おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

卑屈な独り言

今、ようやくたどり着いた高知のホテルで一人横になっている。

 

 

長かった…

 

 

 

 

茉優と一緒に来ようと言っていたひろめ市場。

 

 

 

茉優もその辺に向かってるかも、とか思って

 

 

 

 

 

来ちゃったよ

 

 

 

 

いなかったけど

 

 

 

 

もう着いたらグッタリで、

 

 

 

 

苦手なホテル探しや、

チェックインの手続きで神経をすり減らし、

 

 

 

鰹のタタキを食べに。なんて、気力がない…

 

 

 

 

 

何のためにここまで車を走らせたのか。。

 

 

 

 

 

というか、なぜ、私は尽く茉優を突き放すようなことをしたのか…

 

 

 

 

なぜ、そばに居たいと思いながら、一緒にいるという選択が出来ないのか。。

 

 

 

 

 

離れたらこんなにも恋しくて、寂しいのに、どうして隣にいるときにその手を振りほどいたのか…

 

 

 

 

 

茉優は私がいなくても人生を楽しめる

 

 

私は茉優がいないと人生を楽しめない

 

 

 

今、そこを突きつけられている

 

 

 

それは愛なんかじゃなく、依存なのでは??

 

 

 

茉優なしでは何事もうまく出来ない現実を前に、

 

 

 

私の頭の中からは

 

 

 

 

そんな言葉ばかりが聞こえてくる。

 

 

 

 

 

私がしがみついていて、

 

 

なんだか茉優が重そうじゃないか、なんて思う。

 

 

 

 

私は私で満たせるから、どーぞ自由にやってくれ!

 

 

茉優がいてもいなくてもどっちでもOK!

 

 

 

 

そうならないから、

 

 

 

 

 

嫌になっても、

 

 

 

 

 

ふんっ!ってしきれないのかな。

 

 

 

 

 

 

 

こっちがそっぽを向いたと見せかけて、

 

 

 

 

 

すぐに茉優の反撃をくらい、

 

 

 

 

そう長くはかからず、

 

 

 

 

 

陥落する私。

 

 

 

 

 

 

 

ああ、

 

 

 

 

 

恋愛をするといつもこうだ。思えば。

 

 

 

 

 

 

 

全力で、そればっかになる。

 

 

 

 

 

他の人となんてほぼやりとりしない。

 

 

 

 

 

だから、相手がそっぽを向くと、

 

 

 

 

 

 

 

一気に大ピンチに陥る。

 

 

 

 

 

 

 

 

深くて真っ暗な穴の中で、

 

 

 

 

 

一人うずくまっているような。

 

 

 

 

 

 

他の人からもたくさんたくさん愛をもらっているはずなのに、

 

 

 

 

 

 

自分からそのシャッターを閉じがちにするところがあるのかな。

 

 

 

 

(今回は、まゆみちゃんの愛を受け取って、号泣した…)

 

 

 

茉優以外にも目を向けろ!ってことかな…

 

 

 

 

 

 

 

私はね、

 

 

 

 

 

 

 

私の立場で少しモノを考えてみてほしい…

 

 

 

 

 

 

って、ただそれだけ。だったはず。

 

 

 

 

 

 

 

茉優の都合も分かるけど、

 

 

 

 

 

私の身にもなってみてって。

 

 

 

 

 

 

 

途中から、私の痛みは棚上げして、

茉優の痛みをどうにかしようって流れになって

 

 

 

 

 

私が望んでやったことだけどさ、

 

 

 

 

 

 

それでも私の中には傷んでる部分がずっとあるわけで、

 

 

 

 

 

そこも少しはケアしてよ。って。

 

 

 

 

 

 

それだけなのに、中々叶わなくて、

(叶っているのに気付いていないらしいけど、茉優によると)

 

 

どんどん私のやり方は意固地に、へんてこりんになっていった。

 

 

 

もうさ、

 

 

 

 

 

茉優にそっぽ向かれても、

 

 

 

 

私のニーズを言い通そうと、

 

 

 

 

 

今回頑張ったんだけど、

 

 

 

 

 

でもやっぱり、

 

 

 

 

 

ブログに「さようなら」なんて書かれちゃうと、

 

 

 

 

 

居ても立っても居られなくなって、

 

 

 

 

 

ほんの数時間しか経ってないのに、

 

 

 

 

LINEしちゃったよ。

 

 

 

 

 

 

 

会いたいって言っちゃったよ。

 

 

 

 

 

 

何度も繰り返してる、

 

 

こんなやりとり。

 

 

 

 

 

 

何に気付けばいいのかな?

 

 

 

 

 

 

全てが一気に自信喪失気味な私。

 

 

 

 

何がしたいんだろ、いったい。

 

 

 

酒を浴びようか、

 

ジャンクフードを食べまくってやろうか、

 

 

 

そんなこと考えたけど、

 

 

 

なんだか重ね重ね私がかわいそうだから、

 

 

 

 

やめた。

 

 

 

 

 

 

昨日は茉優を待ちながら、車の中で一晩を明かしたから、

 

 

 

 

クタクタでバタンキューのはずなのに、

 

 

 

 

 

 

眠れない。

 

 

 

 

 

 

 

あんなブログが書けちゃった茉優

 

 

 

 

 

 

 

私みたいに

 

 

 

 

 

 

 

この関係が全てじゃないから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽々と手放せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう見えちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

私がスッと手を離したら、

 

 

 

 

 

 

 

空高く飛んで行くのかもしれない、

 

 

 

 

 

 

茉優という希望の風船は。。。

 

 

 

 

 

 

とか思って、

 

 

 

 

 

 

 

 

いたたまれない気持ちになったりして。

 

 

 

 

この展開になると、

 

 

 

 

やっぱり茉優と比べてしまって、

 

 

 

 

 

 

落ちていくなぁ、

 

 

 

 

 

 

 

 

私って。

 

 

 

 

 

 

早速広島の友達を訪ねてる茉優と、

 

 

 

 

 

 

 

一泊6000円も払って、

 

 

 

 

 

 

 

ホテルで眠れずにいる私。

 

 

 

 

 

 

かといって、

 

 

 

 

 

この状況で

 

 

 

 

 

誰かと会うなんて、

 

 

 

 

 

 

 

 

私には無理だ…

 

 

 

 

 

 

負荷が重すぎる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただただ言葉にしてみたけど、

 

 

 

 

 

 

 

今回はあまり見えてこないな。。。

 

 

 

 

 

 

 

このみぞおちの重さはなんだ。

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181216215343j:image