おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

私が必死で逃げてきたもの

全ての感情の根っこには恐怖がある

 

 

 

 

 

 

 

見失った本質を思い出す時

 

 

 

 

 

 

 

必ずその恐怖を通るようになっている

 

 

 

 

 

 

 

 

恐怖がどこにあるか

 

 

 

 

 

 

 

 

ソレを見つけることが第1歩

 

 

 

 

 

 

 

 

キラキラ生きる人生の先輩にそう教えてもらった

 

 

 

 

 

 

 

 

私はようやく気が付いた

 

 

 

 

 

 

 

 

私が怖がっているのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安らぎが奪われること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のみる世界には

 

 

 

 

 

 

絶対的に安心出来る場所(人)

 

 

 

 

 

 

 

 

そうでない場所(人)

 

 

 

 

がある

 

 

 

 

 

 

 

 

前者が家族やパートナー

 

 

 

 

 

 

 

 

後者がそれ以外全て

 

 

 

 

 

 

 

 

だから私は後者の世界では

 

 

 

 

 

 

 

 

足をすくわれないように比較的いつも何かに怯えている

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

 

 

 

 

 

小さい頃から

 

 

 

 

 

 

 

 

私は家族の中に起こる不調和に怯えてきた

 

 

 

 

 

 

絶対的に安心出来る場所がなくなる恐怖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

些細なことで機嫌が悪くなる父

 

物に当たる音

 

鋭く刺さる声

 

 

 

苦しみながら懸命に働く母

 

 

父に向けられる嫌味

 

 

疲れた顔

 

 

 

悲しそうな目

 

 

 

 

父と母とおばあちゃん(父方)の間にある

敵意・ミスコミュニケーション・嫌味・建前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は必死で立て直そうとしてきた

 

 

 

 

 

 

 

 

私の形を変えることで

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな私であれば

 

 

 

 

 

 

こうしてあげれば

 

 

 

 

 

 

 

私が彼らを変える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数少ない“安心できる居場所”を守るために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもソレは間違いだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がすることは

 

 

 

 

 

 

 

ただ私が私の人生を生きること

 

 

 

 

 

 

 

私の中にある恐怖に気づき

 

 

 

 

 

 

ただ味わい

 

 

 

 

 

 

そして味わい切ること

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって私の白丸(ど本質)に近付いて行くこと

 

 

 

 

 

 

 

 

どこかに安心出来る場所や人があるのではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

ソレはいつも私の中に

つまりはどこにでも

あると知ること

 

 

 

 

というより

 

あると思い出すこと

 

 

 

 

 

 

 

ただそれだけでよかった

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら

 

 

 

 

 

私が誰しもを愛する人であることを思い出すために

 

 

 

 

 

 

 

どうしても必要な扉なのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

その恐怖は

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆気づいた途端、どこからか出てきた日記に驚いた

【中学校の頃の日記】

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180906153325j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180906153441j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180906153544j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180906153626j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180906153839j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180906154003j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180906154134j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180906154312j:image

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180906154357j:image