おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

いつもの朝の新たなる1歩

ここ数年で急速にぼけが進み

 

 

今は歩くのもやっとだから車椅子

 

 

 

 

デイサービスと家の往復

 

 

 

 

いつも寝ているんだか起きているんだか分からない感じ か

 

 

 

錯綜する思い出話をするか

 

 

 

 

元気な頃と変わらず建前の多い中身のない話をするか

 

 

 

 

 

そんなおばあちゃんが

 

 

 

 

ボロボロ ボロボロ泣いていた

 

 

 

 

 

お父さんは苛立ちの中でテレビを見ている

 

 

 

 

 

 

お母さんは忙しくご飯の準備をしている

 

 

 

 

 

満たされない想いや

 

 

 

 

おばあちゃんに向けられる怒りを持ちながら

 

 

 

 

 

 

 

そんないつもの光景の中で

 

 

 

 

 

 

 

おはあちゃんが

 

 

 

 

 

 

ボロボロ ボロボロ泣いていた

 

 

 

 

 

 

 

涙も鼻水もぽたぽた垂れたまま

 

 

 

 

 

 

 

お母さんがいう

 

 

 

 

 

 

お母さんカーディガン着ますか?

 

 

 

 

 

 

私はそこに愛がないことを感じ取る

 

 

 

 

 

 

お父さんが落ち着きなく動く

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんの“何か”に気付きながら

 

 

 

 

 

 

心に何かを感じながら

 

 

 

 

 

 

どうすることも出来ず

 

 

 

 

 

 

いてもたってもいられない

 

 

 

 

 

 

その空気をかんじる

 

 

 

 

 

 

 

 

私はおばあちゃんを愛している

 

 

 

 

お父さんを愛している

 

 

 

 

 

お母さんを愛している

 

 

 

 

 

 

 

 

私を愛している

 

 

 

 

 

 

 

私は今まで

 

 

 

 

 

 

 

ぜんぶを両立させることは出来ないと信じてきたみたい

 

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんの背中をさする

 

 

 

 

 

 

手を握る

 

 

 

 

 

 

 

私の目からもおばあちゃんの涙が溢れてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

私の頭は考える

 

 

 

 

 

 

 

お父さんはお父さん自身を責めるんだろうな

 

 

 

 

 

 

 

お母さんもお母さん自身を責めるんだろうな

 

 

 

 

 

 

 

そんな空気の声が届かないように

 

 

 

 

 

 

 

イヤホンを両耳にする

 

 

 

 

 

 

私はおばあちゃんを愛している

 

 

 

 

 

 

 

テレビの大谷選手のニュースが気になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し目を向ける

 

 

 

 

 

 

 

 

頭はいう

 

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんが泣いている時に

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤホンをするなんて

 

 

大谷が気になるなんて

 

 

 

 

 

 

 

私の愛は偽物だと

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど

 

 

 

 

 

 

 

 

私はおばあちゃんを愛している

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日の介護をしていない私

 

 

 

 

 

 

 

 

頭がいう

 

 

 

 

 

 

 

 

愛しているなんていうのは口だけじゃないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど

 

 

 

 

 

 

 

 

私はおばあちゃんを愛している

 

 

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんの涙に心が締め付けられるし

 

 

 

 

 

 

大丈夫だよー、私たちは繋がってるよーっ伝えたくなるし

 

 

 

 

 

 

 

私の気の向いた時だけだけど、

おばあちゃんの心の隣にいたいと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

長い間、生きてきてくれたこと

 

 

そのおかげで私がここにいること

 

 

 

お母さんに隠れて大好きだったマクドナルドのポテトを買ってくれたこと

 

 

 

 

お母さんがいない隙に

一階にはないテレビを見せてくれたこと

 

 

 

 

美味しいものでも食べてと一人暮らしをする私に手紙とお金を送ってくれていたこと

 

 

 

 

 

 

ぜーーーんぶぜーーーーんぶ

 

 

ありがとうありがとうありがとう

 

 

 

 

 

 

初めて溢れてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

私が私を大切にすること

 

 

 

 

 

 

 

 

誰にも責めさせない

 

 

 

 

 

私にも責めさせない

 

 

 

 

 

 

 

 

私が喜ぶことに私は喜ぶ

 

 

 

 

 

 

 

誰かのために私の形は変えない

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かを傷付けることを恐れない

 

 

 

 

 

 

私のままで

 

 

 

 

 

じっと待つ

 

 

 

 

 

 

私から溢れ出る愛を

 

 

 

 

 

 

 

 

四六時中うるさい頭の中

 

 

 

 

 

 

責める声

 

 

 

 

 

 

 

 

逐一見えてくる誰かのニーズ 悲しみ SOS

 

 

 

 

 

 

 

静かに見届ける

 

 

 

 

 

 

 

たまに思う

 

 

 

 

 

 

 

 

気付かないことが出来ればいいのに

 

 

 

 

 

 

 

 

でも出来ない

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、

 

 

 

 

 

 

 

 

静かに見届ける

 

 

 

 

 

 

 

 

私の中に起こる心地悪さも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして選ぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

私が私であることを

 

 

 

 

 

 

 

 

それで壊れる何かは

 

 

 

 

 

 

なくていい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の欲しい安心は

 

 

 

 

 

 

 

 

私が私をいくらねじ曲げたって

 

 

 

 

 

 

 

手に入らなかったじゃないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は

 

 

 

 

 

 

 

私が愛したい時だけ

 

 

 

 

 

 

 

愛したい分だけ

 

 

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんを愛してる

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、おばあちゃん

 

 

 

 

ごめんね今まで受け取れなくて

 

 

 

 

 

 

さあ、

 

 

 

 

明るい世界を見よう

 

 

 

 

 

 

 

苦手だけど

 

 

 

 

 

 

 

 

重苦しさが恋しくなるのかもしれないけど

 

 

 

 

 

 

 

 

もう卒業しよう

 

 

 

 

 

 

 

 

飽きるほど味わったよ

 

 

 

 

 

 

 

 

ごちそうさまでした