おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

肘の金属を抜いて

右肘がたまらなく痛い

 

 

皮膚を切り開いて骨をつないでいた金属を取り出したんだから当たり前だけど  

 

 

 

痛烈に痛い

 

 

 

 

 

そして便秘のせいかお腹がパンパンで

 

それに伴って息苦しい

 

 

 

 

狭間にいる

 

 

 

 

 

 

インドで痛み止めを増やしてくれと泣いて懇願したあの痛み

 

 

 

 

胸にコルセットを巻いていた頃、苦しんだ息苦しさ

 

 

過食でパンパンになったおなか

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的な嫌悪の記憶がわたしにはある

 

 

 

 

 

 

もう一度それらを持ち出すことは簡単

 

 

 

 

 

 

 

でも選び直すこともできる、たぶん

 

 

 

 

 

 

 

群馬の病院で今

 

 

 

 

 

 

 

まさに狭間にいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選び直しは私にしかできない

 

 

 

 

 

 

 

ナースコールを押そうと何度考えただろう

 

 

 

 

 

 

トイレに何度行っただろう

 

 

 

 

 

 

 

長い夜になりそうだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、待てよ

 

 

 

 

 

 

この耐えるってスタンス違う気がするな…

 

 

 

 

 

 

 

 

力を抜いてみると何故かアクビが出る

 

何度となく

 

 

 

そして声を抑えるのが難しいくらいの喜びの嗚咽が込み上げてくる

 

 

 

 

 

 

つぎの瞬間には痛みに顔をしかめて

 

 

 

 

 

 

また次の瞬間には

気を紛らわそうとスマホを手にし

 

 

 

 

 

 

たまに気付く

 

 

 

 

 

あ、今はそんなに痛くない

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、今寝られそうかも

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブック開いたら絶好調な茉優のブログに嫉妬して

 

 

 

新たなる嫌悪

 

 

 

 

と思ったら、

 

 

うわぁ、きたぁ……突き刺さるビッグウェーブ………

 

 

 

 

 

1人ですったもんだしている日本初入院。