おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

僕のままでどこまで届くだろう

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20181002072322j:image

 

近所のすみれ公園

 

 

 

 

生理を迎えて

女であることを突きつけられて

おちんちんが生えてこないことを知らしめられた小学6年生の修業式

 

 

血だらけのパンツで

 

 

 

人生に絶望しながら

 

 

 

 

 

今まさに迎えている解決策の分からない窮地に

 

 

 

 

 

 

 

1人途方に暮れたトイレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの日から

 

 

 

 

 

 

 

 

私は選んできた

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しい毎日を

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃母の腰痛用コルセットで限界まで締め付け続けた胸は

 

 

 

 

 

 

今でも締め付けられている感覚と共にある

 

 

 

 

 

 

 

 

眠りに入ろうとすると胸が苦しくて

息苦しくて

吸っても吸っても

息苦しくて

 

終わりのない

死への恐怖にさらされながら

 

胸いっぱいに息を吸い込むことを求め続けたあの頃

 

 

 

その恐怖は

私の中に生き続けている

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃見たこの公園     

 

 

 

 

 

 

 

暗く重かった世界

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽が明るい

 

 

 

 

 

空は清々しく青い

 

 

 

 

 

 

 

風は少し肌寒く気持ちいい

 

 

 

 

 

葉っぱやお花は揺られながらきらきら輝く

 

 

 

 

 

 

 

 

いつでも明るく素敵な世界はそこにあったのに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は選んできた

 

 

 

 

 

 

 

 

暗く重い世界を

 

 

 

 

 

 

 

 

私の体には 心には

 

 

 

 

 

 

 

その名残りがたくさん

 

 

 

 

 

 

 

 

ないことにしてきた傷達も

 

 

 

 

 

 

 

今は抱きしめる

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

 

 

 

 

 

 

世界は美しい

 

 

 

 

 

 

 

 

私は       今

 

 

 

 

 

 

 

その世界を選んでいる

 

 

 

 

 

 

「いいのかな…………」って

                               胸の中で疼く“何か”を横目に

 

 

 

 

 

 

 

 

スピッツが歌う

 

 

さよなら~君の声を抱いて歩いていく

 

あ~ぼくのままでどこまで届くだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、愛しています