おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

旅立ちの時

1人で立ってる?😒

 

 

 

 

 

 

 

 

1人で立ったら?😒

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ立ってないの?😏

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴっかぴかの鏡を通して

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも自分から聞こえてくる声

 

 

 

 

 

 

 

 

それはおいといて…………

 

 

 

 

 

 

 

 

とやってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやりたかった

 

 

 

 

 

 

 

 

だからひろみさんの目が怖かった

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも愛の目で見てくれていたのに

 

 

 

 

 

 

 

 

必死でその声に蓋をしながら

 

 

 

 

 

 

めいいっぱい満喫してきた

 

 

 

 

 

 

 

茉優との世界を

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげで

 

 

 

 

 

 

 

 

私の気持ちが分かるようになった

 

 

 

 

 

 

 

 

私の体を受け入れられるようになった

 

 

 

 

 

 

 

 

存在しているだけでいいと思えるようになった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛せることが何よりも心地よいと気付いた

 

 

 

 

 

 

 

 

私から愛が溢れてくることが嬉しくて何度も泣いた

 

 

 

 

 

 

 

 

自然に起こる気持ちを許せるようになった

 

 

 

 

 

 

 

甘えることを学んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しむことを学んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のままで人と関われるようになりつつある

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう ありがとう ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

愛してるよ 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう ありがとう ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

愛してるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

尽きないけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ心の準備が整ってきたみたい

 

 

 

 

 

 

 

もう2人向かい合った世界では

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに腐臭が漂い始める

 

 

 

 

 

 

 

 

もうその繰り返しはお腹いっぱい

 

 

 

 

 

 

 

 

私は誰の助けも必要としないって

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優がいなくても大丈夫って

 

 

 

 

 

 

 

 

生きたい

 

 

 

 

 

 

 

 

何が起きても

 

 

 

 

 

 

 

 

これが私の道だからって

 

 

 

 

 

 

 

 

まるっと受け止めて

 

 

 

 

 

 

 

 

生きてみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

進みたい

 

 

 

 

 

 

 

 

誰のためでもなく

 

 

 

 

 

 

 

丸ごとの私を

 

 

 

 

 

 

 

 

引き受けたい

 

 

 

 

 

 

 

 

私が私を信じなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私を生きるなんて出来ない

 

 

 

 

 

 

 

 

私が思う通りに

 

 

 

 

 

 

 

 

生きて

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かに逃げ込まずに

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かを言い訳にせずに

 

 

 

 

 

 

 

 

生きるってどんなか

 

 

 

 

 

 

 

 

その景色を見てみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは最初から私の中に全部ある

 

 

 

 

 

 

 

 

そう知っている気がする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、

 

 

 

進もう

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181007154536j:image

 

 

 

 

群馬の空は青くて広い

 

ずっと気付かなかったよなぁ

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181007155944j:image

茉優が教えてくれて

 

 

今は

 

 

自分で見ることが出来る