おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

茉優のうんこたれ

私を傷付け続ける人

 

 

 

 

 

茉優

 

 

 

 

 

 

「本当は違うけど」

 

 

 

 

 

 

「反射的に」

 

 

 

 

 

 

「エゴまゆちゃんが」

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はそんな風に言い訳しながら

 

 

 

 

 

 

 

 

傷付けてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の中にある

 

 

 

 

 

 

不満 悲しさ 怒り 恐怖 妬み エトセトラ

 

 

 

 

 

 

 

全力で私に投げつけてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてソレが過ぎ去ると

 

 

 

 

 

 

 

 

謝る

 

 

 

 

 

 

 

 

自己嫌悪だと嘆く

 

 

 

 

 

 

 

100パーセントの愛で接してくる

 

 

 

 

 

 

 

0か100か

 

 

 

 

 

 

 

常に極端

 

 

 

 

 

 

 

高いところからアスファルトに投げ落とされるように

 

 

 

 

 

 

 

鋭く痛む胸

 

 

 

 

 

 

 

 

私はその都度保留にしてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

「もういい」

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうせ私なんか」

 

 

 

 

 

 

 

 

「出ていく」

 

 

 

 

 

 

 

「やっぱり私の居場所なんてないんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

放っておいたら

 

 

 

 

 

 

 

 

かけがえのない関係が崩れると怖かったから

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって何度となく

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優の笑顔を取り戻してきた

 

 

 

 

 

 

 

 

私はサンドバッグか!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

もう私の痛みに気付けるようになった

 

 

 

 

 

 

 

 

かけがえのない相手やその関係を失う恐怖に縛られていたことにも気付いた

 

 

 

 

 

 

 

 

私の形を変えて

 

 

 

 

 

 

 

必死で守ろうとしてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことで保たれる関係なら

 

 

 

 

 

 

 

 

壊れてしまえ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

私は怒っている、

 

 

 

 

 

 

 

 

私に何をしてくれているんだ

 

 

 

 

 

 

私はちゃんと怒っている

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優のうんこたれ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かけがえのないものを失うことをも覚悟して

 

 

 

 

 

 

 

自分を生きること

 

 

 

 

 

 

 

 

その先に灯りがあると

 

 

 

 

 

 

 

 

私は信じる

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181004204416j:image