おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

眠れませーーーん

さて、どうしよう

 

 

 

 

もう新聞屋さんのバイクの音がする…

 

 

 

 

 

 

 

明日、いや今日は

岩櫃山(保育園の頃登った山)に登るのに…

 

 

 

 

 

一昨昨日のBBQ以来、胸から喉にかけて痛い

 

 

 

 

 

 

 

痰も詰まってる

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹は空かないのに食欲旺盛で

 

 

 

 

 

 

 

いつもの如く背中が痛む

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか流れで1人で寝る夜

 

 

 

 

 

 

 

 

眠れないねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

高校時代の友達からメッセージが届き

 

 

 

 

 

 

 

 

喜ぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

眠れないねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

夢みようと思ってたのにな…

 

 

 

 

 

 

 

 

何だか妙に体に力が入り

 

 

 

 

 

 

 

 

気づく度に抜く

 

 

 

 

 

 

 

 

すると底知れぬ恐怖が

 

 

 

 

 

 

 

 

どこからともなく涙が

 

 

 

 

 

 

 

 

胸から口を通じて何かが うぉぇっ となりかかる

 

 

 

 

 

 

 

 

エイリアンのようなドロドロした何かを産むような

 

 

 

 

 

 

 

 

元の私に

 

 

 

 

 

 

 

 

主導権を返還する

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな狭間に感じられる

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを通り抜けたら行き着く先が

 

 

 

 

 

 

 

 

怖くてたまらない

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもはこれを

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優で誤魔化していたんだなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

 

 

明日、あ、今日は眠れるのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

山に登れるのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優としずえさん(茉優のおばあちゃん)とお母さんと、

帰りに温泉寄って、

女湯に入る予定なのだけれども…

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんがね、入りたいって。