おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

引きこもりの目線をアップデート

暇だ。

 

 

 

暇だな‥

 

 

 

テレビ見て

 

 

 

疲れて

 

 

 

 

音楽聴いて

 

 

 

 

飽きて

 

 

 

 

 

動画見て

 

 

 

 

 

 

疲れて

 

 

 

 

 

唐揚げ作って食べて

 

 

 

 

 

 

めっちゃ美味しいけど

 

 

 

 

 

 

食べ終わったら暇で

 

 

 

 

 

 

話す相手もいないし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか無性に全力で走りたくなった

 

 

 

 

 

 

 

公園の芝生を走る

 

 

 

 

 

 

全力疾走

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体動かない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全力出したら壊れる確信あり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも走る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体いっぱいに

 

 

 

 

 

 

 

走る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつてのように走れないこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹がゆれること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しく走れないこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

速く走れないこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平日の昼間っからただ公園を走ってること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーーーーーんのジャッジもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぱいに動きたがってる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その声に精一杯に応える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園の運動会で見た彼らのように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私だって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ体いっぱいに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動きたくていいじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かや何かに楽しませてもらわなくたって

 

 

 

 

何かにならなくたって

 

 

 

 

 

 

 

 

私1つで完璧に楽しめるんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかやどこかじゃなく