おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

気持ちよかった

私のクリトリスは“みにくわ”と呼ばれる

 

 

 

 

 

 

 

茉優にだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

クリトリスと呼ばれることに何だかすごく抵抗があって

 

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ前に茉優にリクエストして

 

 

 

 

 

 

 

 

今は定着している

 

 

 

 

 

 

 

 

男性ホルモンの注射を5年ほどして

 

 

 

 

 

 

 

 

“みにくわ”は元の数倍ぷくっと大きくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

普段は包茎のように皮に埋もれているのだけれど

 

 

 

 

 

そこにトイレットペーパーや謎のカスがよく溜まる

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か茉優は初めて見た時から“みにくわ”をとても好いていてくれて

 

 

 

 

 

 

 

 

よくお風呂で皮を剥いて丁寧に洗ってくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

キスさせてと言ってきてくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

優しく舐めてくれることもある

 

 

 

 

 

 

 

かわいいって言いまくってくれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有難い

 

 

 

 

 

 

 

 

私が受け入れきれない分

 

 

 

 

 

 

 

 

愛しきれない分

 

 

 

 

 

 

 

 

でっかく愛してもらっている

 

 

 

 

 

 

 

 

私はそこからインスピレーションを得て

 

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ少しずつ“みにくわ”を受入れつつある

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優との関係が始まって暫くは

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな時もけしてパンツの中は見せない私だったのだから

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒にお風呂に入って

“みにくわ”も洗ってもらって

キスしてもらって

舐めてもらって

 

 

今では膣に指まで入れてもらって

 

 

 

 

 

 

 

 

大きく大きく変化していることになる

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の夜、久しぶりに茉優が“みにくわ”と膣を愛でてくれる流れになった

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに主導権が茉優にあった

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優にキスされながら

 

 

 

 

 

 

 

 

胸がドキドキと締めつけられて

 

 

 

 

 

 

 

 

息があがって

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか怖くなり

 

 

 

 

 

 

 

 

その度に「ちょっと待って。、 一旦休憩ーーー」と止める私

 

 

 

 

 

 

 

 

私のコントロールの効かないところに行くのが

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとも怖いみたい

 

 

 

 

 

 

  

 

その先の私が怖いみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

腕や 太ももや 足や 骨盤や

お腹や 子宮を

 

 

 

優しくあたたかく擦りながら

 

 

 

 

 

 

 

“みにくわ”は舐められる

 

 

 

 

 

 

  

 

私の中には様々な思いが生まれる

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちいいなぁ

 

 

 

 

 

 

茉優はなおばっかりと不満を持たないかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、あまり気持ちよさがなくなった

少し痛いけど、言おうかな、言わないでおこうかな

 

 

 

 

 

 

 

 

あったかいなぁ茉優の舌

ありがとね、茉優………

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、女っぽい声が出ちゃった…

 

 

 

 

 

 

 

この光景を引きで見たら気持ち悪いんだろうな…

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、体が強ばってきてる

力を抜いてみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、今は全然痛みがないなぁ

おだやかに心地いいなぁ

ずっとこれがいいなぁ

愛してるよ~茉優~

 

 

 

 

 

 

 

ふと思った

 

 

 

 

 

 

 

 

マックのポテトと一緒じゃない?

 

 

 

 

 

 

 

 

いい悪い なんてなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ私の思考と感覚と体の反応がそこにはあって

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ 気持ちいい

 

 

 

 

 

 

 

ただ気持ちよくない

 

 

 

 

 

 

 

ただ 罪悪感がある

 

 

 

 

 

 

 

それがリアル

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそれだけじゃん て

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら

 

 

 

 

 

 

 

 

全てをぜーーーーんぶ受け取ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか今までにないくらい濡れたんだってさ

 

 

 

 

 

 

 

 

今までで1番痛さとかヒリヒリとかなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか最中にさ

 

 

 

 

 

 

 

 

自然と茉優の頭が撫でたくなって

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優に触りたくなって

 

 

 

 

 

 

 

 

少し“茉優によって満たされていること”に浸れたんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しかったな

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかさ

 

 

 

 

 

 

 

 

正直さ とか

誠実さ とか

無邪気さ とか

純粋さ とか

 

 

 

私にとっての理想の在り方と

 

 

 

 

 

 

 

 

性的に感じること

 

とか

 

 

感じたいと思うこと

 

 

 

とか

 

 

 

 

 

感じることに浸ること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相容れないって

 

 

 

 

 

 

 

 

強く思い込んでいるなぁと

 

 

 

 

 

 

 

 

気付いたんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

私はトトロの中で中トトロが好きなんだけど

 

 

 

 

 

 

 

中トトロがさ

 

 

 

 

 

 

 

誰かとSEXするの見るの嫌じゃない???

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優にそう言ったら

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンクSEXだったら嫌だけど

 

 

 

 

 

 

 

 

まぐあい だったら嫌じゃないな

 

 

って

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど、そうかも…

 

 

 

 

 

 

 

何にしても

 

 

 

 

 

 

 

私の中にはまだまだたっくさん

茉優に浸ることを邪魔する何かがあって

 

 

 

 

 

 

 

私が茉優にする時に

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優から溢れ出す涙

 

 

 

 

 

 

 

 

喜び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は知らない

 

 

 

 

 

 

 

 

時折その事実に惨めさを感じたりして

 

 

 

 

 

 

 

 

今の私はそれを噛み締めることしか出来ない

 

 

 

 

 

 

 

 

それを味わうことができる

 

 

 

 

 

 

 

 

これがしたいんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

…まどろっこしいな……

 

 

 

 

 

 

 

気持ちよかった