おにぎり ころりん すっぽんぽん

29歳で女を辞めて、33歳で社会人を辞めて、34歳でトランスジェンダーを辞めた私。私自身の想像をも盛大に超えて転がって行く私の人生。そんな中、パートナーの茉優を筆頭に、様々な他人を通して出会う私の闇たち。彼らに光を当てるように書いていけたらと思います。

あゆちゃん

もう1人の私に会った

 

 

 

 

 

別の道を選んできたもう1人の私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて話しかけてくれた瞬間から

 

 

 

 

 

 

 

保育園の友達のように

 

 

 

 

 

 

 

何のためらいもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その存在は私の心にフィットした気がした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きゅろん  と無邪気にきらめくその目

 

 

 

 

 

 

私のこわばりやすい心と体でも

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆるんで

 

 

 

 

 

 

 

 

その溢れ出す温かさを受け止めらる

何かが

そこにはある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裸ん坊で遊び回った大好きな友達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35歳と30歳の私たちは

 

 

 

 

 

 

 

そうであれる

 

 

 

 

 

あゆちゃんとなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々積み重ねて来たね

 

 

 

 

 

 

 

ムダなもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しかったね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々と

 

 

 

 

 

 

 

 

時には家族という緊張の中で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人の世界は驚くほど嫌なもので溢れていたね

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぱい傷付いたね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな世界で立っていられるために

強さを逞しさを

 

 

 

 

 

 

 

そして汚れを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って身に付けてきたね

 

 

 

 

 

 

 

 

身に付けてきちゃったね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でももう1人じゃないし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分2人でもないし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷付いたなら傷付いたまま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弱ければ弱いまま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと抱きしめ合えば

 

 

 

 

 

 

そのままで生きてみても大丈夫かもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例え何が出来なかったとしても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにあなたのその目があるだけで

 

 

 

 

 

 

 

 

私は嬉しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、あゆちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おんな湯いっしょに入れるかな…

ちょっと緊張するな…