おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

愛すること

バーベキューの翌日、帰るトープのイベント小屋で目を覚ました。

 

 

どこにいるか分からなかった

 

 

 

瞑想をした

 

 

 

ずっと考え事をしていた気がする

 

 

 

 

私は今幸せじゃないのか?

 

 

 

 

 

いや、幸せじゃないとは言えない

 

 

 

 

 幸せなのか?

 

 

 

 

 

いや、何かが足りない気がする

 

 

 

 

 

 

 

私の中にあるんでしょ、どーせ。

 

 

 

 

 

 

わかったふりして分かってない。

 

 

 

 

 

 

何が怖い?

何にワクワクする?

 

 

 

 

 

 

 

 

今、何かを猛烈に怖がっている気がする

 

 

 

昨日からずっと

 

 

 

 

 

 

 

体は強張り、胸は押し付けられ、頭の周りはモヤーーッとしている、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優とお別れしないとなの?

 

 

 

  

 

 

 

私は誰もを愛しながら生きていたい

 

 

 

 

 

 

 

いや、生きる

 

 

 

 

 

 

そのためには茉優と一緒にい続けることは、

 

 

 

 

 

どんなんだ?

 

 

 

 

 

どうなんだ??

 

 

 

 

 

 

 

どうなんだ????

 

 

 

 

 

 

たぶん、茉優を直を縛っているものはある、コレは。

 

 

 

 

 

 

 

愛を持って解き放つんだ

 

 

 

 

 

茉優も私も

 

 

 

 

 

 

 

私がいなくても大丈夫

 

 

 

 

 

 

茉優がいなくても大丈夫

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなってなお、隣にいるなら

 

 

 

 

 

 

 

もっと素敵だろう

 

 

 

 

 

 

 

でも、何回か離れてるよな

 

 

 

 

 

 

 

私は茉優に対して出来ることを

 

 

 

感じられる愛を

 

 

 

 

 

 

さらけ出せる私を

 

 

 

 

 

 

 

誰の前でもやりたいんだ

 

 

 

 

 

 

 

どうしたらいい??????

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の夜、まさきに言われた

 

 

 

 

 

 

 

桑ちゃんの目怖くなくなった

 

 

 

 

 

 

 

最初言った時から茉優に向けられる目と全然違う

 

 

 

 

区別されてる

 

 

 

 

 

観察されているように感じてた

 

 

 

 

 

 

と言われた

 

 

 

 

 

 

でも違ったんだと分かった

 

 

 

 

 

 

桑ちゃんは桑ちゃんだったと…

 

 

 

 

 

 

思わずハグをした

 

 

 

 

 

お互いから

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に本当に嬉しかった

 

 

 

 

 

 

 

 

私は誰ともこうありたい

 

 

 

 

 

性別に囚われず

 

 

 

 

 

セックスにとらわれず

 

 

 

 

 

お金に囚われず

 

 

 

 

 

 

血の繋がりに囚われず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優の存在に逃げないで

 

 

 

 

 

 

 

 

誰をも愛そう

 

 

 

 

 

 

 

 

茉優を愛しているように

 

 

 

 

 

 

ただそのCHOICEをし続けよう

 

 

 

 

 

 

 

四の五の言わず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は愛する人

 

 

 

 

 

 

 

 

決めた

 

 

 

 

 

 

茉優、

 

 

 

 

 

一歩を踏み出そう

 

 

 

 

 

 

どこにいても

 

 

 

 

何をしていても

 

 

 

 

 

 

愛しているから

 

 

 

 

f:id:anzuruyori-umugayasushi421:20180902105101j:image

 

ちんこを隠さず、一緒に風呂に入ってくれた

まさき、ありがとう

 

 

愛してるよ