おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

怖すぎる

怖くて怖くてどうしようもないこと

 

 

 

 

とうとう

 

見つけてしまった

 

 

 

(いやいや…

何度も何度も色を変え形を変え

漏れ出してはいました、はい)

(漏れ出した途端に瞬殺していたんです、はい)

 

 

 

 

 

男性に身を委ねること

 

 

 

 

 

 

吐き気がするほど怖い

 

 

 

 

 

 

 

実は惨めさももっていた

 

 

 

 

 

私は男性とセックスがしたくないのではなくて

したいと思ってもらうポテンシャルがないのだと

 

 

 

 

 

茉優が教えたくれた

 

 

 

 

 

 

たぶん、それはエゴ

 

 

 

 

 

 

 

世の中に溢れるセックスの情報

 

 

 

 

 

 

 

私はソレが出来ないと知っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

でも私はしたかった

 

 

 

 

 

 

 

 

ソレとは違うそれを

 

 

 

 

 

 

 

 

そこを分かっていなかった

 

 

 

 

 

だけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖くて怖くて仕方ないもの

=やりたくて仕方ないもの

 

のルールからいくと

 

 

 

 

 

私の近い未来には男性に身をまかせる時がやってくることになる

 

 

 

 

 

 

今、恐怖を自覚して、

味わいまくっていることで

 

 

 

 

その準備をしていることになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はそれを超えて

 

 

 

 

 

 

 

愛の人になっていく

 

 

 

 

 

 

 

怖くて?嬉しくて?

 

 

 

 

泣きじゃくる私

 

 

 

 

 

 

 

私の背中を優しく力強く押してくれる茉優

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな茉優と離れていってしまうかもしれないという

 

さらなる怖さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジかよ、勘弁してくれ、

 

私の ど本質

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと前から知っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何としても誤魔化し抜きたくて

 

 

 

 

 

 

 

 

必死に頑張ってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに追い詰められた

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに前に一歩が踏み出された

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐怖のドキドキと

 

 

 

 

期待のワクワクは

 

 

 

 

 

 

実は同じ感覚である

 

 

 

 

 

 

という言葉を

 

 

 

 

 

 

唱えよう