おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

渾身の人生初ビンタ

悲しみとか怒りとかじゃなくて、

 

愛なんだよ、茉優。

 

 

 

 

一週間ほとんどゴハンも食べられず、

フラフラな私は、

 

 

それでも車で豊島に向かった。

 

 

 

全てをほっぽり出して、茉優が私のところに駆け付けてよ!

 

 

何で私が出向くんだ!

 

 

あまりにも惨めじゃないか!

 

 

 

そんな心の声に気付きながらも。

 

 

 

どうしても、行かない、という選択ができない私。、

 

 

 

 

勇気を振り絞って、

 

 

 

「茉優が群馬に駆け付けてよ!」

 

 

 

 

と言った私に

 

 

 

 

「そうしたいと思えない」

 

 

 

 

としか返せない茉優。

 

 

 

 

 

 

 

悔しくて悔しくて、そんな茉優のところになんか行きたくないのに…

 

 

 

でも、少しでも早く会いたかった

 

 

 

 

茉優がシェアしたいという豊島を一緒に味わってみたかった

 

 

 

 

 

茉優が一番仲良くなって、私に会いたいと言ってくれているさっちゃんに会って見たかった

 

 

 

死んでも会いたくないけど、会わなかったら私の中で消化できそうになかったから、

 

〇〇と会って私がどう感じるのか知ってみたかった

 

 

 

 

 

 

だから、

 

 

 

 

 

 

「茉優のためなんかじゃない、私のために」

そう言い聞かせて、

 

 

 

 

12時間の道のりを

 

 

 

 

ひたすら走った。

 

 

 

 

 

最近は少し落ち着きつつあった様々な感情たちは、車を進めるに従って、

 

 

どんどんぶり返して来て、

 

 

 

 

とてもとても苦しいドライブだった。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

今、一通り終えて。

1人壇山の展望台にいる。

 

 

 

茉優とも再会したし。

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181214095900j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181214095912j:image

(茉優は仕事が入っていなかったけど、シェアに着いたらこんなに暖かく迎えてくれた。)

 

さっちゃんとも話せたし。

 

 

〇〇と4人で話もした。

 

 

 

 

これでもかっていうくらい茉優と話した。

 

 

 

だけど、どうしても私の中で消化できない

問題の本質が燻り続けている。

 

 

 

 

 

 

 

様々なやりとりの中で、

 

 

 

茉優の言う“出来事”の色合いが

 

 

 

 

段々と変わっていった。

 

 

 

 

 

「I wanna fuck you」

 

 

「You are difficult 」

 

 

茉優が、ないことにしていた

彼の言葉。

 

 

 

 

これまでのワンナイトについて自身が語る動画を見直して、

 

 

痛くて目を背けたくなる。

 

 

 

どうしてこんなに嬉しそうに喋れるんだ。

 

 

 

 

という茉優自身の言葉。

 

 

 

 

 

 

 

私の存在や、私の色眼鏡をなしにしたとしても、

 

 

 

 

 

やっぱり茉優は深く傷付いたんだ

 

 

 

 

 

 

 

私はしっかりと受け取った。

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、

 

 

 

 

それなのに、

 

 

 

 

 

 

それなのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

傷付き切ろうとしない茉優がいる

 

 

 

 

 

 

 

キラキラしたよかったことにしておこうとする茉優がいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 茉優の心の痛みも加わって、

 

 

 

 

とってもとっても痛いこの胸を抱えながら、

 

 

 

 

 

 

何とかしっかり今回のことを感じ切って欲しい

 

 

 

 

 

 

もう二度と茉優自身を傷つけるような選択をしないようになって欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな思いで何度も何度も言葉を尽くす私の横で、

 

 

 

 

いつまでもヘラヘラと逃げ回る茉優に、

 

 

 

 

 

私はキレた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 感情的になり、胸の上あたりの肉を力任せに掴んだ。

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

いつまでもそうやって生きたいなら、

そうすればいいよ

 

 

 

 

 

私は帰る

 

 

 

 

 

 

 

そう言った

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、なんとも収まらなくて

 

 

 

 

 

 

ビンタしていい?

 

 

 

 

 

と聞く。

 

 

 

 

 

 

仕返していい?

 

 

 

 

 

と茉優がいい

 

 

 

 

 

 

そんなこと私には関係ないと答えた

 

 

 

 

 

 

 

茉優に立ってもらい

 

 

 

 

2人向かい合う

 

 

 

 

 

 

 

 

何分だろう

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか出来ない

 

 

 

 

 

 

 

 

憎くない

 

 

 

 

 

怒りじゃない

 

 

 

 

 

 

悲しみじゃない

 

 

 

 

 

 

 

悔しさじゃない

 

 

 

 

 

 

 

それらじゃ、

 

 

 

 

 

 

 

見ると笑顔になってしまう茉優の顔は叩けない

 

 

 

 

 

 

茉優の目から出される何かは私に届いていたし、涙が出た

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、私の中に

「叩きたい!」

という声があった

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、これは愛だ

 

 

 

 

いい加減気付けよ!

 

 

 

ちゃんと痛みを感じろよ!

 

 

 

 

目を覚ませよ!!

 

 

 

 

 

 

自分で気付くことの出来ない茉優への

 

 

 

 

 

 

私の出来る最後の応援だった

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思えた時、初めて出来ると思った

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、なかなか難しかった

 

 

 

 

 

私には全部全部分かっているから

 

 

 

 

 

茉優が男性とも人として繋がれる人でありたいと思っていることも

 

 

 

それを裏切られて深く傷ついてきたことも

 

 

 

 

その傷に気付かないようにして、喜ぶ事で、茉優が茉優を守ってきたことも

 

 

 

 

茉優から茉優に向けられる冷たい目があることも

 

 

 

ちゃんと今回のことで感じた心の動きを感じたいと思ってはいることも

 

 

 

直を大切に思っていることも

 

 

 

 

 

 

私はゼロには出来ないから。

 

 

 

 

 

 

 

それをぜーーーーーーーーんぶ知っていながら、

思いっきり、

 

ピシャッ!!!!!!!!

 

 

と叩いた。

 

 

 

 

 

 

上手くできるか不安だったけど、

いい感じに想いを乗せて、

きれいにヒット出来た。

 

 

 

 

 

私の掌から、愛よ届けっ!!!って。

 

 

 

 

 

茉優はまず、蹲って泣いた。

 

 

 

 

 

その後しばらくして、私に襲いかかってきた。

 

 

 

 

 

 

帽子やマフラーは引きちぎられたし、

 

 

 

私のクビは筋が違えているし、

 

 

 

 

完全に振り切っていて、

 

 

 

 

 

殺されてもおかしくないなと思った。

 

 

 

 

 

 

私の荷物は階段の下に投げ落とされ、

 

 

 

 

 

さっさと目の前から消えろよ!!!!!

 

 

 

とかなんとか詰られた。

 

 

 

 

 

 

 

もう終わりだ!

 

 

 

 

 

別れる!!!!!!!

 

 

 

 

 

とも怒鳴られた。

 

 

 

 

 

 

怖かったし、

 

 

 

 

 

痛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、いつものように、

私が泣いて降参 というふうにはならなかった。

 

 

 

 

茉優がそうしたいなら、すればいい。

 

 

 

 

 

勝手にすればいい。

 

 

 

 

 

 

 

私は最後に、勇気を振り絞って

愛のビンタをおみまいしただけだから。

 

 

 

 

 

それを受け取らないのは、悲しいけど、

 

 

 

 

 

もう私にどうこう出来ることじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

茉優が痛みをないことにする道を行くのなら、

私はそばにいない。

 

 

 

 

愛してても、そばにいたくても、いられない。

 

 

 

 

 

そんな私の思いが明らかになっていた。

 

 

 

 

 

 

だから、

 

 

そのままシェアハウスを出た。

 

 

「せっかく茉優と瀬戸内海にいて、楽しみながら帰れるとおもってたのにな…高速代もガス代もフェリー代も労力も、無駄なことになるな…茉優が目を覚まさないかな…」

なんて思いながら歩いてたら、

 

 

 

 

 

茉優が後ろから、追いかけてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

追いつくと、私の服をつかんで、

 

ゴメンね  といった。

 

 

 

 

 

 

何が?と聞くと

 

 

 

 

 

仕返しして。

 

 

 

と返された。

 

 

 

 

私はしばらく立ち止まって、

 

 

 

 

 

 

いいよ、許す

 

 

 

 

 

 

と答えて歩き出した。

 

 

 

 

 

茉優は、

 

 

 

 

一緒に豊島を楽しみたいよ

 

 

 

一緒にいたいよ

 

 

 

という。

 

 

 

 

 

でも、私は歩いた

 

 

 

 

なんやかんややりとりして、

 

 

 

私は、

 

 

このまま檀山(例の出来事があった場所。前日位から一緒に行こうという話になっていた)に行くよ、

 

 

 

といった。

 

 

 

 

このまま?と言い茉優は

マフラーをとりに走って戻って行った

 

 

 

 

 

 

車に着いた私は、

 

 

様々な思いと、頭や首の痛みを感じながら、

 

 

待ってなんかやるもんか

 

 

 

 

茉優の思い通りになんか動くもんか!

 

 

 

 

という心の声を優先して

 

 

 

そのまま車をスタートさせた。

 

 

 

 

 

 

 

茉優からの着信も無視して。

 

 

 

 

 

 

 

そうして今、とても景色の綺麗な

展望台で1人、文章を書いている。

 

 

 

茉優からLINEが届く。

 

マフラー取りに行っただけなのにどうしていないの?

 

 

 

だんやま行こうよ。

 

 

 

やっぱり、やめる。

こうやって、
直にすがりつくのをやめる。

もう、引きとめない。

自分のこと、
自分で向き合う。

直がビンタする前、涙した時
ハグしようかと思った
でも迷った。
直には直の生まれてるものがあってそれを味わってて、それの邪魔になる気がしたから。
だから、自分から何かをしに行くのではなく、じーーっと待とうって。
だからメッターを送ることにした。
直の目と繋がろうとした。

それでも、

直は直なりの思いで
頑張ってしたビンタによる
悲しみをわたしが受け止めきれずに
すぐに憎しみに変わった。


ごめんね。

ありがとう。頑張って、ビンタしてくれて。

ありがとう。頑張って豊島に来てくれて。

付き合いたくない「こんな」茉優で、ごめんね。


気をつけて。

 

 

 

 

私は返した。

 

 

味わう気があるなら、歩いて来たら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩きながらたくさん、しっかりと、目を伏せることなく、

 

味わってくれたらな、

 

 

 

 

 

と願いながら。

 

 

 

 

 

 

 

結局、私は、待つ、ことになるんだな。

 

 

 

 

 

愛することは弱い。

 

 

 

 

愛することは強い。

 

 

 

 

どちらも真実だな。

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181214095549j:image