 

忌み嫌ってきてしまったんだなぁ

 

 

 

 

と初めて気付いた。

 

 

 

 

 

 

 

ごめんね、私のお股よ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はよく

 

 

 

理不尽な理由から

 

 

 

 

男の世界からも

 

 

 

 

女の世界からも

 

 

 

 

 

追い出されるって

 

 

 

 

 

 

感じる体験をたくさんしてきたように思うんだけど

 

 

 

 

 

 

 

男の子にも女の子にもなりたくなくて

 

 

 

 

 

 

直子でありたいともがき続けたその途中で

 

 

 

 

 

 

 

自分自身が、

不必要に私の女の子要素を否定してしまっていたのだなと思う。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱこの容姿で、振る舞いで、

 

 

 

 

 

 

女性器を持つ自分

 

 

 

 

 

女性器で感じる自分

 

 

 

 

 

 

美しさを持つ自分

 

 

 

 

 

 

 

 

というのを、

 

 

 

 

 

 

他でもない私が受け入れられていなかったんだなぁ。と。

 

 

 

 

 

 

 

 

男とか女とかトランスジェンダーとか

 

 

 

 

 

 

そういうラベル分けによって

 

 

 

 

 

ピシャっとされることはたくさんあって

 

 

 

 

 

 

長いことないことにして来た悲しみや怒りに

 

 

 

 

 

 

少しずつ気付けるようになってきたけど、

 

 

 

 

 

 

 

そんな世界を作っているのは、

 

 

 

 

 

私自身なんだなと

 

 

 

 

 

思う。

 

 

 

 

 

 

何かに悲しんで

 

 

 

怒って

 

 

 

 

声をあげて

 

 

 

 

 

ではなくて、

 

 

 

 

 

 

悲しみに気付いて

 

 

 

 

泣きたいだけ泣いて

 

 

 

 

 

悲しさの元にある

 

 

 

 

 

私の観念に気付いて

 

 

 

 

 

手放して

 

 

 

 

 

 

そうして世界をかえていく。

 

 

 

のだなぁ、きっと。

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20190112130934j:image

現場(笑)