おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

マックのポテト

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181009172426j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181009172432j:image

 

私の長年の夢は

 

 

 

 

 

大皿に山盛りのマックのポテトを

 

 

 

 

 

 

気兼ねなく食べることだった

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば。

 

 

 

 

 

 

 

 

だけどこれが中々難しい

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃は

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の体のことを考えて看護師をしながらも

冷凍食品やレトルト食品を一切使わないお弁当を作り続けたお母さんだったから

 

 

 

 

 

 

 

 

食べる機会なんてなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

何かの機会に初めて食べてから

 

 

 

 

 

 

 

 

孫に甘いおばあちゃんに

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんに隠れてこっそり買ってもらった

 

 

 

 

 

 

 

 

常に罪悪感と共にあったなぁ

 

 

 

 

 

 

 

お母さんの帰ってきた車の音に慌てて机の引き出しに隠して

そのまま時が過ぎ

後々引き出しの中がすごい匂いなっていたこともあったなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

ココ最近は

 

 

 

 

 

 

 

ベジタリアンとかマクロビとか

添加物とか買い物は投票だとか

 

 

 

 

 

 

 

 

別の意味での囚われが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中で膨らんでいて

 

 

 

 

 

 

 

 

何だかマックに行くのに

 

 

 

 

 

 

 

 

ものすごい犯罪を犯すような感覚が生まれることに驚いた(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中にとって悪かろうと

 

 

 

 

 

 

私の体にとって悪かろうと

 

 

 

 

 

 

 

 

食べた後気持ち悪くなると分かっていようと

 

 

 

 

 

 

 

 

食べたいもんは食べたいわけで……

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私を認めてあげてみた

 

 

 

 

 

 

 

 

熱々揚げたてのマックのポテトは

過食気味で具合悪い中でも

美味しかった!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

食べたあとの気持ち悪さも相変わらず~

 

 

 

 

 

 

 

 

いいことも悪いこともないんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

なーーーーんでも私が決めて私が選んで

いいんだなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか少し実感できたかも