おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

行ったり来たり

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008094250j:image

 

保育園以来の岩櫃山

 

 

 

 

 

 

 

出だしは仲良く登ってたんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

10月後半に屋久島に行くって楽しそうに話す茉優と一緒にいるのがしんどくなって

 

 

 

 

何かと茉優に文句をつけて

 

 

 

 

 

 

 

 

1人登る

 

 

 

 

 

 

 

 

置いてかれる感に泣く

 

 

 

 

 

 

 

 

収まって登る

 

 

 

 

 

 

 

 

また泣く

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008094518j:image

 

 

どうやら孤独が怖いわけではないみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

安心できる世界を失うこと

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ自分を生きている責任を1人で引き受けること

 

 

 

 

 

 

 

が怖いみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に引き受けてくれて

 

 

 

 

 

 

 

 

私の代わりに私を大事にしてくれる人や場所

 

 

 

 

 

 

 

を失うこと

 

 

 

 

 

 

 

 

が怖いみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

怖いんだねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

相当怖いんだねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剣山に突き落とされるような感じがするんだねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことがグルグルグルグル

 

 

 

 

 

 

 

 

でもたまにふと思うんだよね

 

 

 

 

 

 

 

今逃げても

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせまた来るんだよね

 

 

 

 

 

 

 

 

だったらやっておく方が楽だよな…

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くなってきた

 

少し登ってからまた、、、

 

 

 

 

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008100116j:image

 

 

 

 

いい山だなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

別れを前に

 

 

 

 

 

 

 

 

必要以上に突き放し始める私

 

 

 

 

 

 

 

 

怖いんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に怖いんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

安らげると決めた人や場所以外では

 

 

 

 

 

 

 

 

怠け者で

泣き虫で

体が弱くて

甘えん坊で

1人でなんかとてもじゃないけど生きていけない人間だということを

 

 

 

 

 

 

伏せてキチンと立たなければならないと

 

 

 

 

 

 

 

 

思い込んでいるんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜーーーんぜん、私を信じきれない私が

確かにココにはいるんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優の「一緒に登ろうよ」って言葉、

振り払って来たけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今合流

 

 

 

 

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008101130j:image

 

 

 

 

 

しずえさんとお母さんは無事だろうか

 

 

 

 

 

帰りは一緒に降りられる私であるといいな

 

 

 

 

 

 

 

 

早いとこ私の中に安らげる場所が欲しいな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣いちゃうし

苦しいからヤダという私に

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008101447j:image

ハグをしてきてくれた茉優

 

 

 

 

 

 

そうか、

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと寂しがって

 

 

 

 

 

 

ちゃんと怖がるのが

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい選択だわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、1歩成長~~~

 

 

 

 

 

 

お母さんの声が聞こえる

 

 

 

 

 

しずえさん、あ、しーちゃんが

身動きとれなくなる

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008111721j:image

救出へ

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008111823j:image

無事脱出してハグ

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008111853j:imagef:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008111901j:image

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008111924j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008111944j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008111956j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008112012j:image

 

何だか書いてた内容がだんだん恥ずかしくなってきた

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181008112036j:image

このロープの向こうで

清々しく野ション

 

 

 

 

 

 

帰りはみんなで小野上温泉

 

 

 

 

 

 

 

 

物心ついてから初めて母と入るお風呂…

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉に入る前に心のバランスを失い

 

 

 

 

 

 

 

 

男便所の個室で泣く

 

 

 

 

 

 

 

昨日からの2日間で蓄積された大切にされない自分の数々

 

 

 

 

 

 

 

 

どうして私は茉優のように私を大事に出来ないんだ…

 

 

 

 

    

 

 

 

お母さんと女湯に入ることへの嫌悪感

 

 

 

 

 

 

 

 

それをお母さんの喜ぶ顔見たさにするような気になってもいて…

 

 

 

 

 

 

ひとしきり泣いて

 

 

 

 

 

 

 

 

腹を決めた

 

 

 

 

 

 

 

 

私は私のために

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい1歩を踏み出したいんだった…

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出した

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、なんだかすんなり入れた

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり茉優に助けてもらった

 

 

 

 

 

 

 

 

あらら………

 

 

 

 

 

 

 

 

おうちに着いて

 

 

 

 

 

 

 

 

一気に溢れ出した

 

 

 

 

 

やっぱりあなたが必要です

 

 

 

 

 

 

 

 

と溢れる言葉たち

 

 

 

 

 

 

 

 

涙と鼻水でぐっちゃぐちゃになりながら

 

 

 

 

 

 

 

 

深く眠った

 

 

 

 

 

 

 

 

1人で立つの意味

 

 

 

 

 

 

 

 

間違えてたのかも

 

 

 

 

 

 

 

 

どうだろう…

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181009085035j:image

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181009085054j:image

 

 

 

別に同じ家にいて

一緒に山登っただけなんだけど

 

 

 

 

 

 

 

猛烈な苦行をしていた気分…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あーーーーーーーーーーーー、ーー

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の中で

 

 

 

 

 

ひろみさんが攻めてくるーーーーーーーーーε=ε=ε=┌(๑ʘ∀ʘ)┘