おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

過去最大の勇気出します

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181217082439j:image➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181217080352j:image

 

 

 

私って、私への愛が足りないな。

 

 

 

それにムカついてるんだ、子宮が。

 

 

 

 

真っ先に自分にしてあげたいことを、

 

 

 

 

 

自分をほっぽっておいて、

 

 

 

 

 

茉優にしてあげるから、

(あげるって時点でもうおかしいやん)

 

 

 

 

 

 

 

 

怒ってるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

 

いまとなっては、

 

 

 

 

 

 

 

 

離れていく怖さから。

 

 

 

 

 

 

 

 

失う怖さから。

 

 

 

 

 

 

 

だから、何度だって追いすがって行くけど、

(もちろん、かけがえのない関係を守りたいって思いがあるのは当然としてね)

 

 

 

 

 

 

 

子宮の怒りは

 

 

 

 

 

 

 

燻り続けてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは私だろっ!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って。

 

 

 

 

 

 

 

一晩寝て、

 

 

 

 

 

 

 

 

寂しさや恋しさや懐かしさや

 

 

 

 

 

 

様々な感情に引っ張られながら、

 

 

 

 

 

 

 

どうにかもう一度会えるようにしたいともがこうとしながら、

 

 

 

 

 

でも、気付いたね。

 

 

 

 

 

 

私が持つ前提が、私を苦しくさせてるって。

 

 

 

 

 

 

茉優がいないと、わたしらしくあれない

 

 

 

 

 

 

茉優がいないと、私は私を完全だと思えない

 

 

 

 

 

 

茉優がいないと、何もしないという選択ができなくなる

 

 

 

 

 

 

 

茉優がいないと、みんなと繋がれない

 

 

 

 

 

茉優がいないと、孤独死する

 

 

 

 

 

 

茉優を失ったら…

 

 

 

 

 

 

その怖さが、恐れが、、

 

 

 

 

 

 

それを持ち続ける限り、私はいつまで経っても苦しい。

 

 

 

 

 

 

 

今、茉優に、こっちを向いてよ!と言っているのは、

 

 

 

 

 

 

愛なんかじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

恐れ。

 

 

 

 

 

 

 

怖くて怖くて怖くて怖くて、

 

 

 

 

 

 

 

何度も気付かないフリをしてきたし、

 

 

 

 

 

 

 

今も気を抜けば、そうしてしまうけど、

 

 

 

 

 

 

 

もう、何度も繰り返してきたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優が離れて、血の気を失った私の顔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日綴った悲惨なブログ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、そんなところにはいたくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、私を満たすことができる。

 

 

 

 

 

 

今朝、鏡を見ながらそう言ってみた。

 

 

 

 

 

 

涙が溢れた。

 

 

 

 

 

 

 

昨日ケチらずに心地よい部屋を借りて、

 

 

本当の自分の声にゆっくり耳を傾けようとし続けて、

 

 

 

様々な邪念を排して、ゆっくり寝るという選択ができて、

 

 

 

 

 

今朝はエンヤを聴きながら、ゆっくり暖かいお風呂に浸かって、

 

 

 

 

 

 

布団の中で、

自分で自分の体を優しくさすってあげて、

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしたら、

 

 

 

 

 

まゆみちゃんからのメッセージも、

 

 

 

 

 

 

ティンクルからのLINEも、

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優といる私、ではなく、

 

 

 

 

 

 

 

私、への愛を届けてくれてるんだって

 

 

 

 

 

 

 

受け取ることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分から、カーテンを開け、

窓を開けて、風を入れ、

太陽の光に励まされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は私でいていいと、

 

 

 

何がなくても

 

 

 

 

誰がいなくても

 

 

 

 

 

 

 

そう信じたい。

 

 

 

 

 

 

いや、そろそろ信じろよ!!!!!!、、、

 

 

 

 

 

 

 

という私の核の叫びが、

 

 

 

 

 

 

 

ずっとずっと私の中につっかえとしてあったんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖くて認めなかっただけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっとずっとどこかで分かっていたよね。

 

 

 

 

 

 

 

だから、これまでのことも、今回のことも、

 

 

 

 

茉優への怒りという形で出ているけれども、

 

 

 

 

 

 

 

その方向に向かったって、

 

 

 

 

 

 

 

何も変わらないし、

 

 

 

 

 

 

 

変えられないし、

 

 

 

 

 

 

私の声はいつまでも聞かれた感がないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

気付いちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

一緒にいたい、という私のニーズを

 

 

 

 

 

 

 

どうしてもスンナリ叶えてあげられないのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに恐れなんてものがあるから。

 

 

 

 

 

 

 

よし。

 

 

 

 

 

 

 

肚を決めよう。

 

 

 

 

 

 

 

握りしめた手を放そう!

 

 

 

 

震える手を、心を、

 

 

 

 

溢れそうな涙を、

 

 

 

 

 

しっかり感じながら、

 

 

 

 

 

 

上を向いて、

 

 

 

 

 

清々しい風を浴びて、

 

 

 

 

 

 

気持ちよく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒りや

 

 

 

恐れや

 

 

 

 

 

 

こっちを向いてよメッセージなんかじゃなく、

 

 

 

 

 

こう言おう。

 

 

 

 

 

私は、私の道を行くよ、茉優。

 

 

 

 

 

 

行ってきます。

 

 

 

 

 

 

行ってらっしゃい。

 

 

 

 

 

 

 

私は混じりっけなしでヒトを愛したい!!!

 

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181217080313j:image

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

私のブログを覗いてくれてる“あなた”に、

良くも悪くも私に興味を持ってくれてる“あなた”に、

お願いがあります。

 

 

 

 

 

私の人生のほぼ全てだった

 

 

 

 

 

 

茉優が私の時間からいなくなるので、

 

 

 

 

 

 

私の心も体も時間も、

 

 

 

 

 

 

スッカラカンになります。

 

 

 

 

 

 

私はヒトが好きで、会いたくて仕方ないけど、

 

 

出不精で面倒くさがりで繊細なので、

 

 

 

精力的に会いたいヒトを見つけて会いに行くというのは向きません。

なんだか頑張っちゃって、私のままでいられないみたい。

 

 

 

 

 

 

私が1番私のままでいられる私の部屋に

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181217084527j:image

 

 

 

尋ねてきてくれませんか?

(車が使えるので、来てくれというのもありかも)

 

 

 

 

特に何かをしようというのはないけど、

私はわたしのままで、

あなたはあなたのままで、

関わるってことが、

したいんです。

 

 

 

自分と繋がる、ヒトと繋がる、喜びを

一緒に手探りしながら感じてみませんか?

 

 

お腹が減ったら、お母さんが作ったゴハンを、

私が握ったおにぎりを、一緒に食べましょ。

 

 

 

怠かったら、布団でゴロゴロしましょ。

 

 

 

 

 

【いつか茉優と2人でお迎えする日がくることが私の夢です】

(この文を入れちゃう辺りが私らしい…)

 

 

住所:群馬県前橋市大利根町1-24-5

Tel:09061284784

LINE id:dwhmc990

📧:anzuruyoriumugayasushi421@gmail.com

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181217082247j:image

誰か私を見つけて!

どこかの誰かが私と会いたいと思ってくれると思えたら、

 

1人でも笑えたよ!

 

 

 

ありがとう😊